--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/19(土) 19:15:00 [国思う注意報/提案]

弱みに付け込む、朝鮮「騙し」の伝統文化

20140419005
客船事故悪用の詐欺横行=「金出せば救出」-韓国
 【珍島時事】韓国南西部・珍島沖で起きた客船沈没事故の乗客家族や報道によると、子どもの生存を願う行方不明者家族の心理を悪用し、「金を出せば救出してあげる」と持ち掛ける詐欺が横行している。さらに、事故を利用した携帯メールによるハッキングも見つかった。韓国通信社ニューシスによると、民間潜水業者の関係者と名乗る人物が行方不明者家族に接近し、「1億ウォン(約990万円)を出せば子供たちを船から救い出す」と誘う事例があったという。家族らは、こうした詐欺に引っ掛からないよう呼び掛け合っている。時事通信Web) 平成26年4月19日付記事より「個」の日記の資料として参照

----------

▼ 平成26年4月19日、他の稿

韓国「後進国の大惨事」考
路傍の躑躅(つつじ)満開
-------

朝鮮「騙し」の伝統文化

 表題は、「韓国南西部・珍島沖で起きた客船沈没事故の乗客家族や報道によると」として、「子どもの生存を願う行方不明者家族の心理を悪用し、「金を出せば救出してあげる」と持ち掛ける詐欺が横行している」と伝えるニュース(時事通信)である。事実とすれば、ここでも人の弱みに衝け込む、朝鮮の「騙し」の伝統文化発揚の一つと謂えよう。

 朝鮮系が関わる「金出せば」の「騙し」迷惑は、日本国内でも、たとえば、カルト教団や通名教会。悪徳高利貸しや悪質風俗、パチンコ賭博。暴力団の「みかじめ料」や民主党のような通名政治結社による政党助成金詐取。貸し剥がしファンドや架空の投資勧誘、マルチビジネス、援けて詐欺、暴力バーにいたるまで。まだまだ数多と在るが、巷の隅々で実証済みだ。
----------

乏しい、免疫、防衛に資すべき情報

 これらが消滅するだけでも、日本は相応に整然さを取り戻せるはずだが。日本人の情報難民化、ひいてはその多数化(朝鮮化)への流れも多分に影響しているためと。そう観ることも出来る。

 しかし、その病理の根幹は、通名報道を社是とする多くのメディアらがそれらが国害であり、且つ「タブー」によって「正体」を報じないため、被害者が未だに絶えないと。そう観る一人である。

 日本を怪しめるそれらの他系DNAがもたらす病理、病巣に深いメスを入れ、免疫、防衛に資すべき情報を一人でもより多くの心ある皆様との共有を図る。次代のために、無数の良識によりそれらを国内から放逐して行ければと。その発意と覚悟が、ブログランキング復帰の事由でもある。
----------

「騙し」に翻弄されない日本を

  表題は、今般の大惨事での「騙し」の事例の一つとして、「韓国通信社ニューシスによると」として、「民間潜水業者の関係者と名乗る人物が行方不明者家族に接近し、「1億ウォン(約990万円)を出せば子供たちを船から救い出す」と誘う事例があったという」としている。
 
 民間防衛を問う視点から指摘すれば、朝鮮「騙し」に共通している一つは「騙し逃げ」が数々の事例を占めていることだ。捕まっても起訴されても、被害者への謝罪・賠償をなしたという事例はほとんど無い。
 
 さらにもう一つ指摘すれば、「懲りない」DNAさながらに(ゆえに「コリアン」と呼ぶとも調査隊は認識)、通名を変え、“業界”を変え“看板”を変える。あるいは政党を変えるなどしてまた「同じこと」(騙し)をやる。その癒えぬ病的な生態にある。伝統文化の発揚は“祖国”でどうぞと。そうも問いつつ、皆様への問いかけ、提案、警鐘を呈してまいりたい。
----------

■ 主な関連稿


韓国企業「技術ドロボウ”の悪辣」 2014/03/20
韓国籍「診断書偽造し保険金詐取」考 2013/11/07
韓国「衝動的殺人・放火が急増」考 2013/09/19 
-------
韓国人逮捕「地下銀行」考 2013/09/14 
【読者】日本の不幸「朝鮮人」 2013/09/12 
-----
精神病国家「韓国」の憂鬱 2 2013/09/02 
教訓「トリカブト中毒」に学ぶ 2012/04/09  他多数
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

国体の護持と弥栄を!

20140419006
路傍にて(躑躅)(壁紙)

----------

携帯からも応援を↓
http://blog.with2.net/link.php?1627008


【距離を広げて断韓断交を!】と思われる方はクリックを!

20130527007 


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。