--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/25(水) 21:31:00 [国思う注意報/提案]

20130606001
夕刊フジ「韓国の真実」20

▼ 平成25年9月25日、他の稿

安愚楽牧場元社長「起訴内容認める」考 
若者「手紙はやっぱり手書き」考

----------

平昌五輪は諦めたのか

21030925006 
韓国 政府も公社も金欠地獄 超高層「透明」ビル計画も砂上の楼閣
 韓国通なら「仁川市」と聞いただけで笑い出すだろう。同市は、政府予算(今年度19兆円相当)の数年分にもなる超特大開発プロジェクトを打ち上げたものの、あえなく頓挫した前歴がある。いまや市の財政は職員給与の支給にも四苦八苦の状態だからだ。以上、記事より/夕刊フジ 平成25年9月26日号 記事(切り抜き)購入紙面(5面)より「個」の日記の資料として参照

----------

平昌五輪は諦めたのか

 「そんなレジャー施設より、平昌(ピョンチャン)五輪の施設を早く造らないと、国際的PK(ペナルティー・コリア)になる」、との警告で結ばれている記事(表題)は、室谷克美氏による「新・悪韓国論」(夕刊フジ)の最新記事である。

 さて、「そんなレジャー施設」とはどのようなものか。室谷氏は紙面で「韓国でまた奇抜なビル建設計画が明らかになった、なんと空港近くに「透明な超高層ビル」を建てるというのだ」と、以下に紹介にしている。
----------

「超高層透明ビル」建設計画

 そのビルについて、「本当に透明なわけではない」として。「四角いビルの各面にカメラを取り付ける。その映像を反対側の壁面に映し出す」と。「すると、どこからビルを見ても、周囲の景観の中に溶け込んでビルがあるようには見えないというのだ」としている。

 「特亜を斬る」殿が、よく「さすがバ韓国!」と題する写真記事を更新されていた記事を思い出す。たとえば、畑のど真ん中を乗用車で突っ切ろうとして横転したり、ビルの壁面さえアクセル全開で“登坂”しようとして乗用車ごとバク転するなど。とても人技とは思えない狂態が日常茶飯事の韓国(南朝鮮)でのこと。

 さぞかし“透明”に見える超高層ビルなら、航空機やヘリコプターそこを“通過”しようとして大事故にいたることさえ誰だって思いつくはずだが。「さすがバ韓国」の真骨頂とも謂えるのかもしれない。そのようなビルをどこに? と思えば、「建設予定地は仁川(インチョン)市で、国際空港から数キロの場所だ」と。「完成時の高さは450メートル、政府の建設認可を得たと伝えられている」(紙面)としている。

 空港のすぐ近くなら、本当に事故の危険性がますます高じるのではないか。それを政府が本当に認可したとすれば、いまさらではないが“国”ごとおかしい。
----------

仁川市も公社も赤字だらけ

 室谷氏が指摘する「仁川市」の財政については、表題(紹介文)に置かせていただいたが、どうしようもない赤字とのこと。さらに、透明ビルの建設を計画しているのは「韓国土地住宅開発(LH)だ」と。そのLHは2010年8月の時点で、118兆ウォン(現在のレートで10兆円相当)の負債を抱えていた(東亜日報10年8月17日)」と。続けて、「LH単体の負債は明らかではないが、規模の大きい9つの公企業の負債について、監査院は「11年末基準284兆ウォンで、2.2倍に増えた」と。

 さらに「負債比率は209%に達し、利息が多くなり、当期純利益も赤字が深化した」(東亜日報13年6月13日)とのことである。事実とすれば、日本円にすれば「9兆円」程度とも指摘されている南朝鮮の「外貨準備高」の2.5倍以上の負債をこの公社一社だけですでに抱えていることになるのだが。
 
 さすがに“近道”をしようとした乗用車が高架線から平然とダイブしたり、“日本の歴史認識に抗議する”として全裸男がのし歩く“国”だけのことはある。
----------

朴大統領も「公約を後退」

 なお、昨年の大統領選挙では、「すべての高齢者に、月20万ウォン(約1万8千円)の基礎年金を支給する」との公約を掲げて戦った」(紙面)とする朴槿惠(パク・クネ大統領だが。すでに公約を後退させて「所得階層の攘夷20~30パーセントの高齢者は除外する」と、公約を後退させた」と。さらに、「最近は、所得上位30%には支給せず、下位70%には最大で20万ウォンまでを差別支給するとの政府案が出て来た」とのこと。事実とすれば、就任1年にも満たない時点で、あの公約は嘘でしたと云っているにも等しかろう。

 室谷氏は、「そんな中での「450メートルの超高層ビル建設」計画とは、正気の沙汰だろうか」と。「見えないのだから、建てないまま「あそこにあるのです」とは言えるけど」と揶揄しておられる。

 いつもように、ハエのごとくに手こすりしながら、平昌冬季五輪の施設“建設”や開催費用を日本へたかりに来ても、決して相手にしてはいけない。
----------

■ 主な関連稿

夕刊フジ「韓国の真実」19 2013/09/20 
-------
千年ストーカー「韓国」の悪行 2013/05/08
米国発 韓国「反日宣伝」の街 2013/04/02  
-------
夕刊フジ「韓国の真実      2013/06/25
夕刊フジ「韓国の真実」2
 2013/06/26
夕刊フジ「韓国の真実」3 2013/06/26
夕刊フジ「韓国の真実」4 2013/06/28
夕刊フジ「韓国の真実」5 2013/06/30
-----

夕刊フジ「韓国の真実」6 2013/07/16 
夕刊フジ「韓国の真実」7 2013/07/17
夕刊フジ「韓国の真実」8 2013/07/19

夕刊フジ「韓国の真実」9 2013/07/25
夕刊フジ「韓国の真実」10  2013/07/28
-----
夕刊フジ「韓国の真実」11 2013/08/05
夕刊フジ「韓国の真実」12 2013/08/07
夕刊フジ「韓国の真実」13 2013/08/08
夕刊フジ「韓国の真実」14 2013/08/28
夕刊フジ「韓国の真実」15 2013/09/01 
------
夕刊フジ「韓国の真実」16  2013/09/06 
夕刊フジ「韓国の真実」17  2013/09/14
夕刊フジ「韓国の真実」18 2013/09/18
----------
 
【筆者記】

 「特亜を斬る」殿の復活を、「アジアの真実」殿や「夕暮れの備忘録」殿の復活と共にお持ちしたい。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。絶大なるクイック応援をお願いします。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。共有と協力を広げましょう、国思う活動を辛抱強く支えてくださる皆様に心より感謝します。
----------


日本は毅然とあれ!           

20130924006                                                                                             
路傍にて(筆者) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【さよなら韓国!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。