2011/10/23(日) 08:39:24 [「博士の独り言」復刻記事]

20101230077 



平成20年4月3日付メモより復刻
ヤフーメール(ybb.ne.jp宛)の「事故」

20080403001
総務省が情報漏えい事故でヤフーに行政指導,原因は内部の連絡ミス
 総務省は2008年4月2日,ヤフーが3月18日に発表した情報漏えい事故に関し,同社に対して文書で指導したと発表した。この事故は,「Yahoo!メール」のメール・サーバーの不具合で一部のメールに他人のヘッダー情報が表示されていたというもの(関連記事)。総務省は,ヤフーにおける「通信の秘密」の保護に対する安全管理措置が不十分だったと判断し,情報の適正な管理と再発防止の徹底に努めるよう文書で厳重に注意した。 ITpro 平成20年4月2日付記事より参照のため抜粋引用/写真はITproの同記事より参照のため引用
----------

ヤフーメールの「事故」?

 「事故」という形で報じられているが、本当に「事故」なのか、どうか。事件性はないのか、どうか。専門の読者がおられれば、ご意見をうかがいたく思う。ここでは、先ず「事故」と認識することとして、「Internet watch」ではその概要を次のように記している。云く、『Yahoo!メールにおいて、2007年10月31日~2008年2月21日の間に届いた約57,000通のメールが、別のメールのヘッダ情報が付加されてユーザーに届いていたというもの。ヤフーでは3月18日に事態を公表するとともに、総務省に対して電気通信事業法に基づく報告を行なっていた』(4月2日付)と。ヤフー「ybb.ne.jp」宛に送信されたメールだそうだ。特定国の影が見え隠れしている。そう思うのは筆者だけだろうか。

 また、その原因について、表題記事は、云く、『ヤフーの報告を受けて総務省が公表した内容によると,事故の原因はメール・サーバーにインストールしたソフトの不具合』(Nikkei Net 4月2日付)と。また、『本番環境の試験で不具合を発見していたにもかかわらず,内部連絡の不手際で同ソフトをインストールしてしまったという。インストール後に複数のメール・サーバー間で差分を相互にチェックする体制を採っていたが,すべてのメール・サーバーにインストールしたため,間違いを発見できなかった』(同)と報じている。実機試験で『不具合を発見』。しかし、内部連絡の不手際』でそのまま全般で使用して「しまった」。そのミスが原因との言い分のようだ。

 問題が、メールの「ヘッダ」情報に、別メールのヘッダ情報が付加されていた、との「事故」に集約されているようだ。だが、いわゆる、メール本文は大丈夫なのか、と。このニュースから、素人の筆者が受ける印象はまた異なるのだが、いかがだろうか。たとえば、本文それ自体が、メールサーバーを通じた第三者から何らかのキーワードなどで「トリガ」がかけられて閲覧されていた。その上で一部に生じた「事故」である可能性はないのか、と。

 単なる筆者の邪推であればよいのだが、かねてより、「ヤフーメールはやばい」と指摘するユーザー評や、特定団体や特定国に関する批評、キーワードなどが「ヤフー」の検索エンジンが除外される。あるいは、「ヤフー」の掲示板に書き込みを拒否される等々。穏やかならぬ事例が指摘されて来た。本当に、「5万7000通」で済む「事故」なのか。その疑問も併せて、あらためて、「ヤフー」について再考させられるニュースである。
----------

不審な文書ファイルに警戒を

 北京五輪を前に、中国共産党「人民解放軍」などによる組織的、且つ大規模な「ハッカー」行為やサイバーテロが一部で指摘されている。「IT media エンタープライズ News (4月2日付)には、興味深い一報がある。『北京五輪と同時にマルウェアが起動? 不審な文書ファイルに警戒を』と呼びかけるもので、云く、『情報処理推進機構(IPA)は4月2日、3月度の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況リポート」を公表した。文書ファイルの脆弱性を悪用したマルウェア被害が拡大する恐れがあるとして、コンピュータ利用者に注意を呼びかけている』と記している。

