--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/11/12(水) 19:20:00 [特亜犯罪]

20121210008   
通名者らの典型的な犯罪

20141112007
東京・目黒区でタクシー料金払わず運転手殴り逃走 韓国籍男逮捕
 東京・目黒区で10月、タクシーの料金を払わず運転手を殴って逃げた28歳の韓国籍の男が逮捕された。強盗傷害の疑いで逮捕された、会社員で韓国籍の新井和弘こと朴和弘(パク・ファホン)容疑者(28)は、10月23日午前2時ごろ、目黒区五本木の路上で、タクシー料金730円を支払わず、運転手の男性(68)が「警察を呼ぶ」と言い、携帯電話を出すと、男性の顔を殴り、携帯電話を奪って逃走した疑いが持たれている。朴容疑者は、「相手の顔面を殴ったことは覚えていない」と容疑を否認している。 FNN ニュースWeb) 平成26年11月12日付記事より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 週中の小稿として

「解散総選挙」の兆しも
----------

「おかず」のことでも喧嘩するDNA

 今後の参考のため、表題の犯例をクリップさせていただきたい。在日通名「韓国籍」者が、東京都港区の路上で、「タクシー料金730円を支払わず、運転手の男性(68)が「警察を呼ぶ」と言い、携帯電話を出すと、男性の顔を殴り、携帯電話を奪って逃走した疑い」で逮捕されたと伝えるニュース(FNN)である。

 わずかといえば語弊が有るのかもしれないが、「780円」のタクシー代を払わず、運転手が警察に通報するとみて(おそらく)カッとなり、携帯を奪って逃走と。事実とすれば、我々日本人の通常感覚からすれば「料金を払えないのならタクシーを使わない」と。また、「それくらいのことで人を殴るのか」とさえ思えることでも、「恨DNA」系ではカッと火がついて前後の見境(みさかい)がつかなくなる。

 先年伺った捜査関係者のさまざまな話をトレースすればだが、たとえば、刑務所内で配られる食事の「おかず」のことでも、おかずの量で喧嘩する。見境なく暴言を吐き合い、暴行まで働く。そうした猫でさえ驚くような、「さもしさ」を特徴とするメンタリティを有しているので警戒を要する。
----------

「池田大作・メロン事件」もその典型

 前版「博士ん独り言」の先稿でクリップしたことがあるが、上記のカッと火を噴くDNAの犯例で彷彿するのが「池田大作・メロン事件」である。ジャーナリストの内藤國夫氏が月刊誌「諸君!」(現在休刊中)の連載の中で度々記しておられた「事件」だが。会議中、池田大作氏が己の目の前に出されたメロンの一切れが小さく見えたとしてカッとなり、その直後から約40分間も怒鳴り散らしたという事件である。

 いわば、ちょっとしたこと、通常ではどうでも良さそうなことで「怒髪天を衝く」かの如くに激怒する。爆竹のように一度火がついたら弾けまくる。DVの多いのもそのためだ。それがこの手のDNAの皆さんに共通したかの潜在病理であるため、職場のお身近やご近所、町内など。あるいは取引先などにそれらしき人がいれば要注意と考える。
----------

一つの目印は「通名」

 一つの云わざる目印は表題のような典型的な通名だ。たとえば、「新井」さんの場合は中には日本人もいるのかもしれないが、瑣末な身のうら若く短いこれまでの人生経験の中で出くわした(名刺交換した)「新井」さんは計4人いたが、後で在日コリアンと判った「新井」さんばかりであった。その内一人は創価信者であったことも判った。大したご参考にならないかもしれないが、そのことも付記してきたい。

 「見分け」の詳細については、通名や特徴的な性癖の話などを交えつつ調査隊の面々が防衛チャネルの方で皆様に解説・報告して行くものと期待している。
----------

■ 主な関連稿

「在日の虚構」1 2014/06/04
先ず「通名制度」廃止を! 2014/04/23
・本当に通名制度は恐ろしい 2013/12/02
----------

▼ 週初めの小稿として

【第七稿】 APEC「韓国孤立」考
【第六稿】 世界初「8K内視鏡手術」実施
【第五稿】 錦織選手「歴史的 1勝」考
【第四稿】 博士は嫁をもらえ!
【第三稿】
羽生選手が示した日本人の底力
【第二稿】 相模原市「通り魔事件」考
【第一稿】 必要な「是々非々」の視点

----------

【筆者記】

 表題も気色悪い事件だな。そう思いつつ秋の日は暮れてしまった。夕焼けの光に照らし出された丹沢山系の麓の田畑の光景は、「この道やゆく人なしに秋の暮れ」(芭蕉句)の風情を有する敷島のひと時である。短い日の下で、畦道などで日向ぼっこしていたであろう猫たちの帰り路を急ぐ後姿も見えた。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。

 更新をさらに重ね重要な問いかけを進めて行きます。そのため一つでもより目立つ位置に置いていただけるよう、皆様の盛大なるクリック応援をお願いします。辛抱強く応援くださる皆様に心より感謝します。
----------

国体の護持と弥栄を!     

20141112002   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓通名犯罪がいない次世代の日本を!と思われる方はクリックを!   
20121223006  

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。