--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/01/12(月) 00:39:41 [特亜犯罪]

20121210008   
在日「空き巣犯罪」-“窃盗先選び”のパターン

20150112001
30府県で病院荒らし疑い 愛媛県警など、男を追送検へ
 
愛媛県警など5府県の合同捜査本部が、全国30府県の病院に侵入し、現金計約2800万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで韓国籍の大阪市生野区桃谷、無職洪義和容疑者(49)=窃盗罪などで公判中=を来週にも追送検し、捜査を終えることが9日、捜査関係者への取材で分かった。
-----
 捜査関係者によると、洪容疑者は2006~14年、鳥取や徳島、大分など30府県の病院を車で回り、裏口から職員控室や休憩室に侵入して職員の財布やキャッシュカードなどを盗んだ疑いが持たれている。窃盗の件数は87件に上る。共同通信/Livedorr NEWSWeb) 平成27年1月9日付記事より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成27年1月9日の小稿

在日韓国籍逮捕「偽ブランド品営業」
世界の迷惑「シナジン」
青少年講座は一般からも参加できるか?
----------

伝統国技「窃盗」

 在日韓国籍者による窃盗犯罪や火付け、性犯罪の被害に遭っても、その後“改心した”はずの犯人から被害者が弁済や賠償を受け得るケースはほとんど無い。特に窃盗被害のケースではほぼ百パーセントに近い非賠償率と伺っている。

 日本人は“植民地時代”に全てを奪って行った。だから盗みや火付けくらいで文句を言うなと。警察、検察に対しても“なぜ日本人に逮捕され、起訴されなければならないのか”と。本質的には、たとえば一部に観られる「法廷戦術のための“改心”偽装」のケースを除けば、ほとんどがその程度のレベルのメンタリティでしかない。

 一方、そこまで酷くないだろう。朝日新聞や教員組合の先生方によれば、日本人だって朝鮮人に酷いことをしたんだし、多少の犯罪被害に遭っても仕方がないと思うとか。被害や泣き寝入りを経験しても良いと。本気でそう思われているような思考が朝日焼け、自虐史観焼けした方は別として、一般庶民の我々は、南北朝鮮の伝統国技「窃盗」対策に関しても彼らの“犯行先”のパターンをあからじめ精査し、防犯のためにパターンをよく先読みしておく必要がある。
----------

在日「空き巣犯罪」-“窃盗先選び”のパターン

 在日韓国籍者に多い「空き巣犯罪」の“窃盗先選び”には少なくとも次のパターンが観られる。大別すれば、① 完全な留守宅や休日のオフィスなどを狙う。このパターンでは複数犯のケースが多い。② 個人宅で有れば一人暮らしや高齢者宅の、多少の隙が生じる時間帯(例えば、就寝中や入浴中など)を狙う。このケースでは強姦や殺傷などの凶悪犯罪を伴うケースが少なくない。

 ③ 公的な施設や小規模オフィス、寺院などを狙う場合は、昼休みなど人目が少ない時間帯の狭間を狙う。後者のケースでは掃除婦や友人の立ち寄りを偽装して建屋に紛れ込むケースも有る。このケースでも同じく国技の偽名や訪問者偽装、偽社員証などを使う犯行も少なくない。静脈認証など生体認証の普及によってこのケースは相応に防ぐことが可能と思われるが。④ 強盗犯とも謂えるが、白昼堂々、水や消化器、印鑑の営業や宅配業者を偽装して有人民家に入り込むパターンなどが挙げられる。

 ごく個人的、且つ基本的な疑問だが、その予備軍を含め、これらの向きに特別永住資格を与え、生保準用で養う必要が有るのか、どうか。我々の世代で明確に問うべきと考える。それはともかく、先ずは以上のパターンを知り、警戒を凝らすことが相応の防犯に通ずるものと。民家防衛調査隊の視座から提案させていただきたい。
----------

「30府県の病院を車で回り」と

 表題の事例では、何と「30府県の病院を車で回り、裏口から職員控室や休憩室に侵入して職員の財布やキャッシュカードなどを盗んだ疑いが持たれている」と。「窃盗の件数は87件に上る」として、「裏口から職員控室や休憩室に侵入して職員の財布やキャッシュカードなどを盗んだ疑いが持たれている。窃盗の件数は87件に上る」としている。

 不労癖を特徴とする「DNA」は、こと悪事ともなればエネルギッシュに変貌する。杜撰癖を伝統とする「DNA」は、こと犯罪ともなれば実に事細かく綿密に成り変わる。犯罪のいずれの分野でも「祖国・南朝鮮」は常に世界のトップレベルに在る。その事由が理解できよう。これらを国家予算まで遣ってお引止めするようjりは、本場の「祖国」へサクッと帰還させて上げるべきだ。
----------

【筆者記】

 多少を問わず「朝日焼け」「自虐焼け」している方々にとっての最大の防犯は、事実、史実をよく知ってそれらの思考焼けから脱することだ。すでに「焼け」が無い良識にとっては、「防犯」はまさかの“差別”には当たらない。日本人と外国籍者の区別も決して“差別”に当たらない。それらのごく当然の筋道を確認、再確認しておかれることがご自身を守り、ご家族や子供さんを守る民家防衛へと通じて行く。
-----------


国体の護持と弥栄を!     

20150111008    
路傍の猫 「厳しいまなざしを」(壁紙)
(平成27年)義広撮影 敷島について

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓日本に居てもらう必要無し!と思われる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。