2012/04/01(日) 12:53:25 [民主党/国籍不明政党]

日曜日とは謂え、新年度のスタートですぞ

20120401003
首相動静(3月31日)
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。午前中は来客なく、公邸で過ごす。午後も来客なく、公邸で過ごす。1日午前0時現在、公邸。来客なし。時事通信Web) 4月1日付記事より思慮として参照のため引用
-----------

どなたか訪問して差し上げてください

 さしもの時事通信も、やけくそになって「エイプリルフール」を配しておられるのかもしれない。そうも拝察し得る表題記事です。たとえば、麻生太郎元総理の場合ですが、休日であっても、たとえ来客が無い時であっても公邸に引き籠りされるようなことはなく、まして菅氏のように二週間も国民の前から姿を消すようなことも無く、積極的に海外の要人や施設、街々を訪問され、あるいは視察に出ておられた。静かに付き添われ、麻生氏を支えておられたご夫人の大和撫子さながらのお姿も大変に爽やかでした。国が苦難に面している時であれば、なおさらのことかと思います。それがまた、休みない公人の最たる立場における一国の首相の姿であろうかと拝察する次第です。

 現首相に拝察し得る病理について、所謂「一見、温厚そう」で、しかし、時にジェイソンに変貌する。国民に襲いかかる。その可能性について先稿で指摘させていただきました。同時に、菅氏ほどではないのかもしれませんが、野田氏も引き籠りやすいタイプなのかもしれません。しかし、日曜日とは謂え、新年度のスタートに際して、間違っても、一国の首相が一日中、“お菓子を食べながら、家でテレビを観ていた”などという状況が有って良いはずが無い。まして、北朝鮮が日本へ向けてミサイルを不意打ち的に発射したとしても、たとえば、その時、肝心な首相は、NHKや民放のクズドラマをご覧になっていたではギャグにもなりません。

  誰も訪問してくれない。かまってくれないとあれば、どうせ俺なんかぁ・・との病理が爆発して「ジェイソン」に変貌しかねない。所詮、テレビの邪魔だと門前払いになるのかもしれませんし、仮に訪問に成功しても、読者のご指摘の通り、とある臭気に苛まれるのかもしれませんが、どなたか訪問して差し上げてくださいますよう。

平成24年4月1日

博士の独り言
----------

日本は毅然とあれ! 

20120401002 
路傍にて(筆者)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら