--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/09(土) 16:17:00 [明るいニュース]

20130527010    
防犯インフラ充実化などで路上犯罪は減少傾向に
認知件数は「戦後最少を記録」と

20150507004
「窃盗」減少から浮かぶ日本の犯罪背景…「特殊詐欺へのシフト」の見方も
  窃盗事件が減っている。警察庁のまとめでは、昨年1年間の認知件数(暫定値)は前年に比べて8万件以上減り、90万件を下回って戦後最少を記録した。防犯カメラなど抑止インフラの充実で検挙率が高まり、「犯行を画策する者にとって、危険な橋になってきた」(捜査関係者)。一時、国内を席巻した「爆窃団」など外国人窃盗グループも沈静化しているという。“泥棒”の現状を探った。以上、冒頭より。産経新聞Web) 平成27年5月6日付記事より「個」の日記の資料として参照 

-------

▼ 平成27年5月9日、他の小稿として

食害ターミネーター
韓国「世界遺産登録妨害」考
早朝に攻撃を受ける

----------

▼ 平成27年5月8日の小稿として

「380円弁当」は大丈夫?
欧米187人「慰安婦20万人以上に『裏付けなし』」考

敷島調査隊は団体とは無関係

----------

「全国の刑法犯認知件数」が減少と

 当ブログが問わせていただいている「民間防衛」を共有して行く上で、参考資料の一つとして表題(産経紙記事)(Web)をクリップさせていただきたい。紙面は「警察庁によると」として、「昨年1年間の全国の刑法犯認知件数(暫定値)は、前年比10万1900件(7・8%)減の121万2240件で、12年連続で減少した」と。「なかでも窃盗犯は、8万3924件(8・6%)減の89万7309件にとどまって戦後最小になり、その減少分が全体の減少数の8割を占めた」としている。

 刑法犯罪の減少は歓迎すべきことだが、しかしそれでもなお、認知件数だけでも未「121万2240件(暫定値)」としている実際が、防犯を考えて行く上でのキーポイントである。しかも認知件数とは、あくまでも警察の視座から「認知」した犯罪件数であり、泣き寝入りや被害者が気づかない事例など、被害届がなされていない事例はその数値に含まれていないことを確認しておく必要が有る。
----------

但し、外国籍窃盗犯グループの犯行は「沈静化」と

 そう踏んだ上で、紙面は「捜査関係者が要因の一つにあげるのは、中国系の窃盗グループ「爆窃団」を始めとした外国人窃盗グループの沈静化だ」との指摘が、朗報の一つとして認識できよう。それに貢献しているのが防犯カメラ設置をはじめ、「青パト(青色防犯パトロール車)」と呼ばれる車両の増加やボランティアの防犯活動の拡大を挙げている。

 特に防犯カメラについては、「現在、国内に300万台ほど」が固定的に設置されており、さらに「捜査関係者によると、現在、警視庁は独自に約1000台の高性能カメラを所有」と。「容疑者の顔や車両ナンバーなどをより鮮明に写すことが可能で、ひったくりのほか、強盗、強制わいせつ、放火などが連続発生した場合、現場に持ち込んで設置する。容疑者が逮捕されれば回収する方式だ」としている。その効果が有ってか、昨年は6万7100件を超えるとみられる窃盗犯罪(認知数)の減少ももたらした、とそう観て差し支えなかろう。

20150509003
防犯カメラの事例(調査隊)

-------

 防犯カメラの設置は上記の路上犯罪のみならず、津々裏々で発生している婦女子や高齢者に対する路上暴力をはじめ、高齢者などから不動産を二束三文で騙し買いして転売利益を得るという所業を“ビジネス”にしているKIB(コリア・イン・ブラック)らの横行や、訪問“ビジネス”で資金を稼ぐカルト教団系の徘徊の抑止にも役立つはずだ。
----------

▼ ご参照いただきたい関連稿

アメ横「特亜化」考 2014/06/25 
朝鮮系“買い取り屋” 2013/11/28 
増える通り魔犯罪 2013/07/27 

----------

「新型犯罪」には民間防衛で対峙を

 ところで紙面は、「一方、窃盗犯が別の犯罪に乗り換えているのではないかという指摘もある」として。「乗り換え先として警察当局が警戒するのが、振り込め詐欺などの特殊詐欺だ。窃盗と同じく、他人の財物を狙う「財産犯」の1つで、昨年初めて詐欺全体の被害総額が窃盗を上回った」と指摘。

 「警察庁幹部は」として、「「ひったくりなどをしていた連中が、振り込め詐欺グループから『ローリスク・ハイリターンでもうかる』などとリクルートされ、グループに加わっている可能性は否定できない」とする」としている。大切なご家族、周囲の方々を守るためにも、且つ当局の有効な対策の手が未だ及んでいない分野では、良識による民間防衛の共有が直近の対策になる。

 広報のみに依存しない「振り込め詐欺などの特殊詐欺」に対する対策の身近な周知の徹底や、メルマガ「特亜犯罪」から調査隊が皆様に折に触れて報告している賊らの騙しや犯罪のパターンの認知と、さらには具体的な対策の共有がご家族を守り、ご家族とご家族がなす大きな家(国家)を守って行くことに通じて行く。
---------

元栓も閉めよう

 さらに(=イコール)犯罪予備軍の大量誘致にもなっている公明党主導の観光誘致政策に対しては、敷島民間防衛調査網は微力で微々たる存在ながら、「ヤード」「通名教会」などでの不法事例の報告を通じた自制(対象国の選別や日本への渡航厳正化)と方向転換を、ひいては「公明党の政権分離」を粛々と、且つ是々非々のスタンスで今後も問求めて行く。

 元栓を閉めて行こう。皆様の応援と協力を仰ぎながら、次の世代のためにも日本を共に取り戻してまいりたい、と。心の底から願う一人である。

----------

国体の護持と弥栄を!     

20150505015   
敷島の路傍にて (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「民間防衛」共有を!応援くださる方はクリックを!   
 20130527006 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。