 さらに云く、『IPAによれば、3月初旬に不審なExcelファイルの流通が確認された。このファイルを開くと北京五輪に関するスケジュールデータが表示され、マルウェアの起動が確認された。不審なExcelファイルは、主に電子メールに添付される形で出回っているという』と。どのようなものなのか。いわゆる、個人情報を盗り出す目的があるようだ。『2月末にはWordファイルを利用した同様の手口も発見されていた』とのことだ。

 これまで、多くの事例に観られたように、利用者がメールに添付された『不審な文書ファイル』を開くと、『ダウンローダなどのマルウェアが起動する。マルウェアは文書アプリケーションの脆弱性を悪用してトロイの木馬やボットなどの不正プログラムを自動的にダウンロードし、ユーザーのPCに感染させる』(同)と指摘している。これらが上述のように組織的なものなのか、あるいは、個人のハッカーによるものなのか。それは何とも判別し難い。だが、「北京五輪」にまつわる諜報活動、時限爆弾的な破壊行為がネットに徘徊しているとすれば、要注意に違いない。
----------

IOC、五輪開催中のネット閲覧制限解除を要求

 情報管制で自らを煙に巻く。それが中国共産党の手法だが、CNNによれば、『北京五輪開催国の中国と国際オリンピック委員会(IOC)の話し合いが1日から3日間の日程で北京で始まり、IOCは中国に対し、インターネットの閲覧制限解除を要求した』(4月2日付)とのことだ。また、『IOC調整委員会のゴスパー副委員長は、五輪開催国でネット閲覧が制限されれば「非常に悪い影響が出る」と指摘。メディアが過去の大会と同様の報道をできるように配慮すべきだ要望した』(同)とある。

 これに対し、『中国外務省の姜瑜報道局長は、中国のインターネット管理は「国際社会の一般的な動向」に従っていると説明。政府が一部のコンテンツを禁止しているのは事実だが、ほかの国も同じことをしていると反論した。五輪開催中に取材陣が制約なしにインターネットを利用できるのかどうかについては言及を避けた』(同)とある。五輪を開催しようとする国の政府が、規制を解除する方針も持たない。つまり、自国にとって都合の悪い情報は見せない。だが、さまざまな手立てを尽くし、他国の機関や、個人の情報は盗み出す。やりたい放題にやっている。そう認識すれば、「事実」に近いと謂えるのではないか。ふと、そう感じさせる一連のニュースである。
----------

■ 主な関連記事:

 ▼韓国も要注意:
工作集団「VANK」
----------

【筆者記】

 国会議員諸氏、識者の中には、捨てメアドのあつかいからか「ヤフー」メールを利用されている方がおられるが、例外はあろうとも、いずれにせよ、メールを主に開くのはご自身側のPCであろうかと拝察する。併せてのご注意が必要なのかもしれない。

 読者から教えていただいたが、少なくとも、最低限の対策として、セキュリティソフトを常に最新の状態に保つ。ブラウザの更新インストールをまめに行う。それらが出来得る防御方法とのことだ。一報では、それが追いつかないほど、新手のスパイウエアやウィルスが編み出されているとも聞く。これは、あくまでも筆者の独断だが、特定国に対するソフト生産の委託や提携を一斉に止めれば。たとえば、昔の「ココム規制」のようなシフトの再現も一考の余地があるのではないか。素人の利用者として、ふと思う。怪しげな国の影が消え、安心して、メールやインターネットを利用できる日が来ることを願う。
----------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝します。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。
一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------

 以上、平成20年4月3日付メモより復刻
----------

■ 関連記事と資料:

平成23年5月4日 見抜くべき「亜」の国害
平成23年4月23日 (第一部)
日本の新たな夜明け

-------
□ 平成22年11月21日 訪問勉強会 特亜および露西亜の真実
----------

【筆者追記】     

増える「都市事件」、フォロー無く消える報道

 本記事は、3年前のものですが復刻させていただきます。


 先日、大報道された世田谷「線量測定事件」もその一つかと思います。一体、誰が、どのようにうして、何故、何時、といったの根本的な事柄の究明なく、その後のフォロー無く、メディ「亜」報道の闇間にすっと消えるかの事件が、最近特に多くなったかの感が否めません。先年より、これらの事件を「都市事件」と命名させていただいていますが、こうした事件は、「亜」の移入者が増え、同調する市民団体などが増えるに従い、また、「亜」系の事業者が跋扈(ばっこ)する限り、今後もその傾向に符合するかのように増えるのではないか、と筆者は観ています。思い返してみれば、上記もその先例的な事件のひとつではないかと思います


