--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/21(日) 14:48:00 [特亜/四亜]

20130606001
韓国「首相の署名偽造」考

▼ 平成25年7月21日の稿

読者皆様への御礼 
夕刊フジ「アジアの真実」

----------

伝統国技「偽造」をここでも発揚

20130721007 
光州市、世界水泳招致の書類で首相の署名偽造 韓国メディア報道
 
水泳の2019年世界選手権の開催地に決まった韓国・光州市が、国際水泳連盟に提出した招致書類を偽造していたことが発覚し、韓国政府は20日までに同市の姜雲太市長を公文書偽造容疑で告発する方針を決めた。韓国メディアが報じた。
-----
 韓国政府による1億ドル(約100億円)の財政支援を保証する書類で、当時の首相と文化体育観光相の署名が偽造されていたという。韓国政府は4月に偽造を把握。姜市長は「実務担当者のミスだ」と釈明しつつ偽造を認め、書類を提出し直したという。国際水連はバルセロナで現地時間19日、19年選手権を光州で開催すると発表していた。産経新聞Web) 平成25年7月21日付記事より「個」の日記の資料として参照
-----------

伝統国技「偽造」をここでも発揚

 韓国(南朝鮮)では「偽造」「捏造」は当たり前。ここでも伝統国技「偽造」を発揚かと。そう映るニュース(産経新聞)である。

 「水泳の2019年世界選手権の開催地に決まった韓国・光州市が」として、「国際水泳連盟に提出した招致書類を偽造していたことが発覚し、韓国政府は20日までに同市の姜雲太市長を公文書偽造容疑で告発する方針を決めた」と。

 自国の原発で相次いで露呈している「偽造」に終わらず、対外的な公式文書にも「偽造」が発覚とは、何ともステキな生物圏(とても国とは謂えないため)ではないか。懲りない(ゆえに「コリアン」と認識している)パンドラ箱から、今度は何が飛び出すか。何が出てもそれが南朝鮮だ。驚かず楽しみに観察したい。
----------

世界を低劣化する下外交

 今般の偽造の事の次第については「韓国政府による1億ドル(約100億円)の財政支援を保証する書類で、当時の首相と文化体育観光相の署名が偽造されていたという」(表題)としている。

 世界選手権の誘致を「1億ドル(約100億円)の財政支援を保証する書類」でなしていたことが事実とすれば、こちらも“資金”にモノを言わす下(しも)外交の本領発揮と謂えよう。たとえば、4000億円ものロビー活動費でどこぞの国にまで“慰安婦”の像や碑を建てさせ、テコンドーを五輪の正式種目にさせるなど、己の国状を顧みない工作外交の数々は、本来、権威有るはずの国際機関や各国を結果的に貶めるものとなろう。
----------

たとえ国家破綻しても

 南朝鮮のためにと各国、ひいては日本が支援しても、所詮、ロクでもないことにしか遣わない。困ったら「たかり」「せびり」のために近づいて来る。

 「懲りない」「また同じことをやる」。それが南朝鮮のDNAである。たとえ国家破綻しても、南朝鮮はその厚顔無恥を自覚できまい。とすれば相手にするほど「底無し」であい、青少年層にとっても良い影響が有るはずも無い。一線、二線を引き、結果、決別する方向へ舵を取った方が良い。
----------

【筆者記】

 週刊「特亜犯罪」(メルマガ)では、「敵対」「偽装」「紛れ込み」の朝鮮人の三種の擬態についてスタッフが調査をもとに報告する。
----------

▼ 主な関連稿

韓国「原発書類偽造」考 2013/06/02
韓国「安倍内閣非難決議」考 2013/04/30 

-------

 皆様にはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。いかなる団体、組織とも無縁な無私無利益の国思う活動への絶大なる応援をお願いし、辛抱強く支えてくださる皆様に心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!                             

20130721005                                                                 
路傍にて(筆者) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【「断交」すべき!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。