--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/06(土) 10:54:17 [特亜/四亜]

20121210008   
断交しても「やって行ける」ところを見せろ!

20141206001
1ドル120円、ウォン高も加速 自民圧勝予測で朴政権に大打撃

 
4日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで急落し、約7年4カ月ぶりに一時1ドル=120円台をつけた。衆院選で自民党が圧勝するとの予測も円安を後押しした。一方、韓国ではウォン高がさらに加速、朴槿恵(パク・クネ)政権と韓国経済にとって大打撃となりかねない。
-----
 米景気への先行き期待感や東京などアジア株の上昇に加え、欧州中央銀行(ECB)が来年初めにも本格的な量的金融緩和を実施する可能性が高まったことで円売りドル買いの流れが強まった。以上、冒頭より。夕刊フジ 平成26年12月6日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照
----------

異様だった「民主党政権下」の円安

 国家を挙げて対日毀損に余念が無い韓国(南朝鮮)が、しかし、それでいながらいかに日本に寄生して来たか。その証左の一つが円高(ウォン安)が、自国(南朝鮮)経済への打撃となるとの現象だ。かつての細川・羽田政権下でも異様な円高が起きた。その系譜をご記憶の皆様もおられることかと思うが、お仲間の「朝鮮 人民主党政権」(「民主党」の別称で筆者が命名)下でも異様な円安が続くという怪現象が起きていた。

 持ち前のパクリ文化の典型であり、製品の信頼性ではおしなべて日本製品の8割以下と指摘されて来た工業製品、とりわけスマホが“価格競争に勝って”市場を伸ばし、為替差分の利ザヤを南朝鮮へ運ぶなどの事例にその「円高」の怪現象を照らせば、“祖国同胞の国益”のために、その傀儡の民主党政権が帰化系歴々の財務閣僚らによって環境造りに精を出していたと。そう見なせば判りやすい新たな系譜であった。
----------

学ばない、進歩がない韓国と異なり
整然と為替相場も引き戻す安倍政権の努力

 安倍政権になってから、そうした特異な経済状況を整然とした状態へと是正して行こうとの動きが始まり、為替相場も円安傾向へと転じた。

 それが迷惑だと云わんばかりにクチクチ、クネクネとあれこれクレームし始めたのが南朝鮮である。汝も国家であろうとするならば、そうした自国に不利とも予測し得る為替相場の変動に対しては、事前の国策を資していても不自然ではないところだが。しかし、自前捏造の“慰安婦”などを掲げる“歴史問題”の宣伝と告げ口外交に夢中になって何もして来なかった。それが南朝鮮経済の不振の根本原因であろうに。

 猫だって事象の先読みをし、涼しくなる秋口頃から毛並みを濃くするなどの冬支度くらいはする。教えればどんどん学ぶ。だが南朝鮮は学ばない。百年経っても本質に進歩がない。その病理を自証しているのが現下の、さらには今後に予測し得る惨状ではないのか。救いようがないということだ。
----------

日本と断交しても「やって行ける」ところを見せろ

 紙面は「円安ウォン高基調がさらに進み、(自民優勢が報じられた)4日には一時1円=9・2ウォン台をつけたのだ」として。「サムスン電子や現代自動車など主力の輸出企業が軒並みウォン高ショックで業績を悪化させるなか、韓国の反日路線に妥協しない安倍政権が長期化すれば、外交面でも経済面でも朴政権は窮地に追い込まれる」としている。ということは逆説的に、もしも仮にお仲間の“民主党が優勢”となれば、事は逆になって“祖国同胞”の南朝鮮が活気づく、という事態になる、という傍証とも謂えよう。

 己らを人類のあらゆる文化の起源であるかに謳い、“日本より優れた大国”を自認するのであれば、あれこれとここでも日本に転嫁せず、たとえ日本と断交しても「やって行ける」ところを見せるべきであろう
----------

■ 主な関連稿

中韓「民主党の時代は良かった」 2014/12/03
今冬も「ロッテ不買」を 2014/11/27

-------
▼ 週中の小稿として

博士はどうして目を怪我したのか?
路傍のカップル
三原順子氏「千葉で応援演説」
読者の皆様へ

僧侶コスプレ「韓国窃盗団」考
自民「圧勝予測」報道に触れ

もう、お休みされた方が良いのでは?
祝「はやぶさ2」打ち上げ成功
中韓「民主党の時代は良かった」
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。次の更新でまたお会いしましょう。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20141206002   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓まともに関わりたくない国!と思われる方はクリックを!    
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。