--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/25(木) 09:05:42 [安倍内閣の動静]

20121210008   
安倍総理続投、首相談話に期待

20141225002
戦後70年「安倍談話」を注視=歴史認識でけん制強化-中国
 【北京時事】中国外務省の華春瑩副報道局長は24日の定例記者会見で、第3次安倍内閣の発足を「注視している」と述べた上で、「日本が平和発展の道を引き続き歩み、地域の平和と発展を維持・促進するため建設的な役割を果たすよう希望する」とコメントした。中国政府は安倍晋三首相が戦後70年に合わせて発表する談話が「村山談話」などを継承しているか注視しており、靖国神社参拝や歴史認識問題へのけん制を強めるとみられる。以上、冒頭より。時事通信Web) 平成26年12月24日付記事より「個」の日記の資料として参照 
-------

▼ 12月24日の小稿

猫のようにさりげなく
対策「第三者による住民票不正取得」考
断固、更新を続行します
-------

▼ 同23日の小稿

路傍の日の丸
奉祝・天長節 陛下の御意を拝し

尖閣北西「中国の軍事拠点」考
----------

安倍総理続投

 特別国会(会期3日間)の初日(24日)、衆参両院の首班指名で安倍晋三氏が第97代内閣総理大臣に選出となり、総理続投が確定したことに先ずを以って祝意を捧げたい。

 しかしながら、内閣の眼前には外来の国難と累たる内政事情とを控えており、諸策に是々非々は有るとしても、先ずは国民良識が安倍総理を応援、後押ししていくことが重要だ。
----------

「戦後70年」の節目に際し

 経済施策を基軸とする国内での諸政策の推進と共に、明年に「戦後70年」の節目を迎えるに際し、そこで如何に総理が首相談話と内祀を尽されるのか、否かが以降の我が国の方向性すら決定しかねない。それほど重要な局面を迎えることになる。

 我が国にとっての分水嶺であり、さればこそ、一つ一つを成し得る可能性を有する唯一の首長として、安倍総理が職責を継続されることを、先ずを以っての新たな第一歩として良識が底支えして行く必要が有る。
----------

その次は「改憲」議論に

 あくまで筆者の見立てに過ぎないが、経済施策はじめ内政諸事項への対処が軌道に乗れば、必然的に到来するのが「改憲」議論である。多くの読者の皆様が指摘くださったことだが、今般の総選挙の結果は大局を守ったものの、しかし「改憲」からはやや遠のく動静を醸し出すものとなった。

 「改憲」議論が本格化する段となれば、あくまでもその時の状況におよるが、必然的に今度は「改憲」の是非と国民に問う解散・総選挙となる、その可能性は決してゼロとはいえない。その機が到来すればその時こそ、事実上の「護憲派」の公明党との分離を必然とした政局も同時に問う形成となろう。

 その時の復帰へと向けて、今般、残念にも線外となられた前議員諸氏はスタンバイいただき、十分な日常活動を重ねて行っていただきたく考える一人である。
----------

後代から感謝される世代に

 来る時局を良識挙げて有意義、且つ国益に即して力を合わせて克服して行けば、良識の皆様は、新たな国難を乗り越えた世代として、必ずや後代から感謝される存在になるであろうことは論を待たない。

 安倍総理と全国の良識皆様のご健勝をお祈りする。

平成26年12月25日
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。次の更新でまたお会いしましょう。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20141225001    
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓安倍総理を底支して行こう!と応援くださる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。