--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/16(月) 00:31:00 [国思う注意報/提案]

20130527005   
ニュースレビュー ネットバンキング不正
中国から指示「被害6億円」

20140616001 20140616002
中国から指示 被害6億円 ネットバンキング不正 送金役逮捕
 
インターネットバンキング利用者の口座から不正送金された現金を引き出し、中国に送ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は11日、東京都江戸川区南小岩7、無職、林秀美容疑者(42)ら20~40代の中国人の男女計13人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑などで逮捕したと発表した。
-------
 同課によると、林容疑者らは「中国にいる首謀者の指示を受け、国際郵便で送られてきたキャッシュカードで現金を引き出し、中国に送金していた」などと供述。これまで引き出し役の中国人が摘発されるケースはあったが、中国への送金役が逮捕されるのは初めてで、中国の首謀者の存在が確認されたのも初めて。昨年以降、200件約6億円の不正送金に関与したとみて実態解明を進める。以上、冒頭より/ 毎日新聞 平成26年6月11日夕刊 購入紙面(11面)より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成26年6月15日の稿

路傍の紫陽花(平成26年)8
夕刊フジ「支那の正体」2
日本圧勝「国際世論調査」考

---------ー

「リン・シュウビ」容疑者

 ニュースレビューながら、良識の皆様にとり幾つかの要注意と思われる点を内包しているため、紙面をクリップさせていただきたい。表題はネットバンキングの不正(最新の検挙事例)を伝え、「これまで引き出し役の中国人が摘発されるケースはあったが、中国への送金役が逮捕されるのは初めてで、中国の首謀者の存在が確認されたのも初めて」と。「昨年以降、200件6億円の不正送金に関与したとみて事態解明を進める」と伝える紙面である。

 先ず指摘すべきは、容疑者の名前である。「林秀美」とあり「はやしひでみ」と読み違えやすいが、支那人容疑者の「リン・シュウビ」であり、日本人関与の犯罪であるかの印象を受けやすいため、メディアは読み仮名を付すべきであることだ。さもなくば、第二「通名報道」とも指摘すべき誤解を招きやすい。
----------

容疑者は弁償しない

 もう一つ指摘すべきは、日本からの現金収奪に等しいこうした犯罪でも、容疑者らが挙げられるのみで、口座被害者へ弁償するケースは極めて稀であることだ。

 被害者の口座が保険でカバーされるケースも有っても、しかし、表題のケースでも「6億円」はそのまま支那に消えたままになる可能性が否定できない。つまり、容疑者を逮捕・起訴してもそのほとんどが三食付きの刑務所での刑期を科すのみであり、ひいては「6億円」が支那の“収入”で終わる。

 支那人のさもしいメンタリティからすれば、手先が日本で捕まっても先ず中国共産党政府のように処刑したりしない。日本の税金で“食住”には困ることはないし、医療も受けられる。刑期が終われば返って来れる。万一、支那国内で逮捕されても、犯人引き渡し条約も無いため時間稼ぎが出来る。送金させた現金は仲間がロンダリングするなりして使える、という次第である。
----------

渡航制限と厳罰化のための法整備を

 ネットバンキング、詐欺、窃盗、スリでもその“法則性”は共通しており、「無職」の外国籍者を日本国内に放置してしまうそれ自体が犯罪の大きな温床と指摘せざるを得ない状況が有る。支那人の在留資格においては「無職」になれば抹消し、直ちに母国へ送還する。

 韓国(南朝鮮)の場合も同様で、さらに犯罪の温床となって来た短期渡航ノービザを直ちに廃止し、一日の観光でもビザ発行を必須とする。一日でもオーバーステイになれば、直ちに不法残留者として母国へ送還する。強制送還の前歴を持つ者は無期限で再入国不可とする。日本人の安全と命と財産とを守るために、そうした法整備が今後になされるべきと考える。
---------

民間防衛の不正対策を

 表題の事例もまた、ウイルス感染か、または「フィッシング」の手法による犯罪であろう。ネットバンキングやネットでクレジットカードを使用される方は、個人のセキュリティの強化と予防策の共有を可能な限り日々新たに努めることが重要かと考える。

 あくまで、窃盗や詐欺被害の事例を目の当たりにして来た民間防衛調査の視点からだが、それまで被害には未経験であったケースで、自身は大丈夫(だろう)との油断が大なり小なり有った。そうしたケースが実に多い。

 月並みだが、世の被害事例を他山の石として、お手許に当てて警戒されることがあらぬ被害の未然の防止に通ずることは云うまでもない。敷島の安全と家族を護ろう。
----------

■ 主な関連稿

中国発信「SNSサイバー攻撃」考 2014/06/05
「ルーター更新」ウィルスにご用心 
2014/06/03
悪用される「匿名SIM」考 
2014/06/02
【要警戒】「W杯ウイルス出没」考 2014/06/01
身代金要求型ウイルス広がる 2014/05/27 

ウイルス感染「PC1万5千台」考 2013/08/09

----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真相を掘り出し、その共有のために不可欠です。クリック応援をお願いします。辛抱強く応援くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140614006
敷島の紫陽花(壁紙)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「被害泣き寝入り」不要の日本を!と思われる方はクリックを!  
20130527005 


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。