--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/22(火) 16:25:00 [メディア報道の闇]

20130606001
創価「毎日新聞の実態」か

▼ 平成25年10月22日、他の稿

韓国国会「日本大使館員の傍聴認めず」考 
----------

「創価広告塔」協賛紙面

20131022003 
Interview 上戸彩 
子の頑張り 全力で支える 実写映画化された「おしん」で母親ふじ役
 インタビュー場所は殺風景な会議室。清楚(せいそ)な薄桃色の和服姿が現れると、一気に場が華やぐ。「ピンクベージュ色? 日本語ではなんと言うのかな? おしんの母親であるふじをイメージしました」とほほ笑んだ。以上、冒頭より/毎日新聞 平成25年10月21日夕刊 記事(切り抜き)購入紙面(4面)より「個」の日記の資料として参照

----------

本来は「歴史」有る紙面が

 キーワードを拾うために参照する機会もたまに有る紙面だ。本来はそれなりの「歴史」を有する紙面のはずだが、あらぬ方向(創価学会)からの広告権益や代行印刷などの“ビジネス”が入り込むと新聞もおかしくなる。その典型的な存在がこの毎日新聞であり、中国共産党機関紙「人民網(人民日報)」の和紙と堕した朝日新聞と並ぶ存在と謂えよう。ゆえに、朝日が宗主国系であるのに対し、毎日はその隷国の朝鮮系と謂えよう。別途、「在日新聞」とか「毎日日報」とも呼ばれているとのこと。

 その「朝鮮化」(品性の下(しも)化)によるものか、数年前にネットの良識の指摘で露呈し大騒動となった一つだが、累々たる変質記事(英文版)を実に10年もの間、発信していた実態も判明。通常のコラムや生活面でも性生活がどうのこうのと。あたかも韓国(南朝鮮)紙(日本語版)を見ているかの、下(しも)記事が相応に目立つ。かと思えば、パートナーの創価学会の提灯記事や聖教新聞張ばりの「池田センセイ」の記事を掲載したりと。朝鮮系と同系カルト系の色彩を濃くしている。

 今や、実際面での「朝鮮日報(南朝鮮紙)」との人的交流も実に盛んな様子で、往来が頻繁と伺っている。“毎日日報”と一部で揶揄(やゆ)されるに至っている、その現実を物語るものと謂えよう。
----------

取材しなくても「記事を書ける」伝統社技

 同紙の特徴の一つとして、いずれ一度、年間統計を取ってみるべきかと考えている一つに、同紙面の“インタビュー”や“コラム”の類は、創価タレント(広告塔)をはじめ、在日・通名系、帰化朝鮮系の“有名人”や“タレント”らが軒並みな実態がある。

 署名記事のケースでも、記者の芳名を拝察すれば「あちら系」の方々が目立つ。言い換えれば、「あちら系」の皆さんが“同志”“同胞”を宣伝しているに等しい。ということは、まさか“一般紙”というよりは「あちら系」コミュニティの機関紙としての性質を兼ね備え、且つ一般の毎日読者に気付かれぬように、日本朝鮮化への「植え付け」を日々進めているに等しいと。こう指摘し得る次第である。

 数年前のことだが、唐突に北朝鮮の金正日賛歌を掲載し、その一方で中川昭一氏を散々に書いた同紙面に対し、最早、「韓国紙そのもの」と拝考し、北朝鮮の賛歌(歌詞)の入手経路や中川氏貶めの事由について、追及の問い合わせを入れたことが有った。その時の対応は、こちらが淡々とした質問を呈しているにも関わらず、あたかも火を吹く花火のように怒り出し、賛歌の入手経路は云えないと。

 また、中川氏貶めに対する不実記載の追及には、「ウチは、実際に(中川氏に)取材していないので答えられない」との、茶を吹く対応であった。「取材していないのに、何故、貴紙は記事を書けるのか」との質問にも、「それが毎日新聞なのだ」と。朝鮮の人と会話しているかのような“答え”(つまり答えになっていない“回答”)で占められていた。
----------

在日、帰化系、創価の集積体

 表題も、実写映画化された「おしん」で母親役を演じたとする創価タレントを、惜しみもなく宣伝する、支援記事の一つと拝見すれば事の次第が判りやすくなる。

 こうした紙面欄には、他の創価信者や同胞カルト教団系、在日系、帰化系の皆さんで満載である。毎日新聞が重心を置いてアピールしている人物がいれば「怪しい」と。よく調べれば、隠れ創価信者であったり、通名系、帰化系であったりと。そのヒントに出来よう。

 毎日新聞のおかげで民間防衛上で必要な事柄の数々を精査でき、貴重なデータが随分と集まった。
----------

■ 主な関連稿

毎日「中川氏急死」記事の闇 2009/10/05
-----
毎日「韓国に親しみ51%」 2010/05/15
毎日「中川氏記事」への意見書 2009/03/15
創価「毎日新聞」か2 2009/03/05
創価「毎日新聞」か 2009/03/03
毎日「取材なし記事」に思う 2009/02/21
---------

  読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。日本を護るため、盛大なるクリック応援をお願いします。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。国思うブログ活動を辛抱強く支えてくださる皆様に心より感謝します。
----------


日本は毅然とあれ!                    

20131022004                                                                                                      
路傍にて (柿木) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【毎日新聞の「実態」を広めよう!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。