--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/30(月) 09:26:00 [明るいニュース]

20130527005   
室谷氏評価「ようやく手を打った」

20140630001
安倍政権、韓国人売春婦を締め出しか ワーキングホリデー制度悪用者を相次ぎ強制送還  韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「青少年交流や留学などといった本来の目的から外れ、悪用されてきた」といい、ワーキングホリデー制度が“売春婦輸出”の隠れみのとなってきたと指摘した。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年6月29日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成26年6月29日

両陛下、沖縄に行幸啓せらる
-----
米国際バレエ大会「金」「銀」独占
北朝鮮「弾道ミサイル発射」考
夢の素材「ナノセルロース」考

----------

今年から26歳以上の韓国籍女性の
入国(ワーキングホリデービザ発給)を認めなくなった

 表題は、今年から26歳以上の韓国(南朝鮮)籍女性の入国(ワーキングホリデービザ発給)を認めなくなった。その「安倍晋三政権が取ったとされる措置が、韓国国内で波紋を広げている」と伝える紙面である。

 「韓国メディアは「日本政府による、韓国人売春婦の締め出しではないか」と分析している」として、「韓国・聯合ニュースは15日付で《ここ数年、制度を悪用して日本で売春していた韓国人女性が、相次ぎ強制送還されたことが影響したとの見方が出ている》と指摘し、日本側の変化を次のように報じた」と。

 その聯合ニュースが、「《今年4~6月期のワーキングホリデービザの審査合格者は723人で、前年同期(1461人)の半分以下。1~3月期も880人で、前年同期(1652人)の約半分に落ち込んでいる」。「2、3年前までは90%台だった合格率も70%台にまで下がった。最大の要因は、26歳以上の女性の審査合格率がほぼ0%。男性は30歳までビザ発給が認められている》」と報じた内容を紙面は引用している。
----------

「26歳以上」に符合する「南朝鮮籍」売娼層の傾向

 紙面は、「日本国内にいる韓国人売春婦の人数について、確かなデータは存在しない」として。「ただ、2010年10月、韓国・女性家庭省に対する国会国政監査で、金玉伊(キム・オクイ)議員が「海外に約10万人の韓国人売春婦がいる」「このうち、日本では最多の約5万人が働いている」と語っている」、と件の「5万人」に上る“対日輸出”の実態に触れている。南朝鮮の国会内で挙げられた数値とすれば一つの参考に出来よう。

 調査隊がメルマガ「特亜犯罪」で挙げた南朝鮮籍風俗(女性)の検挙事例では、確かに26歳以上がほとんどである。あらぬブームも手伝ってか、30代以上の中年齢世が目立ち、中には70歳を超える検挙者もいる。いわば、南朝鮮系の売娼層は高年齢へとへシフトして来ている傾向にあり、まさに、上記の「26歳以上」「ワーキングホリデービザ発給ゼロ」はその傾向に事実上対応している。

 ひょっとするとこれも総理の大技かもしれない。
----------

室谷氏評価「ようやく手を打った]

 この政府対応の傾向について紙面は、「室谷氏は「今まではワーキングホリデー制度を見直そうとしても、自民党の韓国好きのベテラン議員が『青少年の交流のためだ』などといって邪魔をしてきた。ようやく手を打った」と、安倍政権を評価する」との指摘を紹介。

 「朴槿恵(パク・クネ)大統領の「反日外交」で、日韓関係は冷え込んだままだ。こうしたなかで、長らくアンタッチャブルだった制度見直しに着手できたとすれば、不幸中の幸いと言うべきかもしれない」と結んでいる。日韓“冷却”とされる現状は決して「不幸」ではなく、それ自体が国害流入に対しての歯止めとなる「幸い」に違いないと筆者は観ているが。

 先ずは当該層に対する「ワーキングホリデービザ発給」がゼロになった。このことも歓迎する。安倍政権になって以来、在日を含む南朝鮮籍者への一斉捜査など、犯罪捜査が厳正化し、検挙、強制送還が増大していることは確かだ。先年(平成25年)は事実上約4000人を超え、民主党政権下での年平均の9倍以上(調査隊「齋藤」班の分析)との概算も出ている。

 公明党を政権から分離すれば、かつて公明党が圧し進めて“実現”した「ビザ無し短期渡航」も廃止への運びとなるに違いないと。敷島調査隊は確信している。
----------

■ 主な関連稿

片山さつき氏「外国人政策は性善説ではダメ」 2014/06/25 
摘発「最大級の韓国クラブ」考 2014/06/02 

----------

 老朽化による機器の度々の故障と修復のため更新が遅々としていますが、皆様の応援をお願いします。
----------


国体の護持と弥栄を!  

20140630002
路傍にて(猫)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓国害は全面禁輸に!と応援くださる方はクリックを!  
20130527005 




Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。