--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/22(日) 20:10:00 [特亜/四亜]

20130527005   
自らは謝罪、賠償しない支那

20140622006
中国・習近平政権 ベトナムの「反中史観」非難 自らの「反日」は棚上げ
 【北京=牧野田亨】南シナ海での中国の石油掘削に抗議してベトナムで起きた「反中暴動」について、習近平(シージンピン)政権は、ベトナムの「反中史観」を原因に挙げて非難する宣伝を行っている。中国で繰り返される「反日暴動」の背景には共産党政権の「反日教育」があるとされているだけに、北京の知識人の間には「ベトナムを批判する資格はないのでは」との声もある。以上、冒頭より/ 讀賣新聞 平成26年6月22日朝刊 購入紙面(7面)より「個」の日記の資料として参照 付記

-----
▼ ご協力をお願いします(6月22日作成)
 
アンケート 河野洋平氏を国会証人喚問に招致すべきか?
-----
▼ 平成26年6月22日、他の稿

良質な日本製タオル
変節「アーミテージ氏」考 
-----
▼ 平成26年6月21日
 
キムチは大丈夫?2 
河野談話の正体明るみに
お知らせ 

----------

己を棚上げする支那

 表題は、「中国誌「国家人文歴史」が最近、掲載した記事によると」として、「ハノイの歴史博物館では紀元前から近代まで、ほぼすべての展示で、「中国の侵略者」に対するベトナムの人々の英雄的活躍が称賛されているという」と。ベトナムで起きた反中抗議暴動について、「習近平(シージンピン)政権は、ベトナムの「反中史観」を原因に挙げて非難する宣伝を行っている」と伝える紙面である。

 紙面は、「ベトナムの歴史観では、秦の始皇帝のベトナム支配が「侵略の開始」とされる。後漢時代に反乱を起こしたベトナムの指導者は今も民族の英雄として扱われている。1974年、88年にそれぞれパラセル(西沙)、スプラトリー(南沙)諸島を中国に武力で奪われたことを強調。パラセルでの戦闘後、ベトナム政府系の出版社が発行した歴史書には「ベトナム史は中国の侵略史だ」と記されているという」としている。ハノイの歴史博物館の展示は史実に迫るものではないか。

 支那が雲南省としている地域も元々はベトナム領であった(要旨)との指摘が一部でなされているが、それが事実としても、現在のベトナムの国域が支那の一部としてでhなく独立して存在しているのも、同国なりの歴史的な国土防衛が有ったがゆえであろうことは瑣末な眼にも十分に拝察し得ることである。
----------

他国史を書き変え、歴史までも変造する

 支那のメンタリティでは、他国を自国領として奪取した後に、抵抗する民族の血を薄め、その国の領土があたかも歴史的に自国領であったかに歴史まで変造することを伝統の是としている。

 その意味で、台湾、沖縄がその事前の危機に面していると謂える。特に沖縄県に対しては、事前から傀儡ならびに一部メディアを通じての変造史観の「植え付け」がなされており、沖縄県八重山地区の教科書採択を巡る一連の騒動の背景には、この支那の陰影が露骨に見えてくるのは筆者一人ではあるまい。

 支那が自らの手を汚すことなく沖縄県で独立宣言をなさしめ、無血解放(侵攻)を成就せしめんとするがゆえである。分析の上で指摘しておくが、地方主権を底に敷いた「大阪都」構想もまた、同様の手法のともとに、ひいての西日本の日本からの分断と独立をなさしめんとする解放政策の一環と見抜いて差し支えない。
----------

自らは謝罪、賠償しない支那

 それにしても、「中国の国際問題専門紙「環球時報」は「独立戦争やベトナム戦争で中国から受けた援助を覆い隠している。歴史の事実を偏らせ、中国を敵視する教育が今回の極端な民族主義の爆発を招いた」と批判する研究者の論文を載せた。中国共産党関係者は「ベトナム政府が反中教育で求心力を高めている」と分析している」と実態を表題(紙面)が指摘する通り、自らの「反日」はすっかり棚上げし、他国に転嫁せしめるかの態度は中国共産党の「いつもの」面目躍如といったことろか。

 己が謝罪をしないのに他国にあれこれ因縁をつけて謝罪させんとする。己に非が有れども謝罪、賠償するDNAは猫のまつ毛の毛先ほども無い。以って無数の命を犠牲にした惨劇の上に“成り立つ”。チベット、東トルキスタンの惨状がそのおぞましいDNAを実証している。

 断じて日本には手出しさせてはならない。カナダでは富裕層などの移民受け入れを中止し、英国では1000人単位で支那人留学生の送還を開始している事実を、我が国においての見直しの機にすべきと考える一人である。

 フリーチベット、フリーウィグルを忘れてはならない。
----------

■ 主な関連稿

夕刊フジ「支那の正体」2 2014/06/15 
夕刊フジ「支那の正体」 2014/06/13  

----------

【筆者記】

 「中国との間でもしも有事になれば、ユニクロやイオンで買い物が出来なくなるが、それでいいのか」という問いを先日メールでいただいた。騒乱を招く有事は望まないが、たとえ有事にはなくても、ユニクロやイオンの世話になっていないため「影響」はない。これが筆者からお送りした答えであった。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真相を掘り出し、その共有のために不可欠です。クリック応援をお願いします。辛抱強く応援くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140620005
敷島の紫陽花(壁紙)平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓中国の本質を皆知らせよう!と応援くださる方はクリックを!  
20130527005 




Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。