--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/11(木) 10:58:00 [ドットCOM殿式]

20120917007    
変なデマをバラまくな

 【メッセージ】 >デング熱が「蚊」を媒介して広がる一方で、デング熱感染者を刺した「蚊」も媒介役となる。 変なデマをバラまかないでもらいたい。仏様の罰が当たって頭に毒が回っているでは? 偽善者の腐れブログが!


(以上、いただいたメッセージ(11日)より
-------

▼ メッセージの対象稿

舛添都知事「瑕疵は全くない」
-----------

HIV「注射針感染」と同様

 メッセージをいただき感謝します。「デング熱」感染者を刺した蚊も新たな媒介となる。それについて先週末、同窓の専門家に連絡し確認しました。たとえば「HIV」の感染で、いわゆる「注射針の使い回し」が拡大原因の一つになっているのと同様(要旨)であることを再確認しました。そうした背景をもとにご指摘の文言も書いています。

 「仏様の罰」が頭に回って書いているわけではありませんし、「偽善者」は皆さんの「センセー」の方でしょう。
----------

蝉の大量死も

 蚊の駆除のために薬剤が散布されるわけですが、盛夏が過ぎた後とはいえ、また止むを得ないこととはいえ、蝉や他の昆虫の大量死も起きているとのことです。メディアが報じないことですが、結果、日本の街々の公園の四季の風情まで壊していく外来の伝染病は本当に迷惑です。

 元栓を閉めて行きましょう。
----------

▼ 平成26年9月10日

舛添都知事「瑕疵は全くない」
デング熱「メディア報道」考

----------


国体の護持と弥栄を!     

20140909003   
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓外来伝染病から日本を護ろう!
と応援くださる方はクリックを!  
20120917007 


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。