--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/01/06(火) 22:38:00 [メディア報道の闇]

20121210008   
夕刊フジまで「通名報道」

20150106008
ロッテ総帥長男「怪任」理由の詳細公表せず
  ロッテグループの持ち株会社であるロッテホールディングス(HD)で、グループ創業者、重光武雄会長(92)の長男、宏之副会長(60)が兼務するロッテ商事の社長など、グループ3社の取締役の職を解任された。日本で菓子メーカー大手として知られ、韓国でも財閥グループとして展開するロッテ創業家に何があったのか。以上、冒頭より。夕刊フジ 平成27年1月7日付記事より「個」の日記の資料として参照付記

-------

▼ 平成27年1月6日の小稿として


朴槿恵氏「疑惑幕引き」の憂鬱
書籍「頭をよくする整理のしかた」
----------

通名用日企業「ロッテ」

 ロッテは日本企業ではない。読者の皆様の多くがすでにご存知のことかと思う。創業者一家もまた韓国籍である。創業者でありロッテグループ会長の“重光武雄”氏は「本名・辛格浩(シン・キョクホ)」。ロッテグループ3社の取締役を今回解任(表題)とされる長男・“重光宏之”氏は「本名・辛東主(シン・ドンジュ)」。その辛東主氏と「対立報道もある」(表題)としている「韓国ロッテグループ会長兼千葉ロッテ球団オーナー代行」の次男・“重光昭夫”氏は「本名・辛東彬(シン・ドンビン)」で、いずれも民主党国会議員の誰かさんたちと同様に「朝鮮がペラペラ」とされている。

 日本人ではない者が通名を名乗り、企業の方向性も「用日」(日本利用)に他ならない。あられてのクリップで恐縮だが、下記の有名な韓国(南朝鮮紙)「中央日報」(2009年5月11日付)にもその方向性が明らかに記されている。

 云く「67年に辛会長は韓国にロッテ製菓を設立し、母国への投資を始めた」と。「ロッテグループの関係者は「この時から日本で稼いだ金を韓国に投資し始めたが、韓国で稼いだ金を日本に持って行くことは一度もなかった」と述べた」としている。それで「祖国」南朝鮮でロッテグループを“発展”させて「韓国第5位の財閥グループ」(表題)を築き上げたわけだ。いわば“立志伝”とも謂えるのかもしれないが、通名用日を以って日本を蝕み、枯らして行く「在日の習性」そのものと謂える。

20141011004
「辛格浩ロッテ会長、文学徒から半世紀で40兆ウォンのグループに育成(2)」
中央日報
Web) 2009年5月11日付きじより
----------

夕刊フジまで「通名報道」

 ところが表題(夕刊フジ)の紙面(長男怪任報道記事)は、どうしたことか朝日新聞の記事のように正体に触れることなく通名で埋め尽くされている。

 云く「ロッテグループは重光武雄氏が1948年に創業した非上場企業。チューインガムやチョコレート菓子で急成長し、プロ野球球団も保有している」と。「宏之氏は青山学院大出身で、2011年に父親に代わってロッテ商事社長に就任していた」と。

 さらに「一方、韓国では1967年に韓国ロッテグループを設立し、ホテルやテーマパークなども展開、韓国5位の財閥グループだ。次男の昭夫氏(59)が韓国ロッテグループの会長を務めている」などとし、何も知らない紙面読者が読めば“韓国に進出した日本企業”であるかの錯語を招きかねない論調に映る。どうしてしまったのか。最近、在日民団系や韓国にも信者組織を持つと云われる「幸福の科学」の利権も紙面に入り、同教団の関係者やシンパ、理研関係らの記事が目立つようになった(要旨)、との指摘を読者からいただいて来たが「さもありなん」と謂えるのかもしれない。

 読者諸氏のアドバイスを参考にさせていただき、以降のタブロイド紙の参照(クリップ)についてはより「キーワード」「キーアイテム」の拾い上げのみに絞らせていただくことにした。
----------

日本で何をしているのか

 他所の国(日本)へ入り込んで来て跡目争いとは。同系の創価学会や他のカルト教団、暴力団や一部の思想団体らと同様のパターンではないか。それで陰湿な事件でも発生すれば日本の迷惑に他ならない。内部紛争なら「祖国」へ場を移してやるべきだ。

 春には、読者の皆様と「通名用日企業一覧」「同カルト教団一覧」の概要(情報)を共有できる仕組みをプログレッシブに設けて行くので、静かな商品不選の流れを広げて行くご参考としていただければ幸いである。
----------

■ 主な関連稿


ロッテの黄昏 2014/08/18 
さよなら、ロッテ製品7 2014/06/06 

----------

【筆者記】

 ささやかな「事実共有」の問いかけだが、今後も広げて行けるよう、皆様の応援をお願いする。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。辛抱強く応援くださる皆様に心より感謝します。身近に可能なことを一つでも。本年も宜しくお願いします。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20150106005    
路傍の猫 (壁紙)(平成27年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓さよなら通名用日企業!と思われる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。