--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/30(月) 10:10:00 [特亜/四亜]

20140420003    
対日“慰安婦問題”は
自国の所業を日本に転嫁した捏造

20150330008
「韓国軍が慰安所経営」 ベトナム戦争時 米公文書に記述
  
韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、そこでベトナム人女性に売春させていたことが29日、米公文書で明らかになった。韓国軍がベトナムで慰安所経営に関与していたことが、公文書として確認されたのは初めて。韓国が朝鮮戦争時に慰安婦を「第5種補給品」として部隊に支給していたことはすでに知られているが、外国であるベトナムでも慰安婦を運用していた実態がうかがえる。
-------
 文書は米軍からベトナム駐留韓国軍最高司令官、蔡命新将軍に宛てたもので、日付は記載されていないものの1969年ごろの通報とみられる。韓国陸軍幹部らによる米紙幣や米軍票などの不正操作事件を説明したもので、その調査対象の一つとして「トルコ風呂」が登場する。以上、冒頭より。産経新聞 平成27年3月30日朝刊 購入紙面(3面)より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成27年3月30日、他の小稿として

韓国「恥ずかしい画像で」中国に2億円送金
桜花便り 5
-------
▼ 同29日の小稿として

舛添知事「海外出張に2億4000万円を計上
桜花便り 4
----------

韓国軍「慰安所経営」の証拠

 今後の参考のため表題(紙面)をクリップさせていただきたい。かつてのベトナム戦争時に、韓国(南朝鮮)が「サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、そこでベトナム人女性に売春させていたことが29日、米公文書で明らかになった」とする記事(産経紙)である。

 同公文書については、「米軍からベトナム駐留韓国軍最高司令官、蔡命新将軍に宛てたもので、日付は記載されていないものの1969年ごろの通報とみられる」と。その中で売春所などの直接の表記を避けるための代名詞として「トルコ風呂」と当時は表記した様子。

 その概要は、「韓国軍による韓国兵専用の福祉センター(Welfare Center = 慰安所)」であり、南朝鮮軍部の経営による証拠として「韓国軍のスー・ユンウォン大佐の署名入りの書類を挙げた」と。内容については、「ベトナム人ホステスがいることや「売春婦は一晩をともにできる。料金は4500ピアストル(38ドル)。蒸気風呂とマッサージ部屋は泊まりの際のあいびき部屋として利用できる」ことなどを指摘している」としている。
----------

対日“慰安婦問題”は、自国の所業を日本に転嫁した捏造

 同公文書に記載の内容が事実とすれば、南朝鮮が一辺倒に主張して来た対日“慰安婦問題”は、米軍慰安婦などの他の事例に漏れず自国の所業を日本に転嫁した捏造に他ならず、上記の確認を新たな端緒として、南朝鮮のボロが五月雨式氏に現出して来る可能性が窺える。

 紙面に紹介されている現代史家の秦郁彦氏の指摘によれば、「ベトナムにおける韓国軍の住民虐殺、強姦はつとに知られていたが、その陰に隠れて慰安所経営にかかわっていたことが判明したのは、公文書では初めてだと思う」と。「引き続きさまざまな公文書が出てくることを期待する。今後、米国にいるベトナム難民移住者らが声を上げる可能性もあり、韓国に旧日本軍のことを言う資格はないという意見も出るだろう」とされている。

 事実を隠して己の嘘を隠さず。恥を知らずに、結果的に己が恥をかく。あたかも返って来るブーメランのように、癒えぬ国癖が導くであろうこの先の顛末は、南朝鮮の虚構を足元から崩壊させて行くに違いない。
----------

日本国内で使われていた「トルコ風呂」の蔑称も

 日本国内で、現在で云う「ソープランド」の宣伝的な名称として「トルコ風呂」が遣われた事跡についてだが。以前から「東京風呂」(1951年開業とされる)など外国人相手を主とする商娼所は存在していたものの、60年代以降増えた商娼所で「トルコ風呂」の蔑称を本格的に使い始めたのは川崎の在日経営者による事例(1966年頃)ではないか、との情報を以前から得ていた。

 情報が正確なものとすれば、だが。その名称アイデアのもとも実は彼らの「祖国」筋からのものであり、「トルコ風呂」が当時から風俗経営の悉くを占めて来た在日通名・帰化系らの仲間内で全国的に広まったと。そう見なしても不自然ではあるまい。

 本来トルコは親日的な国家であり、しかし、日本人と似て非なる朝鮮人には暴力や嘘、犯罪が余りにも多いため、当時すでにトルコ国内でも嫌遠され、公的な場やレストランへ入場制限がなされていた所が少なくなかった。その“恨み”から、日本とトルコとの離遠を謀るためにそのような蔑称を伏したものとも考え得る。後年、トルコ人留学生の抗議により「トルコ風呂」の蔑称が廃止されたことはまだしもの幸いであった。しかし、当時から思考に平和焼けに気付き、良識層の民間防衛の眼が肥えていれば、我々日本人からそれを破棄すべき指摘が挙がっていたに違いない。
----------

■ 主な関連稿

韓国「執拗な“慰安婦問題”対応要求」 2015/01/12
室谷氏「今年の反日スケジュール」考 2015/01/08
室谷氏「韓国に騙されるな」2 
2014/11/13
室谷氏「韓国に騙されるな」 2014/09/19
「在日の虚構」1 2014/06/04 
----------
動画「朝鮮進駐軍」考 2014/05/18 
【動画】南朝鮮の実態 2014/05/15 

-------
事例付記 韓国軍の悪逆非道 
----------

【筆者記】

 人類の盲腸「朝鮮半島」。殊に、その先っぽに位置する南朝鮮は「ろくでもない」。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20150330002      
敷島の桜花
(壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について
-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓朝鮮系はもうご免だ!と思われる方はクリックを!   
20140420003 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。