--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/30(土) 09:27:00 [明るいニュース]

20130527005     
雨降って地固まる
支那の横暴で安全保障強化へ

20150530001
日米比、南シナ海の中国“暴走”封じ込め 人工島建設「即時に中止」要求
 日本と米国、フィリピンが、南シナ海で軍事的拡張を進める中国を封じ込める。米比の国防相が、中国の人工島建設に警告を発したうえ、日比の防衛幹部が協力拡大で一致したのだ。「自由」と「民主主義」「人権」「法の支配」という普遍的価値で一致する3カ国が、中国の暴走阻止に乗り出した。以上、冒頭より。夕刊フジ 平成27年5月30日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

-------
-------

▼ 平成27年5月28-29日の小稿として

ポイントがぜんぜん伸びていないですね
在日「かみつき現行犯逮捕」考
「狙われる日本の高度技術」考
BS朝日「ヘリウム事故」考
あなた、人生終わりたいの?
【付記】
完結を基本是とする日本人
在日「構造利権」にメス入れを
スーパーの店頭にて

韓国史「済州島4万人を超える自国民大虐殺」考
印象操作、誘導に惑わされずに

----------

雨降って地固まる
支那の横暴で安全保障の連携強化へ

 今後の参考のため、表題(紙面)をクリップさせていただきたい。読者の皆様にはすでにご存知の通り、南シナ海で複数の人工島を造出しつつ軍事力の拡張を謀る支那(China)の動きに対し、「米比の国防相が、中国の人工島建設に警告を発したうえ、日比の防衛幹部が協力拡大で一致したのだ」と。「「自由」と「民主主義」「人権」「法の支配」という普遍的価値で一致する3カ国が、中国の暴走阻止に乗り出した」と伝える記事(夕刊フジ)である。

 事実とすれば、いわば、雨降って地固まるの謂の如くに、支那の横暴で安全保障も強化へと進む。そう云える好事例といえよう。

 紙面は、米国防省の「カーター米国防長官は27日、ハワイで行われた米太平洋軍司令官の交代式で、こう宣言した」として。「中国の行動は、アジア太平洋域内の各国を団結させつつあり、米国が地域に関与する必要性を増大させている。米国は向こう数十年間、地域の安全保障の主力であり続ける」との発言を紹介。「中国を名指しして、米国のアジアにおけるプレゼンス維持を明確にしたもので、「国際法が許す限り、米軍は(人工島の周辺で)飛行や航行、作戦行動を続ける」とも語った」としている。
----------

藤井厳喜氏の指摘

 結びに紙面は、国際政治学者の藤井厳喜氏のコメントを紹介。「米国は今後、中国が人工島の『領海』と主張する12カイリ(約22キロ)内に米軍の航空機や艦船を入れていくだろう。日本は今月中旬、海上自衛隊とフィリピン海軍による初の共同訓練を実施したが、航空自衛隊の動きもリンクしたものといえる。中国はこれで動きにくくなる。南シナ海は日本のシーレーンであり、自由航行の維持は極めて重要だ。日米比の連携は、沖縄県・尖閣諸島に対する中国の挑発への牽制にもなる」と。

 さらに「安倍晋三首相の訪米成功と、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)改定が効いている」といい、続けた」としている。正論である。益々のご健勝とご活躍をお祈りする。
----------

中国の軍事的な意図は

 南シナ海への人工島(軍事施設)設置の支那の目論見は、先ずタンカーや貨物船の航路となっているシーレーンの事実上の封鎖であり、その北部の尖閣諸島から沖縄にかけての軍事的な威嚇、民意の侵蝕と同時並行的に進めている、その動きは第一列島線を超えたシーレーンの軍事支配を前提としたものであり、その支配を太平洋西側の軍事支配への拠処とするためであろうことは、凡庸の推察にも難くない。

 シーレーンの封鎖は、有事未発生の状況においても日本、他諸国の貿易航路を軍事的に塞ぐことによって「通行料」を取る。場合によっては“検閲”を“事由”とした原油などの運搬物資の収奪などを意図するものだ。その動きは、まさに譲って良き目に観るとしても、安全保障強化で一致している環太平洋諸国が共有する自由と法の支配の進捗に逆行する横暴、非文明的なスタンスと指摘せざるを得ない。

 以上の抑止に通ずる安全保障網の強化は、当時(2013年)において、すでに南シナ海の支那のこの動静を知悉した上であえてTPP交渉への参加を表明し、交渉の場を方便に関係各国への積極外交を展開し、そのスキーム固めを主導して来た現総理の大技によるところが大きい。
----------

■ 主な関連稿

人民解放軍新基地「南シナ海に建設」考 2015/05/16
宮古島と石垣島「抑止に陸自配備」考 2015/05/12
「中国は、横暴極まりない領土拡張を続けるのか」 2015/02/16 
尖閣北西「中国の軍事拠点」考 2014/12/23 
中国「埋め立て軍事基地を建設中」考 2014/05/16 
-------
中韓「民主党の時代は良かった」 2014/12/03 
習氏「中華民族には覇権の遺伝子ない」考 2014/07/15 
ベトナム船沈没「中越国境緊張高まる」考 2014/05/28 
三原順子議員「平和ボケ」を叱る 2014/05/19 
台湾の敵・創価学会 2012/03/19
中国共産党の侵略「上」 2012/05/29 
----------
事例付記 膨大な人命を奪って来た中国共産党 
----------


国体の護持と弥栄を!     

20150529004    
敷島の路傍の紫陽花 (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓当ブログへ応援のクリックを!   
 20130527005


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。