--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/02(日) 17:28:00 [国思う注意報/提案]

支那発・汚染大気に煙る街路

 国内でも「PM2.5」で知られて来た支那(China)発・汚染大気が、南関東の神奈川県にも本格的に到来しています。

20140202001 
煙る街路(2日・藤沢市)
----------

街路で注意を呼びかける

 たまたま仮所に立ち寄った調査隊隊員と共に、大気サンプル採取(タイヤチューブ)のために一回りして来ました。川沿いの遊歩道でジョギングをしている人にも注意を呼びかけ、なけなしの対策マスク(*1)を1枚ずつ提供しました。

 中には銀髪の外国籍者もいました。米国籍者と判り英語が通じたため、この大気状態では危険。汚染物質が中華人民共和国から流れて来ている(要旨)と呼びかけたところ、「知らなかった」と。手渡したマスクを受け取り、「だから日本は安心できる、とても親切だ」と感謝の言葉をくれました。

 また、幸い隊員がリュックの中に持参していたので、「南朝鮮の慰安婦の虚構は、米国の名誉も著しく侵害するものである。貴国の名誉と尊厳を守るためにも、南朝鮮、支那の「米国利用」には一切応じることなく、虚構を退けていただきたい」(要旨)とのレターサイズの国思う新聞(英語版)(*2)も手渡しました。

 それはともかく、「PM2.5」に関してはもっと自治体でも対策すべきではないかと。そう思います。たとえば、「光化学スモッグ」のケースでは盛んに警報を発するけれども、支那発汚染大気には何も警報が有りません。敷島調査隊からも意見書は呈するつもりでいますが。先ずは、身近に可能な対策をと。皆様に問いかけたく思います。健康を守り、日本を護りましょう。
----------

▼ 付記: 

*1.基礎研究活動のため終夜作業については今後お休みしますが、昨秋から冬にかけての終夜作業で得た交通費を配布用マスク購入に充当しました。

*2.同じく終夜作業で得た費用の一部を費やし、制作した国思う新聞(英版、西版)の印刷を逐次進めています。詳しくはメルマガ、チャンネル敷島にて。
----------

■ 主な関連稿

対「PM2.5」日本製マスクが続々登場 2013/04/17 
----------

【註】 一般に、たとえば、メディアは「韓国」と表記していますが、国際表記では「南朝鮮(South Korea)」であり、同様に「韓国人」「韓国語」も正しくは「朝鮮人(Korean)」「朝鮮語(Korean Language)のです。朝鮮人(Korean)についても同様です。たとえば、フランス人、イタリア人と同じように「朝鮮人」との呼称を用いる方が事実認識がより正確になります。まさかの“差別”などでは有り得ず、たとえば、ドイツ人、スペイン人と呼ぶように、国籍本国をそれぞれ区別しての呼称に他なりません。 (本分面については、時々挿入させていただいています)
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

国体の護持と弥栄を!

20140202002
路傍にて(木立ち)
----------


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。