--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/05(日) 04:39:00 [落書き帳]

20120917007    
のらくろくんの消息

 【読者】 ご多忙の中、様々な事柄を広範に取り上げられている島津博士の問いかけは参考になります。路傍の写真にも心がなごみます。私も頑張らなければと励まされる場面も多いです。「路傍の猫」にも博士が問われて来た「心の豊かさ」をしみじみ感じています。ところで、最近のらくろくんが登場していないのが心配です。元気なのでしょうか。

 これからも末永くブログを続けていただきたく、陰ながら応援しています。

(以上、いただいたご投稿(5日)より)
-------

のらくろくんは元気です

 貴重なご投稿をいただき有難うございます。のらくろくんは元気です。ただ、付近にはいじめ目的で捕まえようとしたり、石を投げたりする人がいるらしく。明るい時間帯はほとんど姿を現さなくなっています。

 夜明け前の空が明るくなり始める時間帯では、ほとんどの場合会うことができます。他に人通りがなければ、路傍の木々の間や塀の隙間から小さな声で「ニャーォォ(ボクはここです)」と声をかけてくれる。この猫おやじについては信頼してくれているようです。

 一生懸命撫でてあげたり、きれいなタオルを持っていれば拭いてあげたりしながら、「元気でいてくれて有難う」と。感謝しています。

20141005001
のらくろくん(近撮)
----------

動物嫌いは「嫌い」で構わないが

 猫、あるいは犬にアレルギーを有する方がおられるのは、私も重々承知しています。人は千差万別で然りと思います。ただ、それにもそれにも節度が有ってまた然りと思います。

 嫌いだからといって、弾けた花火のように虐待や暴力に奔るとすれば、それは敷島人のメンタリティとは謂えない。嫌いなら嫌いなりの整然としたマナーが有って良い。次世代を担う子供たちが、大人たちのそれらを必ずどこかで観ているからでもあります。

 ふと機会ある時に点検してみていただきたい一つでもあります。
----------

■ 主な関連稿

お礼を言いに来た猫 2011/09/14
----------

【筆者記】

 のらくろくんは小柄な猫で、虎影(弟子)のおよそ半分以下であることが抱っこしてみると判ります。これからも元気でいてほしい。そう願っています。
-----------

▼ 平成26年10月4日
 
おしらせ
-----

▼ 週末稿として

【第四稿】 自民「吉田証言の影響検証」特別委設置へ
【第三稿】 【要警戒】台風18号北上
【第二稿】 ご都合「朝日慰安婦検証第三者委」考
【第一稿】
鹿児島県議会「河野談話見直し」政府に要請

----------

国体の護持と弥栄を!     

20141004003   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓品位と心豊かな敷島を!と応援くださる方はクリックを!  
20120917007 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。