--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/11/01(土) 14:45:00 [特亜/四亜]

banner20121020001     
強姦「超大国」の近況

20141101011
【新・悪韓論】「韓国軍」士気低下で性犯罪横行
  米国と韓国の間の軍事懸案だった戦時統制権が、少なくとも今後10年間は米軍によって掌握されることになった。半島有事を恐れる立場からは「めでたし」だが、韓国軍の士気の低下は、目を覆うべくもない。金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両元大統領の10年にわたる左翼政権が、今日の「弱い韓国軍」をつくった原因と思うが、内部からは「弱きをくじく強姦」のニュースが尽きない。以上、冒頭より。夕刊フジ 平成26年10月30日号 購入紙面(5面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 11月の小稿として

小笠原「不審船急増」考
韓国籍逮捕者「地下銀行」の顔
----------

韓国軍の“士気低下”と

 参考のため、室谷克実氏の英邁な指摘稿を折々クリップさせていただいている。その室谷氏が「韓国(南朝鮮)軍」の近況を伝える同氏の最新記事をクリップさせていただきたい。

 最近、つとに士気低下が指摘されている南朝鮮軍だが、室谷氏が「金大中、盧武鉉両元大統領の10年にわたる左翼政権が、今日の「弱い韓国軍」をつくった原因と思う」と指摘されている経緯は確かに背景的な要因として挙げられよう。その結果、今日の事故、事件が絶えない実態の横行が加速しているものと拝考する。
----------

女性下士官を「性醜行」と

 室谷氏は、「韓国陸軍では10月9日、ソウル首都圏に本部を置く師団で、師団長(少将)が部下の女性下士官を「性醜行」した容疑で軍警(憲兵隊)に逮捕された」との事例を紹介。そこで「「性醜行」の意味に言及されてはいるが、真相は未報道のようだが、果たして。

 自国の軍警察に逮捕されるほどならば、おそらく軽微な罪ではあるまい。室谷氏が「軍の権威は落ちるところまで落ちているとはいえ、それでも「将軍様」(チャングンニム)は、実質的には身分制度がある韓国で「絶対に偉いお方」だ。日本語で言う「セクハラ」ぐらいで逮捕されるはずがない」と指摘されている通りではないか。
----------

最近一年間で「性犯罪で処罰を受けた将兵は、計587人」と

 さらに、それから「2週間とたたない同月22日には、首都軍団隷下の師団に所属する陸軍中佐が「部下の女性軍人とともに今年9月中旬に酒を飲み、近隣のモーテルに連れて行き乱暴した疑いで拘束された」(ハンギョレ新聞、10月23日)との事例を紹介。

 その「記事の末尾の部分が、とても興味深い」として。「軍内性犯罪は、毎年急増しているが、処罰は甘いことが分かった。国防省が、国会法司委に提出した国政監査資料によると、昨年6月から今年7月にかけて、性的暴行や買春などの性犯罪で処罰を受けた将兵は、計587人と、前年同期間(431人)より36%増えた」と。

 さらに「国会法司委所属のセヌリ党の洪日杓(ホン・イルピョ)議員が、軍事裁判所から提出を受けた資料によると、10年から今年6月までの5年間、女軍被害犯罪は132件であり、そのうち83件は強姦やセクハラなどの性犯罪だったが、実刑判決を受けた事例はわずか3件だったことが、分かった」と紹介。それも同国内では処罰も軽微で“優遇”されているかの数値だ。事実とすれば、凄まじい数値である。軍の名を借りた性犯罪集団とも謂えよう。さすが性犯罪の多さでは世界のトップレベルを激走する南朝鮮だけのことはある。

 室谷氏の貢献によって南朝鮮の近況が広く周知されるようになった。感謝を捧げ、益々のご健筆をお祈りする。
----------

安全保障から外すべき「韓国」

 日本に関わる問題は、このような性犯罪集団が安全保障の尻馬に乗っていることだ。このような軍隊が何らかの有事でもしも日本に“支援”などの名目で一時でも一部が駐留するような事態が発生した時は、どさくさに紛れて何に奔るか分からない。ベトナムでの事例は決して過去のものではなく、彼(か)の系統のDNAによるものとみなせる史実に照らしても、我が国の婦女子の安全と命に懸念を覚えてならないのは筆者だけだろうか。

 そもそも官民挙げての対外的な嘘八百の上塗りと、宗主国(支那)への回帰とみられる親密な二重外交を展開する懲りない国家病理に照らせば、現下の安全保障は南朝鮮「保護」のために働くとしても、では、南朝鮮自身が自国外の安全保障に機能するのか問えば到底機能し得まい。

 そのような次第で、最近、米国内でも議論が起きている様子だが、それ以前から同国を安全保障から外すべきと。外して安全保障の「ねじれ」をスッキリと解消し、断交への道筋もなす。そもそも日本を敵国とみなして来た同国を明らかな防衛対象とすべきとブログのみならず、ささやかならが内外に問うて来た次第である。この点についても、国思う書簡活動等を通じてこれからも欧米の識者らに問うて行くつもりだ。
----------

■ 主な関連稿

進む日米豪「対中包囲網」考 2014/09/09
韓国「日米韓から脱落寸前」 2014/07/06 
日米機密協定「韓国陥落寸前」考 2014/03/25
安全保障から外すべき、信用ならぬ「韓国」 2014/02/18 
----------
讀賣「韓国の真実」2 2014/10/18

韓国で急増「外国人レイプ」 2014/09/09
寄生大国・韓国の正体 2014/09/01 

強姦超大国・韓国の正体 2014/08/28 
韓国「強制収容施設」考 2014/08/15
動画「朝鮮進駐軍」考 2014/05/18 
【動画】南朝鮮の実態 2014/05/15 

-------
事例付記 韓国軍の悪逆非道 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。辛抱強く応援くださる皆様に心より感謝します。
----------

 幸いにも、高速更新を連休中も継続できることになりました。どうかお見逃しなく、お誘いの上、一人でもより多くの皆様のご訪問をお待ちしています。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20141101003   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓安全保障から外すべき!と思われる方はクリックを!  
banner20121020001 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。