 先祖代々の日本人本来の品性と、正直に生きてごく当たり前の筋道に照らし、「おかしい」「変だ」と洞察していることをみなさまと共有させていただき、その病理を問う。これが博士の独り言のスタンスであり、この視点は今後も不変です。 日本人の多くが、思想、信条の面で団体や集団に属さない存在であり、私と同じ「個」の立場におられることを幸いに思います。ごく普通の日本人が、ごく当たり前の「言」を発して行く。事実を即した、その共有が広がり行くことを願って止みません。

 その上で、一人でも多くの良識が、国害の正体と問うべき病巣、誘導的な毒性を如実に知るべき筋道にあります。一人でも多くの心ある方にお気づきいただき、さまざまな事柄を通じて原点を再確認いただけることを念願しております。
----------

日本は毅然とあれ! 
         

20111023001     
路傍にて
(筆者)
----------

人気ブログランキング 

↓護ろう、先祖代々の日本!
20100310008 

Comment

【重要】日本の心をつたえる会について ~拡散希望~
日本の心をつたえる会(日心会)では会員の皆様から各種寄付金を募り、多額の寄付金を集めていますが、その取扱い・使途に関して多大な疑惑が生じております。それら寄付金の信憑類(通帳、領収書など)はねずきち元会長が独占しており、このたび開示を求めましたが頑なに拒否したまま一切応じることがありません。そればかりか、訴訟寄付金として募集した多額な寄付金に関しては、訴訟前和解に至ったにも関わらず、弁護士報酬110万円など常識的には考えられない金額を計上しています。これも一切の信憑類をいまだ開示いたしません。
また、広く寄付金を募った伊勢神宮式年遷宮奉賛金に関しては、監査役を名乗り出た二名(HNたぬきち、HNミリア)が、明らかに虚偽の監査報告をしたことも判明しました。その他、毎月の賛助寄付(三百人委員会)の収入報告も、寄付者の申告と明らかに食い違い、靖国神社への奉賛も信憑類の開示はまったくありません。
このような寄付金の取扱いは日本の心をつたえると称する会として由々しき問題であると判断し、これをお読みの皆様にお知らせいたします。
またこの件に関連しまして、先日来、日心会正会員であるハンドルネーム:カト、お達者クラブ、ke-go、隠れ念仏、ごまめのはぎしり(敬称略)が会を除名されました。除名はミリア氏の独断と思われ、事前に警告等はなく、ある日突然MLにログインできなくなっていたとのことです。
また、正会員MLでは多くの会員から理由の説明が求められましたが、これに答えることはなく、例外的に説明が為されたke-go氏については、本人から明確は反論が寄せられたにも関わらずこれを無視し、そのコメントすら削除してしまいました。
カト氏に及んでは総勢23名の正会員が除名撤回を強く要求しているにも関わらず黙殺され続けています。
問い合わせの内容や事の経緯は、カト氏のマイページのブログに載っております。
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/User/node/HomeFront/user_id/7065536
又、報告会の音声データも載っております。
http://www.freeml.com/bl/7065536/92591/
この五名に共通して言えることは、上記寄付金疑惑に関して活発に指摘していたと言うことです。もしもこういった会員に対する排除や見せしめが除名や退会処分の隠された本当の目的であるとしたなら、この会の“日本の心”は欺瞞に過ぎないと判断せざるを得ません。私たちは多くの会員の皆様と交流がありますが、みなさん素晴らしい方々で広く日本の心を大切にされている方たちばかりです。であるからなおのこと私たちは、日本の心を伝える会の元幹部として到底看過することはできません。
先般初めて行われた第二期会計報告会についても、“議事録”は開示されず、説明として主催者側の主張のみが展開されました。
ここに報告が漏れていた、300人委員会の7月、8月の寄付金に対しても、「入金そのものが些少なため、奉賛に至っていません」と正会員で触れただけで、300人委員会では一切釈明されておりません。
以上、情報提供とさせていただきます。

日本の心をつたえる会 元幹部有志一同

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら