2014/10/31(金) 01:58:00 [選外推奨議員/完全引退すべき方々]

banner20121020001     
都知事「外遊」にも効果測定を

20141031001
就任9カ月“外遊6回”「舛添都知事」の費用対効果

 興味深い誌面をクリップさせてただく。週刊新潮 平成26年11月6日号 購入誌面(P156)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 更新再開(29日)後の小稿として

韓国籍逮捕「売春エステ営業」
在日逮捕「地下銀行不正送金」
韓国「竹島に地震計設置」
整形大国「韓国」の憂鬱 2

韓国籍逮捕「女性殺害」
中国人逮捕「紙おむつ万引き」
更新を再開します

----------

具体的に「意味有る」海外出張か?

 今後の参考のため表題誌面をクリップさせていただきたい。舛添要一氏(都知事)の就任後(約9か月間)の海外出張の頻度が高く、関わる費用が少額ではない様子。

 誌面は「今年2月に就任して以降、6回目の海外出張のため、10月27日に欧州へ旅立った」と同氏の近況を紹介。この6回目以前の海外出張として「ソチ五輪視察のため、2月にロシアを訪れたのを皮切りに、4月の中国・北京、7月の韓国・ソウル、9月のロシア・トムスク、韓国・仁川と、外遊を繰り返しているのである」と。

 さらに「これまでの視察でも友好都市との関係強化や、2020年の東京五輪の参考にするという名目がついてまわりましたが、福祉など内政に直結するテーマならまだしも、具体的な成果が見えにくいのが現状です(都政担当記者)」との指摘を紹介。さらに。「9月の都議会では、選挙応援を受けた自民党からも、“都政の課題が山積する中、海外出張の優先順位が高いとは思えない”と、代表質問で釘をさされる始末だ」と、議会質問の一部も紹介している。

 外務大臣ではなく、地方自治体の首長(都知事)として、果たして、それらが具体的に「意味有る」海外出張なのか、どうか。庶民の眼から拝察しても不信感がつのる。というより、7月の韓国外遊で韓国(南朝鮮)と朴大統領に媚を売り、同国の冬季五輪(2018年)への支援を約束して来た事例から察すれば、日本の名誉をむしろ貶めてはいまいか。
----------

少額とは謂えない出張経費

 一方、出張経費の方は、「2月のソチ訪問は3149万円、4月の北京訪問は1094万3000円です。その他についても、精算が終わり次第、順次報告させていただきます(知事本局)」としている。事実とすれば、判明分だけでも決して少額とは謂えまい。

 それが舛添氏のポケットマネーを資してのことなら「まだしも」、これらは全て税金であることから察すれば、果たして納税都民に胸を張って説明し得るものなのか、どうか。別の意味での「外遊」の意味合いは有りはしないか。と舛添氏に庶民が尋ねたところで、日本人のメンタリティには非ざる厚顔無恥な同氏のスタンスからすれば、「何だよ、オレは都知事だぞ」で煙幕を張って終りなのかもしれない。

 あえて指摘すれば、朝鮮系特有とも謂える「役得」のメンタリティが窺えてならない。良き目に観ても、飛行機のマイレージポイントを稼ぐのが目的ではないか、とされ疑いたくなるところだ。
----------

「費用対効果」の測定を

 同氏の加害出張については、他の諸事業の評価の一環として、且つあくまでもの「公人」の最たる責任職として、都への「費用対効果」の客観的な測定をして都議会という「公」の場で説明を求めるのも一つではないか。それをクリアできなければ職責に価わざる「無駄遣い」と位置付け、都庫への返金を求めるとか、過酷な場合は罷免とするような仕組み作りが有って良さそうなものだ。

 舛添都知事の今後の「海外出張」の動向と共に、都議会での動向もまた注視に価しよう。
----------

■ 主な関連稿

舛添都知事「瑕疵は全くない」 2014/09/10
舛添要一氏「DNA」の馬脚 2014/08/04
舛添知事リコールを! 2014/07/28
----------

【筆者記】

 以上は、私人が自費と自らの時間を資しての外遊ならば、個人の自由であり「まだしも」だが。「公人」の最たる人物が貴重な公費と都政への時間を割いてまでして、その価値は有るのかという問いかけである。

 且つその状況は、在日外国籍者による生保・不正受給や不法滞在・残留者が集中している都においてのことだ。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。ツイート、FBの皆様にフォローをいただき有り難く存じます。事実の指摘は悪口ではなく、事実のさらなる掘り下げと周知に必要不可欠です。辛抱強く応援くださる皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20141030005   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓無駄と判れば罷免も!と思われる方はクリックを!
  
banner20121020001 

Trackback

トラックバックURLはこちら