2011/09/16(金) 20:43:54 [「博士の独り言」復刻記事]

20101230077



平成19年11月8日付メモより復刻
絶えぬ性売春と人身売買
売春立国・韓国の「文化」と「伝統」

20071008001
韓国性売春従事者がデモ
 2007年6月29日、(全土)約150万人の性売春従事者のうちの3000人が、ソウルの国会前に集まり、売春業、売春斡旋屋、クライアントを対象にして(韓国)政府が施行した新たな売春取締法に抗議した。 (要旨)Yutube「South Korean sex worker Anti-Law demonstration」(2004-2007) 韓国性従事者の抗議デモの歩み(2004~2007年)より参照のため引用/写真は同動画より参照のため引用
----------

世界に誇る、韓国「売春」文化

 韓国政府が、2004年9月に「性売買防止法」を施行前の状況だが、同国では、性売春は「農林・漁業と同レベル」であった。朝鮮日報(2003年2月6日)によれば、『性売買の代金として動いた金額が1年に24兆ウォン。国内総生産(GDP)の4.1%を占める』(同紙)と『韓国刑事政策研究院』発表(同2月5日)を報じている。同紙の報道を見るだけでも大きな数値であり、「性売春」は同国の揺るぎない文化であることが伺える。

 「性売買防止法」施行後は、表向きには性売春従事者の数は減少したかに見えるが、その2004年以来、今年(6月29日)に至るまで、毎年、性売春従事者による生活保障の要求を兼ね、「公娼制度の導入を!」との大規模な抗議行動が続いている。表題の動画には「150万人」との数値が記されており、約4600万人といわれる韓国の総人口に比率を求めれば。およそ「3.2%」。単純に総人口の半分を女性とみなせば、100人のうち6人が現役の「性売春従事者」との概算になる。

20071008002
性売春従事者のデモ(表題動画)
-------

 「性売買防止法」の内容は、売買春をした場合には1年以下の懲役、または300万ウォン(約30万円)の罰金。また、売春を斡旋、強要する行為への厳罰を「10年以下の懲役または1億ウォン(約1千万円)以下の罰金」とする内容とのことだ。だが、韓国の「文化」の火は消えず、性売春従事者は海外に拡散し、また、韓国人の男性客も海外で買春する傾向が強まっているとしている。
----------

海外に拡散する韓国「文化」

 たとえば、今春話題になった「米国の人身売買被害女性、韓国人女性が最多」(朝鮮日報3月21日)の報道では、端例だが、その傾向の一端を物語っている。同じく、今春報じられた「ワーホリ・ビザ悪用した豪州への遠征売春が横行」(同4月25日)では、『ソウル警察庁外事課は24日、ワーキング・ホリデー・ビザで大学生など韓国内の女性89人をオーストラリアの売春業者に送り、売春をあっせんしたイ某容疑者(33)など3人を立件した』と。同国の性売春と、表裏一体に付随する「人身売買」の伝統が、異国のオーストラリアの地でも華々しく展開されている様子が伺える。

 オーストラリア政府にとっても、「ワーキング・ホリデー・ビザ」は、韓国の文化と伝統を国内で再現させるために発給しているわけではない。異様に迷惑な侵蝕に違いない。今度は、海外における性売春では旅券を没収する等、同国は罰する方向にあるようだが、『売春行為が水面下で拡大していること、海外での売春行為の拡散、司法部の消極的な法執行など、性売買特別法そのものに対する実効性が依然として問題視されており、新たな改善策がどのくらい効果を収めることができるのかについては疑問視する声も多い』(同2007年9月21日)と文化拡散の「火」は消える様子がない。

 韓国のこうした「文化」と「伝統」を背景に、韓国は同国創作の「歴史認識」を日本に強要し、また、元性売春従事者は「性的奴隷」の言いがかりへの謝罪と償いを求めているのである。真に「歴史」を再認識するならば、立場は逆である。あえて、「謝罪」「賠償」を求めるとすれば、日本こそが、韓国に対し「国家侮辱」への謝罪を要求する立場にあり、日本社会への毀損・侵蝕行為に対する賠償を要求すべき立場にある。このことを忘れてはならない。
----------

