--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/22(日) 12:21:00 [国思う注意報/提案]

20140420003    
「妄想型統合失調症」では

 【メッセージ】 兵庫の淡路島での事件で集団ストーカー、電磁波というネットにくすぶっていた言葉が、新聞などに取り上げられ少し有名になったのかなと思いますが、あの事件や、集団ストーカー、電磁波での攻撃、という事について博士の感想をお聞かせ願えればと思います。

(以上、いただいたごメッセージ(22日)より)
-------

▼ 平成27年3月22日、他の小稿として

桜花便り
-------

▼ 同21日の小稿として

【読者】これも「通名教会」
路傍の日の丸
「通名教会」とは

佐々淳行氏「危機管理強化の根幹は情報力」
----------

「妄想型統合失調症」では

 当ブログへも“私はストーカーから電磁波攻撃を受けている”とか、“カルト教団から集団的な電磁波攻撃を受けている”等のメッセージをいただくことが有ります。“電磁波攻撃”については、以前、「どうしても」と云われるので計測機器類を持参して二件調査しました。加えてプローブ類も設置して期間測定も実施しましたが、“被害者”が主張される内容を証明する物証は検出し得なかった。

 その経緯をも踏まえて主張される方々に申し上げたいのですが、「妄想型統合失調症」の疑いが窺えるため、専門の精神科なりカウンセラーに相談される方が「解決への早道」ではないかと拝考します。
----------

無数の電磁波が存在

 私達の身の回りには、携帯やスマホに由来するものも含めて無数と謂えるほど多くの電磁波が存在しています。「私だけが」それらの影響を受けていないとは誰しも云えない状況に現下は在ろうかと思います。

 そうした状況を踏まえて、“電磁波攻撃を受けている”と主張される方に、では、その具体的な“状況”証拠を明示してください。物証を提示してくださいとお願いしても、“証拠は私が<電磁波による)攻撃を受けていることだ”の一点張りで、何ら客観的な証拠をお示しいただけない。ご自身が“思う”だけで客観的な物証を示し得ない。そうであれば「妄想」の典型ですね。

 そのような次第で悪気で云うつもりはありませんが、現代病とも謂われる「妄想型統合失調症」の疑いが有るのではないか、と指摘せざるを得ません。早めに専門医に相談された方が良いですね。
----------

「カルトの攻撃」について

 カルト教団の攻撃や妨害について、当ブログでも触れる機会が有ります。但し、信者を脱退させるなどの実際の活動に対する「対抗行為」に類する諸々であって、上記の妄想とは別次元のものです。

 ネットの一部で、カルトの電磁波攻撃(要旨)との都市伝説が広まった。件の妄想のバイアスはそこに由来しているのではないでしょうか。たとえば、誰かがUFOは円盤型だと言い出したら、それをバイアスにして多数の円盤型UFOの“目撃”報告が相次いだという、六十年代から七十年代にかけての欧米に観られた集団幻想的な“流行”に相通ずる要素が、“電磁波攻撃を受けている”という妄想にも窺えます。
----------

兵庫県の事件について

 兵庫県洲本市で男女5人が殺害されたする事件ですが、紙面の、たとえば「各地で、電磁波犯罪と集団犯罪を行っている」としているのは殺人容疑者自身の発言ですね。新聞が「電磁波犯罪」を事実とみなして取り上げたわけではなく、容疑者の妄言として紹介している。それだけのことです。

20150322011
産経新聞Web) 平成27年3月9日付記事より
--------

 一つ指摘すれば、“私は電磁波攻撃を受けている”と思い込む方々に窺えるメンタリティの特徴は極めて「自己中心的」であるという点です。お隣の韓国(南朝鮮)に蔓延している「ウリナリズム」、妄想型の精神病理と相通ずるものが有ります。完治するか、否かは別議論として、専門医のもとで治療されることをお薦めします。
----------

【筆者記】

 国思う活動は、国害勢力から実害を受けておられる方々に味方しますが、精神科医ではないため手立てが無く、以上のような妄想病理に対しては味方しかねますので、ご理解ください。以上、これもメス入れをすべき「タブー」の一つと判断しメモさせていただきます。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20150322006      
咲きのこり 路傍飾るや 花椿
敷島の路傍にて
(壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について
-----
文末挨拶 付記
武士は花を愛でる 付記

-------
敷島の和色465色と四季の繊細 付記
俳句、和歌は敷島の文化 付記

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓健全な問題解決を!と応援くださる方はクリックを!   
20140420003   

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。