--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/01(日) 11:18:00 [特亜/四亜]

20130527005   
テキサス親父
「河野洋平氏に公開討論申し入れ」と

20140601005
テキ サス親父が挑む 河野洋平氏との“直接対決”同日同会場で講演 公開討論申し入れ 日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野談話」を発表した河野洋平元衆院議長(77)に、「テキサス親父」こと米評論家のトニー・マラーノ氏(65)が“直接対決”を挑む。2人は来月、山口市民会館で同じ日に講演会を開くため、関係者が公開討論を申し入れたのだ。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年6月1日号 購入紙面(2面)より「個」の日記に資料として参照
-------

▼ 平成26年6月1日、他の稿

路傍の紫陽花(平成26年)3
----------

河野洋平氏と同日同会場に

 今後の参考のため、紙面をクリップさせていただきたい。表題は、テキサス親父ことトニーマラーノ氏と「河野談話」の当事者・河野洋平氏が、「来月、山口市民会館で同じ日に講演会を開く」ため、マラーノ氏を招待した「関係者が(河野氏へ文書で公開討論を申し入れた」と伝える記事である。

 マラーノ氏は、「河野談話の撤廃を求めるグループ「歴史認識を糺す実行委員会・山口」の招待で「隣室の展示ホールで講演を行う」と。「同グループは「慰安婦の真実パネル展」も開き、慰安婦問題の矛盾点や疑念を訴える」としている。

 その同会場で同日、「河野氏は、山口の民間企業が主催する「山口市民文化大学」の講師として登壇する予定。会場は市民会館大ホールだ」と。たまたまの「巡り合わせ」か、それとも「天の配剤」か。「審判の日」か。
-----------

「日本と日本人の名誉のために、2人で討論してほしい」と

 「実行委員会山口」の「加治満正氏は「国民が注目する慰安婦問題について、まったく意見の違う2人が同時刻に同じ市民会館にいる。ぜひ、日本と日本人の名誉のために、2人で討論してほしい」と。先ず「マラーノ氏が快諾したため、河野氏の自宅にも27日、参加を呼び掛ける文書を郵送した。衆院議長まで務めた政治家なら、堂々と参加してくれるのではないか」と語る」としている。

 無論、討論会開催を期待する。だが、河野氏が申し入れを受け入れられるのか。それとも、何時もの黙殺で逃げの一手とされるのかは現時点では定かではないが、今般の後者の可能性は否定できないのではないか、との観方もある。動向を注視したい。
----------

河野氏が「黙殺」に出れば

 河野氏が、たとえば「予定上、申入れには当日対応できないが、後日にあらためて機会を設けたい」とするなどの対応を見せれば「まだしも」だが、無視無反応の「黙殺」にもしも伏すようなことがあれば尋常の沙汰ではない。産経紙面などへ「申し入れ文書」と黙殺にいたった経緯を克明に知らせ、同紙面で記事にしていただく方途が有ろうかと考える。何らかの形で当ブログもお手伝いしたい。

 なぜならば「河野談話」を踏み台に、新たな対日国家毀損の事例が相次いでいるからだ。「韓国系団体が、米バージニア州フェアファクス群に設置した「慰安婦」碑の除幕式が5月30日に行われた」と。「群庁舎の敷地内に置かれた碑には「20万人を超える女性と少女が、強制的に性的奴隷にされた」などの史実を歪曲した文が刻まれている」としている。

20140601006
産経新聞 平成26年6月1日朝刊 購入紙面(2面)より
----------

韓国系の虚構宣伝に加担(=)米国の「

 これに対し、「在米日本大使館は群や連邦政府、議会の関係者などに慰安婦問題を政治問題にするべきではなく、碑の設置は日本政府の立場と相いれない、と伝えている」と。さらに「①日本政府は公式に謝罪している②「アジア女性基金」を通じ「償い金」を届けている③「20万人」根拠がないなど、韓国側の主張には誤りがある―などと説明した」としている。

 先稿で指摘したが、事有るごとに示すこの外務省筋の、“慰安婦問題は存在していたが謝罪・賠償済みである”(要旨)とする“説明”にも問題が有る。韓国(南朝鮮)の捏造史観をあかたも“事実”と認めた上での言質の域を出ず、こうした“見解”を垂れるほど、火に油を注ぐかのように南朝鮮系を増長させているからで、抜本的な史実見直しが必要不可欠である。

 マラーノ氏が指摘されるように、ワシントンの国立公文書館にも「慰安婦=戦時高給売春婦」と記された公文書が実在しており、ロビー活動でいかに籠絡されたとはいえ、かくなる南朝鮮系の虚構の碑や式典を許すことは自国保管の公文書にも記される「史実」否定に通じ、米国自体が恥を晒す「国家的不名誉」に通ずる。むしろ米国は、自国の「恥」をなす「恥知らず」な南朝鮮系を糾すべき筋道に在る。マラーノ氏の存在は貴重だ。益々のご活躍をお祈りする。
----------

■ 主な関連稿

テキサス親父「オバマ大統領は勉強不足だ」考 2014/04/27 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。室温が摂氏40度を超えましたが良いサウナ加減です。問いかけの稿を増やしてまいります。貴重なクリック応援をくださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140531010
敷島の紫陽花(壁紙大判)(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓「河野談話」無実化を!と思われる方はクリックを!  
20130527005 


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。