--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/23(土) 23:56:00 [選外推奨議員/完全引退すべき方々]

20130527005     
隷中派を泳がすか、党分裂か

20150523016
二階氏が中国主席と面会、首相の親書渡す 北京で交流会
 【北京=島田学】中国を訪問している自民党の二階俊博総務会長は23日、北京市内の人民大会堂で開いた交流会「中日友好交流大会」の冒頭、中国の習近平国家主席と面会した。二階氏は日中関係の改善に向けて双方で努力することが必要だと訴え、安倍晋三首相からの親書も手渡した。
-----
  交流会で二階氏は「日中関係を支えるのは政治に左右されない民間の深い人的関係だ」とあいさつした。習氏もあいさつに立ち、日中関係の改善への意欲を示す一方、「日本軍国主義の歴史を美化することは決して許されない」などと歴史問題でクギを刺した。以上、冒頭より。日本経済新聞Web) 平成27年5月23日付記事より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成27年5月18日-24日、他の小稿として

【第一七稿】 豊富な大腸菌「韓国海苔」考

【第一六稿】 韓国海苔は本当に大丈夫?
【第一五稿】 在日逮捕「猥褻DVDで売り上げ4億円」考
【第一四稿】 【食材検定】唐揚げ弁当編 その1
【第一三稿】 世界遺産「日韓協議は平行線」考
【第一二稿】 お寿司は大丈夫?
【第一一稿】 ゾンビ「朴大統領」の憂鬱
-------
【第十稿】
韓国「キムチ、中国産増え対日輸出は急減」考
【第九稿』 稲田氏「地道な『発信』で対抗を」
【第八稿』 チョコ「認知症予防の可能性」考
【第七稿】 韓国妄動「世界遺産登録阻止」考
お詫びと訂正
【第六稿】
田中康夫氏「人口政府予測は非現実的」
-----
【第五稿】 ドラッグストア「朝鮮つながり」考
【第四稿】
八百長大国「韓国の黄昏」
【第三稿】
韓国「キムチ貿易赤字」と
【第二稿】
冷凍食品は大丈夫?
【第一稿】
維新混迷「官邸誤算」考

----------

党内隷中派の頭目「二階氏一行」が訪中

 個人的には、この時局に「勝手な行動を取ってもらっては迷惑だ」と。総裁が内心ではそう思っても、党総裁としての現在の立場を鑑みれば、あからさまには云えない。党内隷中派の頭目・二階俊博氏が反旗を翻せば、党分裂の危機すら胚胎しているからで、ならば泳がすしかない。ついでに、親書も手渡して顔を立てるしかない。安倍総裁の心境はそのように複雑ではないかと、こう拝考せざるを得ない。

 その“弱み”をむしろまんまと逆手利用したのが表題の習近平氏(国家主席)ではないか。例によって、二階氏の一行には約3千人もの旅行業協会関係者、観光業界関係者や超党派の隷中議員諸氏が連なった。人民大会堂(北京)で、大々的な交流会を中国共産党政府によって開いてもらった。

 その席上の挨拶で、習氏が「日中関係の改善への意欲を示す一方」で、「日本軍国主義の歴史を美化することは決して許されない」などとの説教を垂れたとすれば、現政権に対して表題でいう「釘(くぎ)」を刺しもらった。習氏の側からすれば、呼び出し説教に成功した、と。そうみなせる一連の経緯ではないか。
-----------

随行「3000人」とは

 以上の流れを踏まえた上で着目すべき一つは、随行者が約3000人もいる、という実態だ。習氏の恭順のいを示し、その采配下で日本への支那人観光客が増えればよいと。小銭をより日本へ落としてもらえばよいと。そのレベルの認識から出得ない、思考が隷中焼け、否「隷中焦げ」しているとも指摘できる皆さんである。お仲間のシャープのように「中国様」に新技術や国内情報を進んでお供えし、企業の骨の髄までシャブってもらえば“私の代は安心だ”とでも倒錯している、「己のためにはひいての売国をも辞さず」とするかの皆さんと拝考する。

 お仲間の翁長沖縄知事と同様、領土の尖閣諸島はおろか、沖縄付近の海域に軍事艦船を航行させないでもらいたい、日本の領土主権を脅かさないでいただきたい、などとは夢の中でも云えない皆さんである。

 帰って来なくてよい。そのまま支那の土になるなり、肥料になるなりすれば良い。とたとえ仮にそう思っても云えないのが、党をまとめる総裁の立場であろうかとご心中の奥を拝察する。
------------

奴隷を踊らせる「中国メディア」

 表題は、「中国メディアも訪中団について「日中関係の雪解けをはっきり示している」(政府系英字紙チャイナ・デーリー)、「日中民間交流の好例だ」(国営新華社)と好意的に伝えている」としている。

 中国共産党が常套の是として来た「いつも」の獲物(奴隷)を手のひらに載せる腹話術に他ならないのだが、いささかの疑義も報じないメディアのスタンスが明け透けに映る。以上、利用されているかに見せて、どう相手を利用して行けるか、否か。総裁(総理)の大技に密かに期待しつつ。
-----------

■ 主な関連稿

二階氏隷中詣り「3000人計画」考 2015/02/26
二階氏「屈辱的“独自外交”」考 
2015/02/15
安倍総理「韓国は愚かな国だ」拝考 2013/11/14
-----------


国体の護持と弥栄を!     

20150523003   
敷島の路傍の紫陽花 (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

日本は毅然と在れ!   
 20130527005

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。