2013/10/21(月) 21:55:00 [ブログ近況]

20130606001
世界に広がる嫌「中韓」

▼ 平成25年10月21日、他の稿

浅田真央選手圧勝「ソチ五輪へ好発進」
迷惑大国「中国」の真実

中国発「鉛害と塵害」について

----------

「中韓」は嫌われている

 【メッセージ】 親類がスイス在住です。宮崎アニメ、特にあの最近の作品(名前忘れました)が大人気です。国連の潘基文事務総長があのアニメに絡めて日本の歴史認識が誤っていることを何回も何回も公式に発言している。現地のスイス人は「日本政府はあんなこと言わせておいていいのか?ひどいじゃないか!」と言っている。国連など存在価値がない、というのが当地の判断です。中国、韓国も嫌われてます。


(以上、いただいたメッセージより)
----------

▼ メッセージの対象稿
 
迷惑大国「中国」の真実 2013/10/21
----------

交流識者の96%が「中韓」は信用できない

 貴重なメッセージをいただき感謝します。諸国で増殖しつつある「中韓」について、貴重な情報を有難うございます。

 瑣末な身の書簡活動なので、あまりご参考にならないかもしれませんが、メモを一つ記したく思います。往復書簡を交わして来た識者、有力者〈海外)がこれまでで466名います。物理学や宇宙科学の研究をしている相手も多分に含まれていますが、そのうち三往復以上の書簡を交わしている相手が188名います。

 最近、ノート(紙)に小統計を取ってみたところ、そのうち180人が「中韓」を信用できないとする人たちであることが判りました。5年ほど前は、その比率はもっと低かったことを記憶していますが、ここ1両年で随分と増えて来ました。
----------

“南京大虐殺”は信用度「ゼロ」

 何故、不信が広がって来たかといいますと、「中韓」の賊徒それぞれに、宗主国の方は“南京大虐殺”、隷国の方は“性的奴隷”をメインに、それぞれを掲げて対日毀損の宣伝工作を各国で執拗に続けている様子ですが、しかし、その宣伝方法や内が突飛で品位の下劣さが、概ねですが、心ある人たちには目につくようになって来た。特に、知的レベルが比較的高い人たちにとっては、単に、日本に対する悪口雑言のキャンペーン、騒然を悪戯に繰り返しているように映るようになった。

 また、嘘と荒唐無稽な宣伝が多い。「中韓」出身の犯罪者も多い。ただでさえ、品行が異様なまでに低いなど。結果、「中韓」不信が広まって来ている様子です。特に、竹島を不法占拠する韓国(南朝鮮)の所業について、何故、日本の島を手に入れようと騒いでいるのかと。あくまでウィットに違いありませんが、空母や戦闘機を日本に貸そうか?とまで返信して来てくれる欧州の識者もいます。

 また、180人のうち支那(China)が宣伝している“南京大虐殺”への信用度はついに「ゼロ」となり、日本理解への願いを一つ達成しています。わずか“1週間で30万人もの殺戮”は今日で謂うところの「大量破壊兵器」でも使用しなければ無理な話で、当時の日本軍の兵装、軍備を調べてみるだけでも、たとえ南京の局地戦の延長線上で可能性を考察しても無理である、との答えを返してくれた人もいます。
----------

毒ガスは諸国でも所有していた

 日本軍の毒ガス所有については、何も日本軍に限ったことではなく、フランスなど各国が装備していたはずだと。よほど装備をしっかりしていないと、毒ガス使用の場合は、自軍への損害も少なくないため、支那が騒いでいるような、日本軍が何10万本もの毒ガス弾を所有していたとは全く考え難い、との返信も有りました。

 こちらから淡々と事実を述べた書簡や手製の資料を送り続け、相手の諸先生が「さて」と調べてみると、やはり「中韓」の云うことが信用できなくなった、という経緯も少なく有りません。
----------

少なくとも500人は

 以上は、たとえばの一例に過ぎませんが、人数こそ未だに少ないけれども、「ふと調べてみると、日本人の貴公が云う通りであることが判った」という流れを、積年の間に構築できつつあることを有り難く思います。

 これからも地道に事実を問い、事実を伝える書簡活動を重ねてまいりたく思っています。循環器系に少々問題有る身が、やがての国思う大学校開設まで、いわば、シニア世代の手前まで生きることが出来て、と仮定してのことですが。本年はかなりスローペースになってしまいましたが、黙々と進め、結果的に、少なくとも全世界で500人の識者、有力者を事実に目覚めさせることが出来ればと。このように先人に拝礼する度に誓っています。以上、瑣末なメモで失礼。海外の心ある邦人方々のご健勝とご活躍をお祈りします。

(以上、義広より)
----------

■ 主な関連稿

日本に「アリガトウ」と言ってくれる国々 2013/10/14 
----------
「日本人は最高評価」考 2011/10/27 
----------

日本は毅然とあれ!                    

20131021010                                                                                                      
路傍にて (柿) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【世界を日本の味方に!】と応援くださる方はクリックを!↓  
20130606001 


Trackback

トラックバックURLはこちら