【筆者記】

 小ブログでは、韓国にとって売春は同国を支える「文化」「産業」であることを尊重し、あえて「性売春従事者」とした。外国語版ブログでも紹介して行く。

 朝日新聞による検証なき記事報道を機縁として、戦後半世紀を経ようとしていた1990年代に、忽然と持ち上がった“従軍”慰安婦(後に“性的奴隷”へとエスカレート)。韓国の元性売春従事者を名乗る“証人”らによる“証言”の他に“証拠”は無い。すなわち、戦時下の世界各地でも存在していた例外的な一部の事件を除けば、検証に耐え得る確たる「証拠」は実在していないのである。

 また、“証言”の内容を考察すれば、その背景には、朝鮮半島の「性売春」と「人身売買」の歴史的な文化。それらの地金が露出して来る。さらに、同国にありがちな責任転嫁と物乞いの体質。上述の性売春従事者らの大規模なデモもまた、その体質を如実に表す1つといえる。それらの背景から、日本に投げかけてくる様々な毀損行為の本質が観えて来るのである。この点からより深く掘り下げ、検証と反駁を進めてまいりたい。

 なお、短篇の本文はこの秋に紹介したものだが、先稿に関連付け、ここに資料として今一度アップさせていただく。
------------

 読者のみなさまにはお忙しい中、ご訪問をいただき感謝しています。ここに、新たに記事をアップさせていただけたことを有難く思います。
一日一日を大切に、みなさまと共に考え、真実を共有できればと願っています。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。国思うみなさまのご尽力に心より感謝します。
----------

 以上、平成19年11月8日付メモより復刻
----------

■ 関連記事と資料:

平成23年5月4日 見抜くべき「亜」の国害
平成23年4月23日 (第一部)
日本の新たな夜明け

-------
平成22年11月21日 茨城県 訪問勉強会 特亜および露西亜の真実
----------

【筆者追記】

今後の参考資料として復刻

 時系列的な資料作成(再構築)の一環として、先日より、折々の合間にですが、今後の参考のため、消失していたメモ(「博士の独り言」記事)の復刻を進めています。本記事は4年前のものですが、ここへ来て“従軍慰安婦”の捏造を持ち出す韓国への徹底反駁と、今後の参考のため、先稿と併せて復刻させていただきます(48稿目になりました)。 


 事実の指摘は決して悪口には該当しません。国害に対する指摘は「悪口」の類ではなく、むしろ、さらに事実を掘り下げるために不可欠な指摘です。事実を淡々と指摘すれば、「なるほど、そうか」と気づく人もまた意外に多い。ごく普通の日本人が、ごく当たり前の「言」を発して行く。事実を即した、その共有が広がるほどに、また日本は毅然と恢復する、その素地を取り戻していくに違いありません。 

 先祖代々の日本人本来の品性と、正直に生きてごく当たり前の筋道に照らし、「おかしい」「変だ」と洞察していることをみなさまと共有させていただき、その病理を問う。これが博士の独り言のスタンスであり、この視点は今後も不変です。 日本人の多くが、思想、信条の面で団体や集団に属さない存在であり、私と同じ立場におられることを幸いに思います。ごく普通の日本人が、ごく当たり前の「言」を発して行く。事実を即した、その共有が広がり行くことを願って止みません。

 その上で、一人でも多くの良識が、国害の正体と問うべき病巣、誘導的な毒性を如実に知るべき筋道にあります。一人でも多くの心ある方にお気づきいただき、さまざまな事柄を通じて諸点を再確認いただけることを念願し、今月は、今しばらく、引き続き、時折、小稿のように、消失していたメモも復活・報告させていただければと考えております。
----------

日本は毅然とあれ! 
   
20110413002                                       
路傍の桜花
(筆者)平成23年4月13日
----------

人気ブログランキング 

↓嘘とたかりの変質国とは、断交も辞さじ!
20110224001        

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら