2012/01/10(火) 07:31:23 [特亜/四亜]

20101230077 



金正恩に忠誠を誓っていた朝鮮総連

20120110001
朝鮮学校長が金正恩氏に忠誠 思想教育強化を宣言
   在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が昨年、北朝鮮の金正恩後継体制支持を決めた幹部会議で、神奈川朝鮮中高級学校の校長が先頭に立って正恩氏への忠誠と愛国教育の推進を宣誓していたことが9日、朝鮮総連が北朝鮮に送付したDVDの映像から分かった。同校は、拉致問題など日本に合わせた教育の実施を神奈川県に約束し補助金継続を取り付けたが、実際には3代世襲に基づく思想教育強化を宣言していたことになる。補助金や高校無償化適用への影響は避けられない。産経新聞Web) 1月10日付記事より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞同記事より資料として参照のため引用
-----------

金正恩に忠誠を誓っていた朝鮮総連

 今後の参考のため、小稿にクリップさせていただきたい。表題は、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が、昨年7月の時点で、すでに金正恩への忠誠を誓っていた。北朝鮮に送付済み(同10月)の、中央幹部らによる「朝鮮総連中央委員会第22期第2次会議」(同7月9日)DVDに収められていた映像で分かった。その誓いの映像の中には、「神奈川朝鮮中高級学校の校長が先頭に立って正恩氏への忠誠と愛国教育の推進を宣誓していたこと」が判ったと報じる記事である。

 事実としても、朝鮮総連、ならびに直下の朝鮮学校ならば、行動の可視、不可視にかかわらず、その程度のことは当然のごとくに行っていたであろうと。多くの読者のみなさまがお気づきの通りの事例かと思う。同時に、関する自治体が無償化を前提とした、または検討再開を意図した「朝鮮学校視察」の事例が、いかにむなしく、無駄であるか。表題は、その証明とも謂えよう。

20120110002  
産経新聞Web) 1月10日付記事より(つづき)
----------

騙される自治体

 他の「亜」系集団と同様、朝鮮総連もまた日本人の常識尺度では到底測れず、且つ約束事を守る体質には無い。そもそも、これらの集団は主権侵害をなす国家直属の「常識外の特殊集団」とみなす視点から偽装を淡々と見抜き、つぶさな実態を認識すべきだ。さもなくば、言葉は悪くて恐縮だが、関わる自治体が「食い物」にされるだけである。

 紙面にある「朝鮮学校への補助金支出をめぐり」との事例についても同様である。各地の朝鮮学校側が、いかに、「拉致事件の記述を訂正した教科書を提出し、拉致問題を扱った授業の実施を約束」したとしても、金銭目当ての口裏わせによる偽装に過ぎない。たとえ、「同様の教科書は同校に歩調を合わせるように別の地域の朝鮮学校からも文部科学省に提出され、無償化適用に向けた動きを後押しした」としても、本来、朝鮮総連の偽装本質、集団毒性をすでに見抜いていれば、付与に関する是否の議論のそれ以前に門前払い出来たはずだ。
----------

テロ関与組織を補助するに等しい「愚」

 そもそも、日本国民を拉致するという北朝鮮の国家犯罪へのさまざまな関与が指摘されて来たこの集団が、国家犯罪の継承者・金正恩への忠誠をすでに誓っているとすれば、引き続き、対日工作組織として存続して行く、との宣言をあらためてなしているにも等しい。

 いくらその集団の偽装に欺かれたとしても、補助金、無償化の施策の対象とすることは、すなわち、工作員の“育成”に税金を資するに等しい。元来、このような集団の存在を許していること自体に、むしろ、国民の安全と命と財産を守るべき視座から自治体の在り方に対して、根本的な問いを厳正になすべきである。
----------

▼ 最近のメモ (7稿):

大河ドラマ「捏造史観浸透の具」考 (01/09)
朝鮮人「DV事件を占める」 (01/09)
味噌と野菜汁にて (01/09)
慶祝・成人の日 (01/09)
日本大使館「放火男」考 (01/08)
韓国「売春立国の憂鬱」  重稿 (01/08)
誤記のお詫び (01/08)
----------

【筆者記】

 拉致被害が明らかな国民、さらには、北朝鮮に拉致された疑いが濃厚な特定失踪者が増え続けている。その現状に、なおさら、朝鮮総連の存在、ひいては5万人もの朝鮮籍者が混在しているとされる民団に対しては、そのれらの存在の是否の次元から問うべきである。補助金や無償化、ひいては外国人参政権などの闇法案で助するべき対象ではさらさらなく、特別永住資格の見直し、廃止をなすべきである。
----------

日本は毅然とあれ! 
                 

20120109004             
路傍にて(筆者)
----------

人気ブログランキング 

↓朝鮮学校への補助金、無償化は不要!と思われる方はクリックを!
20100310008  


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら