--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/07(木) 00:31:00 [食の安全]

20130527010    
イオンと「親和性」が高い一部の弁当チェーン

 イオンの食品売り場確認の際、目に付いた一つが経営層が創価信者とされる「オリジン弁当」だ。お馴染みの「朝鮮つながり」のためか、商品作りにも同様のメンタリティを底流に、親和性の高さが窺える。そう拝察することを禁じ得ないチェーンの一つである。

20150507001
イオン売り場の「オリジン弁当の製品」(ジャンボおにぎり)
-------

▼ 平成27年5月6日の小稿として

北海道「釧路で桜開花」と
「のりから揚げ弁当」は大丈夫?
----------

低原価でなければ困難なイオンでの出品

 テナント料を収益の一環とし、請求額が他の総合スーパーに比べても利益吸い上げが高めとされるイオンの店舗内で、オリジン弁当も自チェーン店での店頭と同じ価格で同一商品を出す(出せる)ということは、それでも「利益を出せる」レベルの、商品個々の製造原価が相応に低く設定されていなければなし得ない「術」と観て差し支えない。

 上記の「ジャンボ手作りおにぎり 鮭」のラベルと、これまでに調査した産地情報との照合(朱枠内)を試みたのが下記である。

20150507002 
「ジャンボ手作りおにぎり 鮭」のケース(調査隊)
-------

 いわば塩類と具の目玉である「鮭」のみが国内産であり、他は輸入素材でコストを抑えるという。言葉は辛辣だが、お仲間の亜系伝統の「羊頭狗肉」の方式の発現ここでも、と彷彿させてくれる。一部の日本人議員を集票アピールの前面に出す民主党らの「朝鮮つながり」政党の手法もさながらだが。
----------

同種「しそ漬け国産梅」も同様

 事のついでに、同種「しそ漬け国産梅」も同様であることが判る、厳密に指摘すれば塩類と「梅」以外は、上記とほぼ同じである。輸入系の添加物が多い分、関心をお持ちの方にとっては注目すべきではないかと拝考する。

 出来合いの「おにぎり」は確かに手軽だが、多少手間がかかっても、ご自宅で相応に納得の行く素材で作られた方が添加物の心配もなく、むしろ安上がりであり量的にも満足いただけるのではないか。

20150507003
「ジャンボ手作りおにぎり しそ漬け国産梅」のケース(調査隊)
-------

 可能な時に、ご主人、お子様に手作りのお弁当をこしらえて差し上げることが適う皆様はまさに日本の宝である。
----------

■ 主な関連稿

イオンのヒジキ、海苔は大丈夫? 2015/05/05
イオンのキムチ 2015/05/03
イオン系列「中国産米を偽装混入」考 2013/10/02
イオン「外国人採用」考 2013/01/30
-----------
【重要】 「公然のタブー」にメスを入れて行くため 2015/02/20 
----------

国体の護持と弥栄を!     

20150505014   
敷島の路傍にて (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「食の安全」稿は必要!と応援くださる方はクリックを!   
 20130527006 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。