--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/15(月) 06:31:00 [あいさつ]

20130606001
20110316005  
慶祝・海の日
海洋国・日本の防護と繁栄を

20100719006 
海岸を望む(筆者)
-------

海の日を慶祝し 

 海の日(うみのひ)は、ご存知の通り、平成8年(1996年)に制定された日本の祝日です。祝日法では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」とされています。この日が祝日と制定される以前より、7月20日は「海の記念日」として親しまれてまいりました。遡れば明治9年(1876年)、明治天皇が東北地方を陸路から行幸せられ、汽船「明治丸」で横浜港へ帰港された日と刻まれております。


 日本の国土を囲む海は、いにしへより生命の恩恵をもたらす母なる存在であり、且つ、自然が恵みが織りなす防護の要堺として国守る機能を果たしてまいりました。育て守る。守り育てる。この意義の上から、近年の我が国周辺を取り巻く侵犯、不法占拠の現実に対し「海の日」の意義は、殊更に次代へ向けてのその重みを増し来ています。

 ささやかな国思う活動ながら、その上で事実を共有くださり、応援くださる国思う皆様に感謝申し上げ、この先で、敷島(日本の国号)の凛然たる恢復を願い、可能なことを尽くしてまいりたく思います。国守るために貴い命を捧げられた先人、英霊を心より偲び、敬礼を捧げ、国守る心をさらに強くいたすこの日に感謝し、猛暑の砌、読者の皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈りいたします。

平成25年7月15日

博士の独り言
----------

▼ 主な関連稿
 
日の丸を掲げる日は? 2013/05/03 

----------

日本は毅然とあれ!
                            

20130715009                                                               
路傍にて(筆者) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【海洋国・日本の国体護持と弥栄を!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001


Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。