--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/26(土) 00:15:00 [国際時事(注意報)]

baner20121001   
飛んで火に入る「舛添訪韓」

20140726001
舛添と会談する 朴槿惠の魂胆
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は25日午前、ソウルを訪問している東京都の舛添要一知事と青瓦台で会談した。朴氏が韓国で日本の政治家と公式に会うのは、昨年2月の就任時以来、初めて。中国の習近平国家主席にすり寄り、世界各国で「告げ口」外交を展開する朴氏は、慰安婦問題を会談冒頭で持ち出すなど、いつもの「反日」姿勢をあらわにした。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年7月26日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成26年7月25日

猫がいなくなったって?
中国「埋め立て軍事基地を建設中」考
韓国人の動物虐待を観て

----------

引き合うDNAのゆえか


 公人の場合、とりわけ国会議員や地方自治体の首長などの重職になるほど「DNA情報、ならびに帰化歴を含む家系情報」を広く国民に開示すべきと。そう問うて来た一人である。特に、舛添要一氏(東京都知事)の最近の言動にその必要性を拝考し得てならないのだが、いかがか。

 舛添氏の訪韓は、朴氏との「互いのDNA」が引き合い、誘い合うゆえかもしれないと。そうとでも拝察しなければ理解し難いパフォーマンスに映ってならない。
----------

飛んで火に入る舛添訪韓

 表題は、「朴氏が韓国で日本の政治家と公式に会うのは、昨年2月の就任時以来、初めて」とする紙面だが、舛添氏が本当に「日本の政治家」と謂えるのか、どうか。福山哲郎氏のような存在ではないのかと。疑義が絶えない。

 紙面は、朴氏は、舛添氏に歓迎の意を伝えた後で「(慰安婦問題は)普遍的な人権問題で、真摯な態度で解決できる」と。「正しい歴史認識を共有し、関係を安定的に発展できるよう、知事も努力してほしい」と「自国の歴史認識を一方的に押し付けた」と。一方、「舛添氏は4月の旅客船「セウォル号」沈没事故について弔意と哀悼の意を表明したうえで、訪韓前に安倍首相から託された「日韓関係を改善したい」とのメッセージを朴氏に伝えた」としている。

 そもそも「朴氏が、舛添氏と会談した魂胆は何なのか」と。紙面は、室谷克実氏の指摘を紹介している。云く「朴氏としては『ちょうどいい人が来た』と小躍りしているのではないか」といい、こう続けた」として、「世界各国では『韓国は、中国の属国・奴隷になりつつある』との見方が広まっている。さらに、韓国メディアも最近、朴政権の対日外交を批判し始めている」と。

 「朴氏や側近は『このままではマズイ』『どこかに風穴を開けたい』と考えていたのだろう。そんな時、韓国に好意的な舛添氏が訪韓した。韓国メディアも『舛添氏は、安倍首相とは違う』などと持ち上げている。『これはいい』と飛びついたのだろう」と指摘しておられる。要は、日本にとっては何のメリットもないが、韓国(南朝鮮)いとっては「渡りに船」とも謂うべき、飛んで火に入る「舛添訪韓」だったわけだ。
-----------

個人の趣味で都民、国民を巻き込むな

 紙面は「舛添氏には、くれぐれも朴氏に利用されないよう、老婆心ながらご注意を申し上げたい」と結んでいる。メディアには公開しないとして、舛添氏と朴氏との会談の詳細は未だ伝えられていないが、有りがちな「御用聞き」さながらの売国的な“受注”や“約束”を勝手にして来なければ「まだしも」なのだが。せめて舛添「要一」氏が「用日」氏にならないことを。

 仮に、たとえば、良識がまさかと危惧している“平昌冬季五輪へ全面協力”であるとか、“都内への大量移民の受け入れ”であるとか。「私は安倍さんとは違う」などと言って、勝手に“お誓い”を立てたりするようなことが有れば、仮に、舛添氏が何らかの異変で都知事を途中辞任するようなことが有っても、南朝鮮側からすれば、“日本が我々に約束したことだ”と解釈して、「千年」つきまとわれるケースも有り得るであろう。己こそ約束を守らない国であることを棚に上げてだ。
----------

舛添要一氏の家系情報の開示を

 帰化歴の有無については、以前から舛添要一氏に指摘されて来たことだ。未だ「DNA情報、ならびに帰化歴を含む家系情報」が法制化への端緒についていないにしても、特例として開示いただきたいものだ。

 そもそも国会議員もさながらだが、地方自治体の首長として帰化歴を有する工作員のような存在を税金で養う余裕がこの日本に有るのか、どうか。生保の不正受給問題と同様に、解決のために良識が問うべき一つと拝考する。
----------

■ 主な関連稿

韓国首相候補「袋だたき」と 2014/06/14 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、さらに事実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

国体の護持と弥栄を!   

20140725005
敷島の路傍にて(壁紙)(平成26年)義広撮影 敷島について
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓韓国の思惑に乗るな!と思われる方はクリックを!  
baner20121001 


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。