2014/05/18(日) 21:05:00 [国思う注意報/提案]

 20140420003  
下調べを要する「歯医者さん」選び

20140518005 
歯削る機器、7割使い回し 感染研調査 滅菌せず 院内感染懸念
  
歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。
-----
 調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。以上、冒頭より/ 讀賣新聞 平成26年5月18日朝刊 購入紙面(1面)より「個」の日記の資料として参照
-------

▼ 平成26年5月18日、他の稿

第二稿 生保「準用」撤廃で「不正受給」放逐を!
第一稿 創価「行使容認に慎重な見解」か
----------

歯を削る医療機器を滅菌せず
「使い回している歯科医療機関が約7割」と

 民間防衛に資する今後の参考のため、紙面をクリップさせていただきたい。表題は、「歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった」と伝える紙面(讀賣新聞)である。調査結果については、「特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た」としている。

  「滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった」と。その一方、「「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた」と伝えている。

 但し、上記の結果は特定の「891施設(そのうち28%)から回答を得た」とするもので、一つの参考にはなるが、しかし、全国に存在している約6万8000件の歯科医院(Web)に上記の結果がそのまま当てはまるものかといえば、必ずしもそうではないと。その視点からご参考としてしていただける一つかと考える。
----------

あらかじめ評判を聞き、調べてから

 無論、不特定多数の患者の中にはHIV感染者はじめその他の感染症のキャリアが存在していても不思議ではない。本来なら、患者ごとに滅菌処理した器具を使っていただくのが対「院内感染予防」の意味で適正であることは云うまでもないが。人手不足などでつい使い回しをしてしまう、との事例が少なくない様子。

 もしも皆様が歯科医院での治療を必要とされる際は、利用しようとお考えの歯科医院が在れば、前評判を聞かれることが一つかと思う。加えて、そうした際に、歯科医院が在る地柄や、通っている患者の概要を調べておかれるのも一つかと思う。たとえば、都内のどこぞのように特亜民が密集する地柄に在り、歯科医も通名者で、患者もその系統が多いとあれば、別の歯科医院を探される方が無難なのかも知れない。
----------

直に問い合わせてみられる方法も

 その上で適切と思われる医院が見つかれば、多少の労を要するが、あるいは直接、問い合わせてみられるのも一つかと思う。そこでもしも火賊のように「ブチ切れる」ような対応が見られれば、厳しい話かもしれないが、通名医院の可能性も否定できないため、さらに歯科医院を探す必要が有るのかもしれない。

 ご自身や大切なご家族が、万一の感染症を貰ってしまうリスクを予め先取りして考えれば、問い合わせや調査を重ねられる労苦はさほどのものではないはず。

 一方、由緒正しく立派に歯科医院を開業しておられる医師方々におかれては、患者に触れる器具類についても確として滅菌処理をされていると。その旨アピールされると一般に判りやすくなるのではないか。

 皆様の益々のご健勝をお祈りする。
-------
付記 オリジナリティの保持と出典明示を厳守
----------

▼ 平成26年5月17日の稿

第三稿 総理福島訪問「他県と全く違いはない」考
第二稿 中国人逮捕「ED治療薬、無許可販売」考
第一稿 夕刊フジ「南朝鮮の実態」6

-----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。この19日で、ブログランキングへの復帰30日目の節目を迎えます。さらに問いかけの稿を増やしてまいります。ご訪問くださり、孤立無権益の当ブログへの絶大なクリック応援をくださる読者の皆様に心より感謝します。
-----------


国体の護持と弥栄を! 

20140518001
路傍にて(壁紙大判)(平成26年) 義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓【参考になった!】と応援くださる方はクリックを! 
20140420003


Trackback

トラックバックURLはこちら