--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/17(日) 12:40:00 [国思う注意報/提案]

20130606001
中国籍女「泥酔ボッタクリ」

▼ 平成25年11月17日、他の稿

【第二稿】韓国嫌い「東南アジアで深刻」考 
【第一稿】地震に備えを
 
----------

日本人を小莫迦にした犯罪

20131117003
客酔わせ 不正引き出し 中国人容疑で逮捕 被害1億2000万か

 JR上野駅近くの繁華街で、中国人らが酔った客をコンビニ店に連れて行って勝手に現金を引き出す手口が横行し、今年1~10月、計約1億2000万円の被害が出ていることが捜査関係者への取材でわかった。以上、冒頭より/讀賣新聞 平成25年11月16日夕刊 記事(切り抜き)購入紙面(12面)より「個」の日記の資料として参照

----------

歳末に際しての「用心」の一つとして

 旧来の読者の皆様には、すでに重々ご存知にあられ、免疫性も十二分に備えておたれる事柄かと思うが、念のために興味使い紙面をクリップさせていただきたい。

 表題は、「警視庁は16日」として、「中国籍の女で職業不詳、林秀蘭容疑者(36)(埼玉県川口市)を窃盗容疑で逮捕した。同庁はほかにも複数のグループが関与しているとみている」とする紙面だが。「JR上野駅近くの繁華街で」として、「中国人らが酔った客をコンビニ店に連れて行って勝手に現金を引き出す手口が横行し、今年1~10月、計約1億2000万円の被害が出ている」ことが捜査関係者への取材で判ったとする事例である。いわば、亜系国技の「ボッタクリバー」の一種と謂えよう。

 歳末に際し、忘年会や各種パーティなどが盛んになる時期が彼(か)の賊らの「稼ぎ時」でもある。せっかくの賞与や給与はご自身、ご家族のために資するべきであり、得体の知れない亜賊に渡す筋道にはないので、仮に、たどたどしい日本語で路上営業を受けても相手にしない。目すら合わせない。そうした無視の対応が一つかと思う。
----------

犯行の事例

 犯行の事例として、紙面には、「林容疑者らのグループは1人で歩く男性客に声をかけ、知り合いの飲食店で酔わせた後、高額の料金を請求。コンビニ店まで付き添って男性客に暗証番号を押させたうえで、抱きつくなどして注意をそらせて金を引き出していたという」としている。産経紙面では「キス」もして来ると記されているが、日本人を小莫迦にした話ではないか。

 あくまで「ものは考えよう」に過ぎないが、「40万円」ものボッタクリに遭うくらいなら、壮麗な厳島や明媚な霧島へゆるりと豪華旅行をした方が良いに違いない。雪もそぞろの東北へ旅行し、凍えるような空気の中で猿のように露天風呂につかるのも一考かと思う。

 日本人は家族を大切にし、たとえば、伴侶に隠れての邪淫の類はそれこそ恥と知り、もしも斯様な不義に陥るようなことになれば、極端に云えば、阿蘇の火口に身を投げて天に詫びるくらいの、そのくらいの覚悟が有してこそ日本男児である。髷(まげ)は結わねども、誇れる敷島人としてその位の気高さと品位が有って然りと思う。むしろ、その気高さがご自身、ご家族を常に守るである。
----------

それにしても亜賊は

 それにしても、亜賊の「下(しも)」系犯罪が絶えないのにも筆者は許せない思いをつのらせている。こげんこって(熊本では「こぎゃんこって」とも云う)どげんすっとかと。そろそろ不法民の放逐と渡航厳格化を、と思う一人である。

 それと同時に、良識がこぞって、亜賊ら「下」系営業の類を一切相手にしない。むしろどしどし新たな条例を設けるなりして街々から放逐して行く。その努力もまた必要かと思う。以上、問いかけをもとにご参考までにて
----------

■ 主な関連稿

銀座「支那人の夜」考 2013/11/17 
----------

  読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。日本を護るため、盛大なるクリック応援をお願いします。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。国思うブログ活動をここまで辛抱強く支えてくださった皆様に心より感謝します。
----------


日本は毅然とあれ!                         

20131117003
路傍にて (花) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1627008
----------

【日本を護ろう!】と応援くださる方はクリックを!↓  
20130606001


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。