--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/02(月) 12:20:00 [安倍内閣の動静]

20130606001
自民県連「辺野古移設容認を正式決定」

▼ 平成25年12月2日、他の稿

【第二稿】両陛下、市民らと交流
【第一稿】お詫びと月末に際し

----------

発想の転換と十分な説明を

20131202004
辺野古移設容認を正式決定
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、自民党沖縄県連は1日、那覇市内で総務会を開き、「県外移設」の方針を変更し、「あらゆる選択肢を排除しない」として、同県名護市辺野古への移設を容認することを正式に決定した。以上、冒頭より/讀賣新聞 平成25年12月2日朝刊 記事(切り抜き)購入紙面(2面)より「個」の日記の資料として参照

----------

有事の危機目前にして

 表題は、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で」として、「自民党沖縄県連は1日」、「同県名護市辺野古への移設を容認することを正式に決定した」と伝える紙面(讀賣新聞)である。事実としても、この度の「防空圏設定」によって人民解放軍(支那)との偶発的な「有事」勃発の可能性が高じる状況に在って、安全保障を踏まえての然るべき判断と拝考する。

 人には感情を主にする時ほど、冷静な判断が困難化させてしまい、その先が見えなくなってしまいがちだが、今般の自民党沖縄県連の判断は、それらを失わずによくぞ下したと。そう拝考する一人である。
----------

反米と朝鮮系イズム

 米軍嫌いの感情レベルで、とかく「米軍は日本から出て行け」と。米軍基地の撤退を要求する声は少なくない。朝鮮権益に浸り、カルト教団の要職者(住職)を父親に持つ漫画家もその典型と謂えよう。一部の誌面で、素性怪しき相手と不倫婚をなした様子が指摘され、そもそもがカルト教団と入魂の商業的評論家氏もまた同様。創価信者の元外交官もまた同様と拝察する。筋道に照らしてみて「おかしいな」と思う、違和感が否めない。それらには必ず何らかの原因や理由が有るはずで、調べてみればそれ相応であることが判る。

 結果、「反米第一」とする朝鮮系の代弁をなしている。保守良識を巧みに利用した“商業保守”は、どこかで誤った権益に預かる可能性が有り、途上のどこかしかから狂いを生じて来る。その事例の一つ一つと位置付けている。「真正保守」とはほど遠い我欲の世界であり、可能な限り、良識の皆様には「識別」の眼を養っていただきたく思う次第である。
----------

やがては日本防衛軍基地に

 それはともなく、日本が毅然と自主憲法を制定し、独自の国防力を「軍」として有する将来が有ればの話だが、現在の米軍基地は、やがては国民の安全と命を護る「日本防衛軍」の基地となることは謂うまでもない。

 上記の場合も、たとえば、辺野古はダメだ、グアムに移転せよ等々の要求の声に従ってしまえば、日本防衛軍の基地になるはずの拠点を他国領へ移転してしまう結果になるが。喜ぶのはどこの国か。

 諸般において、川面のうたかた(事象)に衆目を奪われずに、川の流れを観るべきと。その先を見据えるべきと問うて来た。その視点から拝考しても、公約破りと謂うよりは、有事への喫緊の対応と観て心ある皆様は指示に資するべきではないか。
----------

政府は報道官を

 菅官房長官の発表は定例で「有って然り」としても、別枠で、政府は報道官を設けるべきである。このことは四、五年前から問うて来たひとつだが、途中、民主党の政権侵入が有って途絶していた問いでもある。

 率直に云わせていただければ、津川雅彦氏や丸川珠代議員のような元気な方々に「報道官」の立場で政府の説明責任の一翼を担っていただく。その努力が必要だ。さすれば、国民と政治との距離が縮まり、蔓延する「政府は説明が足りない」感の解消にもつながる。

 蛇足ながら、以上、「基地問題」につき。
----------

■ 主な関連稿

安倍総理「領空守り抜く」 2013/11/26 
中国「防空識別圏設定」考 2013/11/24 
安倍総理「韓国は愚かな国だ」拝考 2013/11/14 

----------

【筆者記】

 沖縄の基地周辺の方々のご苦労は並大抵ではないと拝考している。さればこそ、辺野古基地を沖縄の方々の、ひいては日本国民のの命と財産とを護る防衛軍の基地にできるように、一日も早くしっかりとした日本人による日本のための憲法を制定する必要が有る。こう考える一人である。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問を多年に渡っていただきましたことを心より感謝します。皆様のご健勝とご活躍をお祈りします。
----------


日本は毅然とあれ!                           

20131202006
路傍の壁紙 (蜜蜂) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1627008
----------

【自民沖縄県連の決定は適切!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001



Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。