--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/18(木) 12:20:00 [都市事件]

20130606001
花王「中国傾斜」考  

▼ 平成25年7月18日の稿

菅直人氏の自爆
----------

花王「新製品 日本より先に」

20130718007 
花王、中国市場に傾斜 「新製品 日本より先に」
 【上海=河崎真澄】花王の沢田道隆社長は17日、上海市内で記者会見し、2015年度までに中国市場の売上高を現在の3倍以上となる年間500億円に引き上げる意欲的な計画を明らかにした。ベビー用紙おむつなどで需要が急増していると判断。「新技術を使った新製品を日本より先に中国に投入する」(沢田社長)などとして、中国市場への傾斜を強める方針だ。以上、冒頭より/産経新聞 平成25年7月18日朝刊 記事(切り抜き)購入紙面(10面)を「個」の日記の資料として参照

----------

日本企業であるのは「方便」でしかない

 ロッテや農心、眞露などの朝鮮系メーカーはさながらとしても、日本企業のはずの「花王」が何故心ある消費者層から嫌遠されているのか。クズドラマのスポンサーである、理由はそれだけかと。通すがりの猫のように、遠巻きに、且つ地道に観察して来た一人である。

 いわば、民主党と同じように表看板は日本だが、メンタリティが朝鮮系である。民主党が日本人を自勢力の維持・拡張のための「票田」としか認識していないのと同じように、花王もまた、日本企業であるのは「方便」でしかない。

 こよなく愛する特亜のために尽くす。民主党にも共通する存在偽装があらためて問われるべきで、「新技術を使った新製品を日本より先に中国に投入する(沢田社長)」とする方針(表題)もまた、その表れの一つと謂えよう。
----------

「華王」に変えれば?

 表題は、「花王は昨年、安徽省合肥に紙おむつ専用の新工場を完成させ、通気性や吸収性などで要求の高い中国の消費者向けの「メリーズ」生産を開始。新製品の研究開発も中国で進めている」と。「地場代理店との提携関係拡大で、販売地域も広げる。現段階の中国市場での売上高は約150億円という」としている。まともな“国”を相手にしての業務展開ならば「まだしも」だが。
 
 しかし、宗主国が対日大暴動の余韻冷めやらぬ中で日本領海への侵犯の度をいよいよ高め、一触即発の危機にも在る。「中国」から撤退する企業も出始めた。その状況下で、ここぞとばかりの進出は“何か”の理由と“保証”が有ってのことと。そう観られても致し方あるまい。いっそ社名を「華王」に変えれば業態が判りやすくなるのかもしれない。

----------

韓国政府の動きと符合

 同社のメンタリティの“祖国”では、この6月、朴大統領が60人を超える経済人の一団を率いて習近平氏(中国共産党中央委員会総書記)に詣でて従順を誓い、宗主国への経済依存度をいよいよ高じる売り込みをなしている。その視点からここ一両年の「花王」の動向を観れば「なるほど」と判るものが有る。

 「おむつでも 宗主の支那の 尻拭い」と。こう詠わせていただき、一句をお供えしたい。
----------

▼ 主な関連稿

されば「売国奴(メディア)」と謂う 2012/10/04 
----------

皆様にはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。無私無利益の国思う活動への絶大なる応援をお願いし、辛抱強く支えてくださる皆様に心より感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!                           

20130718001                                                               
路傍の猫 (筆者)  吾輩が じっと観ている 路傍から 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【企業の国籍を変えれば?】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001

 

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。