--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/29(火) 15:35:00 [選外推奨議員/完全引退すべき方々]

20130606001
菅直人氏「原子力ムラの陰謀」考

▼ 平成25年10月29日、他の稿


韓国「パクリ」宣伝動画に思う
おはようございます

----------

「転嫁」無適の精神病理

20131029007
菅元首相が妄言、みの降板は「原子力ムラの陰謀」 民主はイメージ低下
  この人にかかると次男の不祥事で2番組を降板した、タレント、みのもんた(69)は“国家権力”にハメられたことになるそうだ。「そんなバカな」と誰もが思うが、そうならないのが、民主党の菅直人元首相(67)。菅氏の論理をときほぐしてみると…。以上、冒頭より/夕刊フジ 平成25年10月29日号 記事(切り抜き)購入紙面(3面)より「個」の日記の資料として参照
----------

特定部類に顕著な「転嫁病」

 汝の瑕疵、犯罪ゆえに非難を受け、受刑に身になっても、卑しくも言い逃れに資する。ここ数年、新たに目立って来た病理の一つがこの「転嫁」病ではないかと拝察する。「転嫁」病には必ずと謂っても過言ではないほど「陰謀説」が付帯している。

 最近、流行した“国策逮捕”説もその一つで、被告、受刑者らが自ら発する“陰謀説”の一類と指摘できる、自身が刑事罰を受けたのも“国策による冤罪逮捕”であるかに主張する“論拠”として来た様子だが、眉が濡れるほど「眉唾もの」と観てとれるケースがほとんどである。

 読者の皆様には、すでに英邁にお気づきの方がおらえることかと拝考するが、「陰謀説」付きの「転嫁」病を患わっておられるのは、お決まりであるかのように「親韓」「従韓」の人たちである。自身をいかにも大きな存在であるかに「買い被る」精神病理の一つであり、特に、「国民の14パーセント以上が精神疾患体験者」(2011年の南朝鮮独自の調査結果)(韓国紙)とする韓国(南朝鮮)をはじめ、その系統に感化されて何時の間にかメンタリティが朝鮮化した部類に目立つ「精神病理」とみなして差し支えない。
----------

病状進む菅直人氏

 さて、表題は、菅直人氏がやおら妙な内容をご自身のブログ(26日)で語った。みのもんた氏が「次男の逮捕(処分保留で釈放)で2番組(TBS系)の降板を決め、謝罪会見を行った日、菅氏は自らのブログで「みのもんた氏に対する陰謀説」と題した持論をアップした」と。「そのなかで、降板の背景に「原子力ムラ」の陰謀説があると紹介し、自分(=菅氏)も原子力ムラの被害者だとする内容を展開した」としている。

 紙面は、菅氏の「ブログでは、原子力ムラはマスコミに対して広告料を通じて「自分に批判的な報道に圧力をかけてきたことは知っている」と明記、「みの氏は原発問題で東京電力と安倍晋三首相を厳しく批判していた」ことから陰謀の可能性を指摘した」(紙面)としている。菅氏のブログを確認する余裕がないが、記述が事実とすれば、「「原子力ムラ」とは何のことですか?」と問わせていただきたい。ご自身の心の「ムラ」の表れか、錯乱されての言質やもしれぬと拝察する。

 さらに、「2011年の福島第1原発事故で「菅氏が1号機への海水注入の中止を指示した」と報道されたことも、退陣に追い込むための原子力ムラが流したウソの情報と断じている」と。件の菅氏の指示については、当時の「フェロー」の記録にも残っていることを先稿に紹介させていただいたが。その指摘を「嘘だ」「陰謀だ」と言い逃れなさるあたりは、上記の系統の皆さんの病理と本質は変わるまい。
----------

どうしてしまわれたのか

 続けて紙面は、「原発事故にうろたえ、判断ミスを繰り返し、それを原子力ムラの陰謀とし、その流れのなかで、「みの降板」の話題に乗って、世間の注目を自らに誘導。自身の主張をより広く伝えようとしているようにもうかがえる」と。ご指摘のそのレベルであろう。

 結びに、「政治評論家の浅川博忠氏は「ホント、バカバカしい。こんなことを発言していては、民主党のイメージが低下していくだけ。五輪で一定の力を示した自民の森(喜朗)氏や原発ゼロなど発言力のある小泉(純一郎)氏ら元首相経験者の1人として、自身も存在を示したいという気持ちがあるのかもしれないが、第三者からみても首をひねりたくなる」と失笑する」と紹介している。

 菅直人氏の虚言と言い逃れの「癖(へき)」は今更ではないが。それにしても、「ボケ」「突っ込み」「ジェイソン」と続いた暗黒の民主党政権(三代首相)の「突っ込み」であられたはずの菅氏の錯乱度合が、さしもの「ボケ」の鳩山由紀夫氏とよく似て来たことがいささか気がかりでもある。特亜という「朱」に染まれば、どなたも同じように「朱くなる」ということか。

 先のメルマガ訴訟といい、今般の「陰謀」説といい、お茶目はほどほどになさった方がよろしいのではないか、とは思うが。しかし、何より指摘止まない震災時の「人災拡大」の件を主に、先ずは国会証人喚問にお招きするの最も相応しき途と拝考する一人である。
----------

■ 主な関連稿

菅直人氏の自爆 2013/07/18
菅元首相「安倍首相を提訴」考 2013/07/16 
大罪「菅官邸の指示」拝考 2011/08/03 
----------

  読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。 以上、昨日更新予定の稿でしたが、書きかけのまま本日になりました。日本を護るため、盛大なるクリック応援をお願いします。国思う活動を辛抱強く支えてくださる皆様に心より感謝します。

----------

日本は毅然とあれ!                     

20131029006                                                                                                       
路傍にて (柿) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【菅直人氏の「国会証人喚問」招致を!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。