--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/06/09(火) 19:20:00 [特亜犯罪]

20130527005     
不法就労の巣窟、在日経営「飲食店」

20150609006
韓国人女性3人を不法就労させる 経営者ら4人逮捕
 
兵庫県警生田署などは5日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、韓国籍で神戸市中央区加納町の飲食店経営者、金伶姫容疑者(48)を逮捕。また、同法違反(資格外活動)容疑で、韓国籍などの38~25歳の女3人を逮捕した。金容疑者は「観光ビザの女の子を雇い、働かせていた」と容疑を認めているという。
-----
 金容疑者の逮捕容疑は平成27年4月17日ごろから同年6月4日までの間、経営する同区山手通の飲食店で、日本で働く資格のない短期滞在の女3人をホステスとして働かせたとしている。産経新聞Web) 平成27年6月5日付記事より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成27年6月7-9日の小稿として

韓国「MERS混乱加速」考
録音機「詐欺撃退に好評」考
朝鮮系「当たり屋」対策

内閣支持率「53%に低下」考
携帯のカメラを「暴力抑止力」に
路傍の紫陽花 2
ロッテチョコ「便乗値上げ」疑惑
ハサミ男「駅ホームで暴れ線路へ」考
中国・事故客船「廃船間際で老朽化」考
----------

飲食店もピンからキリまで

 表題の事例(特亜犯罪)を資料として参照するため、小稿にクリップさせていただきたい。先ず事件報道に見られる「飲食店」報道について少々。「飲食店」といえども、巷ではピンからキリまで存在していることを確認したい。

 一般に「飲食店」といえば、客が普通に飲んで食べる。それらの飲食で商いをする通常の「飲食店」を連想しがちだが。その“業界”の果てではホステスをはべらせ、飲食以外のサービスを商いの目玉にしているという、いわば“風俗業界”とオーバラップする“飲食店”も多々存在している。その「果て」の方になるほど亜系(特に朝鮮系)経営者が多くなる。という傾向性をお見知りおいていただければと思う。

 その視点をご認識の一隅に据えておけば、観光ビザで入国して来た女性らは時給だけを稼ぎに来たわけでもあるまい、と。不法就労の内実も分かりやすくなろう。その元締めを在日・帰化系らの“飲食店経営者”がこなすという形態は朝鮮系の伝統ともいえる「下(しも)ビジネス」の一つと指摘できる。記事にはあかさまにではないが、表題の事例もその典型的な一つであろうことは推察に容易だ。
----------

不法者囲い込みの巣窟「通名教会」と「在日飲食店」

 表題は、在日韓国籍者が経営する「飲食店」で不法就労が見つかり、「入管難民法違反(不法就労助長)容疑」で「兵庫県警生田署など」によって経営者とホステスとして“従事”していた「韓国籍などの38~25歳の女3人を逮捕(5日)」された。経営者は「観光ビザの女の子を雇い、働かせていた」と容疑を認めている(要旨)、と伝えるニュース(産経紙)である。

 いわば、巷ではザラに見かける特亜犯罪の一つだが、何故、観光ビザで来日した韓国(南朝鮮)籍の女性らがその在日の“飲食店”経営者の下にたどりついたのか。いわば、コミュ二ティとも指摘し得る「朝鮮つながり」のネットワークが背景に存在しているためで、仲間からの不法者の引き受け、囲い込みでは、当ブログが指摘して来た「通名教会」、ひいては同系の「カルト教団」らと双璧である。

 狭まる捜査を察知し、囲っているお仲間の不法者を帰化系や反日市民団体系の人物らと養子縁組を結ばせて在留資格を取らせる。あるいは、お仲間の帰化系の行政書士や地方議員らを交えて、たとえば、日本人との偽装結婚を斡旋して在留資格を取らせる。などの事例も多い。

 それらが間に合わなかったケースや、言葉汚いが“賊らには大金にならない”ケース”がぞぞろに逮捕につながる、と。この種の特亜犯罪の報道はそう観て差し支えない。この構図を知っておいていただけば、ニュースの観え方も違って来るのではないか。
----------

解明に総力を挙げつつ

 以上の一例は、無論、朝鮮系が好きでやって来たわけではなく、国護るために英邁に良識のメスを入れて行くべき、戦後に累々と来た「国害の膿」である。我々の世代で放逐をと。その願いから、国思う調査隊の時代から現下の敷島民間防衛調査隊、さらには同調査会議を通じて解明に総力を挙げて来た「事実」、また「事実」の一端である。

 良識の情報提供者の個人情報を守るため、「という指摘もある」等の表記をこの日記では用いる場合が少なくないが。実はその元は、必要な検証、確認を経ていざという時は法定証拠にし得る情報、とそうご理解いただければ幸いである。拙き見ゆえに間違った記事も少なくなく、その度に「お詫びと訂正」のけじめを付けさせていただくことも多々だが。しかし、当ブログの小稿累々には総じて「賞味期限が無い」のもそのためだ。お身近のご参考としていただければ幸いである。
----------

国体の護持と弥栄を!     

20150608008    
敷島の路傍の紫陽花 (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

敷島の和色465色と四季の繊細 付記
----
「赤文字表記」廃止の報告 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓不法者が棲息できない日本を!と応援くださる方はクリックを!   
 20130527005


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。