--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/02/02(月) 12:03:00 [特亜犯罪]

20121210008   
犯罪と国害互助の温床「パチンコ業界」

20150202001
パチンコ売買名目、6600万円詐取 中古業者社長ら逮捕 警視庁
  
中古パチンコの販売で収入が見込めると装って現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は26日、詐欺容疑で、韓国籍で中古パチンコ販売会社「オムコ」(東京都台東区)社長、孫陽成(59)=同区入谷=ら3容疑者を逮捕した。捜査2課によると、いずれも「だますつもりはなかった」などと容疑を否認している。
-----
 孫容疑者らは中古パチンコの販売で収入が見込めるなどと偽り、千代田区のパチンコリース会社などから総額約130億円の実質的な資金提供を受けていたが、実際は中古パチンコの注文がなく、約15億円分の返済が滞っていた。逮捕容疑は26年2月、パチンコ店から中古パチンコ190台の注文があると偽り、関連会社からの中古パチンコ仕入れ名目でリース会社から約6600万円をだまし取ったとしている。パチンコ業界では、資金繰りのため、金融機関を通さずに、パチンコの売買名目で関連業者間で資金を捻出する慣行があり、孫容疑者らはそれを悪用していたとみられる。産経新聞Web) 平成27年1月26日付記事より「個」の日記の資料として参照 
----------

伝統の「詐取」

 先週3日間ほど更新不能になり、表題の事例もクリップし損なった一つとして、先ずを以っての小稿に参照させていただきたい。舞台は在日韓国・朝鮮籍が八割以上占めている、とその指摘が絶えないパチンコ業界。主人公はその業界の利権の海で泳ぐ在日韓国籍者。そして「お縄」になった事由が「中古パチンコ仕入れ名目でリース会社から約6600万円をだまし取った」との直接容疑である(要旨)と表題(産経紙)は伝えている。

 容疑者の「祖国」・韓国(南朝鮮)の方でも、たとえば同一人口比で照らせば日本に数百倍する詐欺事件の累々が絶えない様子だが、同じDNAのためか在日韓国籍者による国技発揚もまた絶えることがない。
----------

なぜ、犯罪者とその予備軍に特別永住許可を与えるのか

 問うべき根本的な問題点は、未検挙、示談(未起訴)を含めて平均的に年間3000件を超える在日韓国籍者の犯罪もまた他の亜系と同様に絶えないのだが、①. なぜこのような集団に特別永住許可を与え、通名制度を付与し、生保準用をはじめとする福祉や納税の減免、先稿で問題点を指摘した住民投票の「有権者」とし続けて来たのか。②.累々たる犯罪の数多をなぜ外交問題にしないのか。③. 日本領土への不法占拠を典型とする主権侵害と内政干渉、教科書に対する教育干渉を受けながら、なぜ「日韓友好」を是として来たのか。などなど類する不審を筆者は拭えない。

 上記に慨する問題点はまだまだ「泣き寝入り」のごく一側面に過ぎず、かろうじて対峙のスタンスを示し始めている安倍政権の今後を良識が支え、動向に是々非々対応すべきと考える一人だが。もしも、これらの侵蝕を今後も看過し続け、政治、メディアが“日韓友好”の小旗を振り続けるとすれば、いよいよ我々はあたかも“南朝鮮の占領下”に在ると強要されるに等しくなるため要警戒と考える。
----------

過去三年、同様の手口で「計約4億8000万円を詐取」と

 なお、表題お事例では直接容疑こリース会社からの「6600万円詐取だが、さらに別報(時事通信)では「同課(警視庁捜査2課)によると、「3人は2012~14年、同様の手口で同じ会社から計約4億8000万円を詐取したとみられる」としている。

20150202002
時事通信Web) 平成27年1月26日付記事より 
-------

 また「3人は「詐欺ではない」などと供述しているという」としているが、無論、泥棒が「あんた泥棒だろ」と訊かれて「はい、そうです」と答える賊は皆無であるに等しい反応と認識してよい。この系統にもう一つ指摘できることは、自らが「悪いことをしている」という自覚能力に欠ける点である。表題のケースでも、起訴後の法廷戦術の上では“反省の情”などをそれらしく示すのかもしれないが、調査隊が浴びて来た侮言の累々をもとに指摘すれば、所詮は「何で逮捕するのか、差別か?」と。その程度のメンタリティレベルが支配的である。

 表題もまた例外ではなかろう。さればこそ、3年も4年も累々と平然と詐取を重ねて来れたと。そう指摘できる。所詮、この系統は我々日本人の常識感覚では到底測れない「テロりアン(Terroean)」である、との基本認識が民間防衛の一歩となる。
---------

泡銭の海「パチンコ業界」

 表題の事例とは直接関係しないが、上記の容疑者が泳いでいたのも泡銭(あぶくぜに)の海「パチンコ業界」であることには相違ない。衰亡をたどっているとはいえ、年間売り上げがその金額にして我が国の国家予算の六分の一、五分の一にも達する「パチンコ業界」は、それ自体もまたカルト教団と並ぶ民間詐取の双璧と謂える。

 カルトタレントらとの親和性も高く、パチンコ台のモデルや売れなくなった創価タレントらの「どさまわり」イベントの会場ともなっていることは、多くの皆様がご存知のところかと思う。日本を蝕む「朝鮮つながり」の典型と謂えよう。

20150202003
創価とパチンコの「朝鮮つながり」の一例(看板)(昨年の街路にて)

-------

 民間防衛のもう一歩は、「パチンコ」は日本に不要の蟻地獄と。そう認識して一切遊戯しないことだ。パチンコ店を、創価学会会館や通名教会らと同様に減らして行こう。
----------

■ 主な関連稿

「在日の虚構」1 2014/06/04 
----------
在日逮捕「株買収交渉名目詐欺容疑」考 2015/01/24
在日韓国籍逮捕「対北・壁紙不正輸出」考 2015/01/19
在日韓国籍逮捕「偽ブランド品営業」 2015/01/11
在日逮捕「地下銀行不正送金」 2014/10/30

地下銀行「韓国に100億円送金か」考 2014/08/11
韓国籍逮捕「地下銀行運営」考 2014/07/04

----------
韓国・偽証大国の憂鬱 2011/12/18 他、多数
-------
事例付記 韓国軍の悪逆非道 
----------

国体の護持と弥栄を!     

20150201004    
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「パチンコ」廃止を!と応援くださる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。