--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/04(土) 12:36:00 [明るいニュース]

20120917007    
鹿児島県議会
「河野談話見直し」政府に要請


20141004006
「河野談話見直し」意見書 鹿児島県議会、政府に要請
 
慰安婦をめぐる朝日新聞の虚偽報道問題で、鹿児島県議会は9月定例議会最終日の3日、自民党県議団が提案した慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しや、高校教科書の慰安婦に関する不適正な記述の是正を政府に求める意見書を賛成多数で可決した。
-----
 議会終了後、同県議団の吉留(よしどめ)厚宏会長は産経新聞の取材に対し、「慰安婦問題は国内問題にとどまらず、日韓関係のネックになっている。未来志向の日韓関係を築くためにも、事実に基づき議論を整理しなければならない」と述べた。
-----
 意見書は、朝日新聞が慰安婦に関する一部記事を誤報と認めたことに関し、「歴史的事実を踏まえない虚偽報道を繰り返してきた朝日新聞や一部報道機関への批判が相次ぎ、作成過程に問題がある河野談話を現内閣が継承することに疑問が上がっている」とした。政府に対し、河野談話を見直し、国家の名誉と尊厳を回復する新たな談話を発表することを要望している。加えて、慰安婦をめぐり「連行された」などとする高校の歴史教科書の記述を改めることも求めた。都道府県議会で河野談話見直しなどの意見書を可決したのは鹿児島が初めて。産経新聞 平成26年10月4日朝刊 購入紙面(1面)より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成26年10月4日


おしらせ
----------

全国に先駆けて

 表題は、「慰安婦をめぐる朝日新聞の虚偽報道問題で」として、「鹿児島県議会は9月定例議会最終日の3日、自民党県議団が提案した慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しや、高校教科書の慰安婦に関する不適正な記述の是正を政府に求める意見書を賛成多数で可決した」と伝える紙面(産経新聞)である。

 動向を先稿にクリップさせていただいたが、地方議会では全国に先駆けての意見書採択には重要な意義がある。公の議会の粛々たる意見書としてピンポイントで政府に届くからだ。採択を推進した同自民県議団と心を同じくされる全国通津浦々の議員諸氏が同様の動きを広めていかれることを祈らずにおれない。且つ、心有る有権者の皆様には、最寄りの地方議員、ひいては議員団に要望を寄せられ、動きを起こされることを。
----------

「日韓関係」云々はまとめの意味で

 紙面は「議会終了後、同県議団の吉留(よしどめ)厚宏会長は産経新聞の取材に対し、「慰安婦問題は国内問題にとどまらず、日韓関係のネックになっている。未来志向の日韓関係を築くためにも、事実に基づき議論を整理しなければならない」と述べた」としている。

 論旨は、自民党内にも存在する親韓派をも「議員団」草稿の意見書に募り集約する意味での文言であって、必ずしも「日韓関係」“改善”のための「河野談話見直し」の要求がメインではない。そう解読しておく必要がある。要請のメインは、朝日新聞の一連の虚報(意図的な虚報であって、ミスの意味を含む“誤報”とはいえない)を正す上で、次世代へも負荷、国害を残しかねない「河野談話」の見直しと教科書記述の是正を求めるものだ。

 全国の地方議会から同主旨の意見書が政府に集まれば、事を動かす大きな力になる。是非共、この動きが広がることを。
----------

■ 主な関連稿

鹿児島県議会が「河野談話」見直し求める意見書採択へ 2014/10/02
----------

【筆者記】

 無論、敷島民間防衛調査会議からも意見書を申し上げるが、他、通名制度の廃止など項目は多岐に渡り、現時点で意見書まとめが計19項目に達している。これら要領についても、機会有れば心有る地方議員諸氏への「地方議会意見書」推進への働きかけに役立てていただけるよう、10月第3週よりまとめの冊子を全国の有志に郵送する。
----------


国体の護持と弥栄を!     

20141002010   
敷島の紫陽花(県議団のグッドジョブを祝して咲いたのかも)(壁紙)(平成26年)10月義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「河野談話」見直しを!と応援くださる方はクリックを!  
20120917007 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。