--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/01/16(金) 10:15:33 [カルト対策]

20121210008   
創価学会番組と化した「NHK大河ドラマ」

20150116003
「創価学会」新年会で「生粋の学会っ子」と紹介された大河主演「井上真央」

 史上初の音楽DVD 10作連続1位の記録を持つジャニーズの滝沢秀明(32)、モデルの小雪と結婚した俳優の松山ケンイチ(29)、そして日本アカデミー賞主演女優賞の井上真央(28)、彼らの共通点はNHK大河ドラマで主役を務めたことだが、それだけではない。実は3人とも創価学会の会員だったのだ。以上、冒頭より。週刊新潮 平成27年1月22日号 購入誌面(P48-49)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成27年1月16日の小稿として

更新を再開します
----------

今年も「NHK大河ドラマ」が変だ

 【読者】 今日(1月12日)の午後12時40分からNHK総合でNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の番宣をしてたのを偶然見たのですが、高杉晋作役の役者(Web)が松下村塾内で同門役に「豊臣秀吉とナポレオンはどっちが強いかのう」と挑発的に訪ねて相手は「時代と武器が異なるから一概に言えぬ」と答えたら高杉役が「ナポレオンに決まってるじゃろ」と反論して喧嘩するシーンが出てきて、これは在日コリアン社員らによってひそかにセリフを書き加えられたのではないか?と感じました。

 今年も昨年の「軍師官兵衛」と同様のさりげない形での反日捏造史観路線で行くものと思われます。

(以上、いただいたご投稿(12日)より)
-------

貴重なご投稿に感謝

 貴重なご投稿に感謝します。今年も「NHK大河ドラマ」ひいては「NHK」に関して不審に思われる点、史実の歪曲、捏造と観られる点など。お気づきになられた事柄をお知らせいただければ幸いです。

 なお、調査隊の一人と調べました。我々が判った範囲でのことですが、高杉晋作がそのような言を配したという記録は存在していません。ご指摘の通り、日本人に非ざる演出、脚本系による創作の注入であろうかと考えます。

 今般の「大河ドラマ」でもまた先例の通り先祖代々我が国の史実を巧みに創り替え、毀損する。その一方で亜系への親しみを視聴者に有形無形に植え付ける。総じてのNHKはその“大仕事をやってのける”算段ではないのかと。嫌な予感で一杯です。
----------

創価学会「広告塔」の積極採用で

 もう一つのNHKの“お役目は、在日通名や帰化系、同和勢力など毀日系の集団を数多の同系信者を通じて束ねる創価学会の広告塔を主演級からちょい役までを「大河ドラマ」制作にあまねく採用し、番組の「創価広告」化にあろうかと拝考せざるを得ません。

 「そぎゃんもん」を一方的に国民に見せておきながら、何が「NHKの受信契約は“国民の義務”です」と来るのか。テレビを置いてNHKを観なければ“日本国民ではない”とでも言いたげにです。テレビを置かない身に対する無礼千万に拝感し得てなりません。

 それはともかく、表題の「井上真央」氏も創価学会信者であったことが判ったと伝える誌面には、そうか今年もかと思いました。多分、来年も(来年も「NHK大河ドラマ」が存在していればの話ですが)出演者に注視をと先ず問いかけたく思います。
---------

「新年勤行会で「生粋の学会っ子」と紹介」と

 件のカンカンカーン「ゴンゴ~レンギキョウ」(そうとしか聞こえない)で始まるのであろう創価学会の「新年勤行会」で、井上真央氏も「生粋の学会っ子」であると。「祖母の代から信仰」している人物である(要旨)として教団内で紹介された」という間接的カミングアウトの様子を誌面は記しています。

 その「紹介」のそもそもの目的は、4月の党一地方選挙へ向けての例によってのF(フレンド)票獲得や創価学会への勧誘のための「話題作り」にあろうことは、あえて創価大学OBの乙骨氏が指摘せずとも良識層には推察し得ることでしょう。

 そうとは知らずに画面に登場する創価タレントに親しみを抱き、ファンになってしまっている視聴者層は創価学会の「格好の標的」とみなして差し支えありません。カルト対策における予備知識のより充実化が民家防衛に通ずることは云うまでもないことですが。
----------

組織が「スター」を創り「広告塔」を生み出す
「カルト広告塔」量産の仕組み

 
 カルト教団は規模が大きくなるほど、教団組織が「スター」を創り出し「広告塔」を生み出す「カルトの広告塔量産の仕組み」が浮き彫りになって来ます。

 皆様からご覧になってみて何で「この程度で」と思えるタレント、歌手らがCDやDVDのベストセラー主になるのかと。そう思われる場面もしばしばかと思いますが、カルト系、特に創価タレントで謂えば創価学会の組織的購入などのバックアップが有ると疑って差し支えありません。ビッグネームになった後で直・間接的にカミングアウトして「そうか」ということになります。

 春うららに「石原さとみも学会員ですよ」とか、「氷川きよしも学会員なのよ」とか言って来ても、「それがどうした」と耳を貸さない。相手にしないことですね。
----------

■ 主な関連稿

創価「握手か」 2014/08/31
創価「ツタヤ図書館」か 2013/06/01
創価「氷川きよし」か 上 2014/05/01
----------

【筆者記】

 NHKの受信契約の勧誘が執拗です。昨年、契約勧誘の文言で「大河ドラマを観たくありませんか? 歴史の勉強になりますよ」と身に云われた事例が有りました。「観たくありません。文献調査等で歴史の勉強は充分できますから。そういう貴方こそ歴史の勉強をしておられるのですか?」と尋ねましたが。ネームプレートが「金〇」さんとあったので、もう話すのも無駄と思いました。執拗な勧誘に向いているのかもしれませんけどね、カルトと同じように。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20150114003    
敷島の路傍にて(壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓広告塔に騙されない日本を!と応援くださる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。