--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/05(火) 19:46:00 [明るいニュース]

20130527010    
路傍の日の丸

 先稿で予告させていただいた路傍の日の丸(5日)につき、遅まきながら収めてまいりました。「ここ」は日本です。どこの駅頭でも由緒ある祝日には掲げていただきたい。それが日本の国旗です。

20150505003
駅頭の日の丸(高座渋谷駅)(5日)
-------

何時見ても嬉しい

 バス(神奈川中央交通)の何時もの光景ですが、やはり目に入るたびに嬉しい。

20150505004
バスの日の丸(神奈川中央交通)(5日)

-------

 どのバスも掲げている。さすがは、豊かな歴史と骨太の国思う人材が豊富な神奈川県です。

20150505005  
バスの日の丸(神奈川中央交通)(5日)

-------

 この6日(5月3日の代休)もこうした光景を観ることができそうですが。その次の祝日は7月の「海の日」になります。個人的にですが、ひょっとしてその頃は、長くお邪魔して来た神奈川県にはいない可能性があり、折々に収めて来たバスの日の丸も今般がしばしの見納めになるのかもしれません。

 日章旗は個人で揃えた二旒に加え、昨年盗難から戻った一旒。祖代から代々への形見分けの一つの一旒(りゅう)と薩摩藩の時代に船舶の旗印に用いていた大幅の一旒と。兄からせしめた祖父形見の一旒。有志から寄贈いただいた二旒、中川昭一氏から書簡のお礼にと賜った小幅の一旒など、計九旒をかけがえのない宝として大切に所持しています。

 いずこに行こうとも、陛下の御許に末座ながら常に在り、日章旗と共に在り、先祖代々の誇りと共に在りとの自覚と心を確かに邁進してまいりたい。そう心に決めています。

平成27年5月5日
---------

▼ 平成27年5月5日、他の小稿として

慶祝・子供の日
朴大統領「対日外交、歴史問題と別次元で推進」考
----------

国体の護持と弥栄を!     

20150505006   
敷島の路傍にて (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について

-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓日の丸を敷島人皆の共有の宝に!と応援くださる方はクリックを!   
 20130527006   

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。