--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/08(火) 07:52:00 [特亜犯罪]

20130527005   
銃を持つ「職業不詳」中国人が

20140708001
中国籍の男 妻射殺 池袋・喫茶店 夫婦間トラブルか
 東京都豊島区池袋のホテル1階の喫茶店で6日午後10時40分ごろ、中国籍の何梅娟(かばいけん)さん(51)が男に拳銃であごと胸を撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。男は現場近くで店員に取り押さえられ、警視庁池袋署が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。逮捕されたのは、何さんの夫で中国籍の曹剣平(そうけんへい)容疑者(54)=板橋区大谷口上町。組織犯罪対策2課によると、黙秘している。以上、冒頭より/ 産経新聞 平成26年7月8日朝刊 購入紙面(31面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成26年7月7日

台風8号接近
創価「公明党が裏切り」か
野菜サラダとパンと水
----------

「無職」「職業不詳」の外国籍者が在留し得る日本

 表題は、池袋(東京都豊島区)のホテルで、一昨日(6日)夜に、中国(支那)籍者による殺人事件が発生。殺害相手は同国籍の妻であったとの報。被疑者の男は現場近くで取り押さえられたが、病院へ搬送された被害者が死亡が確認され、容疑が「殺人未遂」から「殺人」へと置き換わった。男は黙秘しているとの一報である。

 民間防衛の視座から指摘すべき点は少なくとも2つ有る。一つは、夫が「職業不詳」の外国籍者一家が何故日本に住んでいるのか。もう一つは、犯行に使用した拳銃の入手経路の謎である。

 “一般に”、こうした支那国籍者や韓国(南朝鮮)籍者が引き起こす刑事事件、凶悪犯罪では、容疑者が「無職」か「職業不詳」のケースが圧倒的に多い。それゆえ、被害者に対する賠償能力を保有しておらず、日本人が不測の被害者となった場合も何ら賠償もひいては謝罪も無く、泣き寝入りを強いられるケースがほとんどである。そのような外国籍者が何故、この日本で在留し得るのか、筆者には不思議であるし、先ずを以って皆様に問いかけさせていただきたい一つである。
----------

どこから銃を手に入れたのか

 表題で犯行に使用した拳銃だが、この殺人現行犯がそれを何処から入手したか。その点の解明(報道)がなされるのか、否か。強い関心を持ちつつ注視したい。というのも、たとえば尖閣で支那が“有事”と判断する事態が発生した際に、日本国内の在日支那人(つまり支那国籍者)を皆兵化する「国防総動員法」を実施する可能性が高く、その際に、上記の場合の拳銃のような凶器が騒乱の武器として用いられる可能性もまた否定できないからだ。

 夫婦間に諍いが有ったとはいえ、妻でさえ射殺するメンタリティは彼らにとって決して特異なものではない。むしろ“一般的”とさえ指摘し得る事跡が彼らの史実に照らしても、且つ同国の食人文化の伝統に照らしめてみても、ひいては且つ凶悪な日本国内での事件の数多に照らしても、日本人の常識尺度では決して測り得ないおぞましい実態が存在して来たからである。
-----------

池袋が危うい
 
 港区に在留している支那国籍者は同区の総人口に比して7%を超えようとしている。且つ、同区に胚胎するコミュニティや繁華街、非合法組織などへの出入りする支那国籍者の動態的な支那国籍者をそれに加えれば、特に池袋では、ピーク時にはすでに一割をゆうに超えているものと調査隊は分析している。

  指摘すべきは、それほど多くの支那国籍者が「国防総動員法」発令の際に、相応に大規模な騒乱を起こす可能性についてである。彼らのおぞましい実態については、元警視庁の坂東忠信氏がかなりお詳しいものと拝察するが。

 現時点から、少なくとも「無職」の支那国籍者(無論、南北朝鮮籍者も同様だが)の在留打ち切り(勿論、筋の通らない生活保護の付与も打ち切り)母国への送還と、日本への渡航の厳格化が必要だ。先ず、帝都「東京」を護ることが日本を護り行くことに通ずる。
----------

【筆者記】

 あくまでも敷島調査隊の調べ(本件についてはサンプリング調査が主である)によるものだが、男性で謂えば、支那国籍者の八割、南朝鮮籍者の九割がナイフを携帯している。宗隷それぞれのDNAが火を噴いた際に、それが平然と犯罪(脅迫におる金品収奪や脅しによる性犯罪など)の具となり、殺傷の具となり得るのでこちらも要注意である。筆者にも不法者から切り付けられた経験が二度有る。だが、誰でも身心に一定の準備を整然となしておけば撃退は十分に可能と今は体感している。

 それも含めての撃退法(ご自身の護身とご家族を守る方法)については、調査隊隊員の方からブログ、勉強会などを通じて皆様にお伝えして行ければと思う。福翁の先見の明が今を照らしている。良識皆の手で、外来の賊らに荒らされない次代を毅然と築いて行こう。
----------

 機器の老朽化による度々の故障と修復のため更新が遅々としていますが、皆様の応援をお願いします。
----------


国体の護持と弥栄を!  

20140707008
敷島の紫陽花(壁紙)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓銃を持った亜賊がいない日本を!と応援くださる方はクリックを!  
20130527005 





Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。