--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/16(金) 23:40:00 [ドットCOM殿式]

 20140420003  
朝鮮人「悪逆の史実」の徹底周知を

 【読者】 日々の御活動に感謝いたしております。動物への虐待のみならず、人への悪逆非道(戦後の半島や日本国内での蛮行)を思うと、発狂しそうになります。骨の髄までしみ込んだ嗜虐性により、日本人が強制連行だの、性奴隷にした、等々を彼らは本気で信じているのかもしれないと思うようになりました。

 恐らく、多くに日本人は『金が目的だろう』と、憐れみの心から、反撃もせずにいたのではないかと考えるようになりました。私たちも、あのおぞましい半島人によって被害の事実を繰り返し繰り返し、周知していく必要があると思います。オバマ大統領の言葉に従って、何が起こったのかをハッキリさせるべきだと思います。どうか十二分にお気をつけられて、ご活躍くださいますようお願い申し上げます。

(以上、いただいたご投稿(16日)より)
-------

▼ ご投稿の対象稿

韓国人の動物虐待を観て 
----------

我が使命として

 貴重なご投稿に感謝します。ご指摘の、過去から現在にいたるまでの朝鮮人の蛮行には到底「人」とは認識し得ない底無しの毒性を私も痛感しています。

 幾多の先人、そして敷島人全体に加えられている虚構による毀損は、死しても看過し難く私も自覚しています。そこで昨夏構想した「南朝鮮の虚構」〈先ずは英文版)の執筆と編集、仕上げを可能な限り早い時期になし、海外の出版社を通じての「事実にもとづく」反駁書として、諸国に問うてまいりたく構想しています。

 隊員らのブログ、ネット発信が地道な軌道に乗った時に、私の方はそれに取り掛かるつもりです。
----------

「南朝鮮の虚構」と共に悪逆の史実を世界に問う

 構成は、戦後混乱期に居残った在日らが日本人になした殺傷、性犯罪とその後の彼らとその子孫らが織りなして来た悪行(カルト宗教、暴力団、高利貸し、日本人偽装、保守偽装による毀日団体の実態など)の悉くを綴り、さらに、南朝鮮の方こそ史実である軍事管理売春、ライダイハンとベトナムでの悪逆、竹島への領土侵害と日本漁民に対する殺傷。

 そして、それら己らの史実を隠す目的での虚構の対日毀損の虚構性をくまなく指摘してまいります。二年計画で全三、四巻ほどのスケールになる見通しです。その間、これまでと同様、たとえば居酒屋等へ寄る余裕も、余暇も無いでしょう。
----------

我が使命として

 命は狙われるでしょう。書きたくても狙われるのを忌避して当たり障りのないことを並べている著名人も少なくないと思います。しかし、それでは病巣を看過してしまうに等しい。

 危害、攻撃は実際の調査活動の方ではごく日常的なものになっていますし、いちいち騒ぐつもりもない。言いようのない嫌気がさす時は正直有りますが、誇れる武士の後孫は、高楊枝を口に堂々と在るべきと心得ています。事実を以って敷島への汚名を晴らす。礎の一つとなる。それがささやかな身の使命であると気付きました。

 おぞましいDNAとは縁遠い次世代の日本をと。心有る皆様とその願いを一つに、ささやかな立場からも可能なことを尽くしてまいります。
----------

▼ 平成26年5月16日、他の稿

第四稿 テキサス親父「中国の侵略行為への対処法」
第三稿 猫が幼児を救う
第二稿 中国「埋め立て軍事基地を建設中」考
第三稿 韓国人の動物虐待を観て

----------


 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。猫のように淡々と問いかけの稿を増やしてまいります。ご訪問くださり、当ブログへのクリック応援をくださる読者の皆様に心より感謝します。

----------


国体の護持と弥栄を! 

20140516002
路傍にて(平成26年) 義広撮影 
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓【脱亜断韓の次世代を!】と応援くださる方はクリックを! 
20140420003


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。