--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/02(金) 18:08:00 [メディア報道の闇]

 20140420003  
政府雇いの「泣き女」か

20140502007
朴大統領弔問にやらせ疑惑

 韓国・珍島(チンド)沖での旅客船「セウォル号」沈没事故で、朴槿恵(パク・クネ)大統領がソウル郊外・安山の合同焼香所を弔問した際、朴氏と抱擁した老女の正体をめぐって波紋が広がっている。犠牲者遺族から大統領府側の「仕込み」ではないかとの疑問が浮上しているのだ。当局側は打ち消しに躍起だが、事故対応の遅さに遺族から猛烈な批判を浴びせられる朴氏だけに簡単には収まりそうにない。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年5月2日号 購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

-------

▼ 平成26年5月2日、他の稿


夕刊フジ「南朝鮮の実態」3
----------

抱擁老女に疑惑が

 今後の参考のため、紙面をクリップさせていただきたい。、朴槿恵(パク・クネ)大統領が、件の「韓国・珍島(チンド)沖での旅客船「セウォル号」沈没事故」の犠牲者を弔う安山の合同焼香所(ソウル郊外)を弔問(4月29日)した際、写真報道で大々的に報じられた朴氏と老女との抱擁シーンをお見知り置きの読者も多くおられることと思う。

20140502008
夕刊フジ 平成26年5月1日号紙面より
注・遺族が詰め寄った一幕かと報じられたが、朴氏へ駆け寄っての抱擁シーンであったとのこと。

-------

 だが、その老女について、「犠牲者遺族から30日になって「見たことのない人で遺族かどうか疑問だ」との声が上がり、老女が赤っぽいマニキュアをしていたことなどから本物の遺族とは思えないとの指摘も出ている」と報ずる紙面である。目を潤ませた朴氏とセットで「感動的な報道演出」をなし、朴氏への情状を誘導するがための、韓国(南朝鮮)政府側の「仕込み」ではないかと疑惑が浮上しているとのこと。
----------

政府雇いの「泣き女」か

 その件について、「韓国メディアは、朴氏が「遺族」を慰める場面を当局側が事前に準備し、やらせで演出したのではないかとの疑惑を報道。大統領府の報道官は、焼香所には多くの人がおり「誰がどういう人なのか分からなかった」と説明、朴氏が訪れたときは警護上の理由から、遺族以外は入場が禁じられていたなどとやらせ疑惑を打ち消している」としているが。

 しかし、「だが、韓国メディアなどによると、遺族しか入れないはずなのに、この老女は「自分は遺族ではなく、たまたま献花台を訪れた」と話していたといい、当局の説明と食い違う部分もある」と。

 老女の「自分は遺族ではなく」との発言が事実とすれば、その正体は同国政府雇いの伝統の「泣き女」かもしれず、何故、朴氏とその女性との感動的なシーンが大きく報じられたのか、あえての説明が付くのかもしれない。
----------

伝統のデタラメ、嘘、ゴマカシに加えて「仕込み」と

 デタラメ、嘘、ゴマカシがてんこ盛りの南朝鮮政府、ひいては同国の上下万民の実態をあらためて認識出来る一つと謂えるのかもしれない。それに加えて「仕込み」とは。あくまでも皮肉だが、なかなか新鮮な響きにさえ感じられる。

 南朝鮮の凄まじいまでの実態を遠くより日々拝察するにつけ、「へえ」「はあ」「またか」と。新たな“感銘”さえ覚える今日この頃である。
-------

■ 主な関連稿

敵陣で献花した安倍総理 2014/04/30
----------

  読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。連休中もさらに問いかけの稿を増やしてまいります。盛大なるクリック応援をお願いし、ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------


国体の護持と弥栄を! 

20140502001
路傍にて(平成26年)義広撮影
----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008

↓【韓国は信用できない!】と思われる方はクリックを! 
20140420003   

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。