--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/02(火) 20:50:00 [国思う注意報/提案]

20130606001
通り魔「小学生に刃物押しつける」
 
▼ 平成25年7月2日
 
第1稿 中国人社長「無登録で格安航空券販売」
----------

卑劣な犯罪の連鎖を防ごう
 
20130702003
小学生に刃物押しつける、埼玉 男は逃走
 2日午後4時半ごろ、埼玉県坂戸市千代田5丁目の千代田公園で、男が刃物のようなものを小学生2人に押し付け、逃走した。2人は軽傷とみられ、埼玉県警が男の行方を追っている。近くの同市立千代田小によると、2人は同小5年の男児と女児で、公園で遊んでいたところ、男が突然襲いかかってきた。いずれも手首にみみず腫れの痕があるが、病院には行っていない。男は40歳ぐらいで黒っぽい服装、縁なし眼鏡をかけていたという。 /河北新報 (Web) 平成25年7月2日付記事より日記の資料として参照のため引用
----------

連鎖的な犯行ではないか
 
 全国の心ある方々が警戒すべき事例とみて、今後の参考のために表題をクリップさせていただく。埼玉県の公園(埼玉県坂戸市千代田5丁目の千代田公園)で、「男が刃物のようなものを小学生2人に押し付け、逃走した」とする事件が起きた。事実とすれば、先日(6月28日)に、東京都練馬区の小学校(区立大泉第一小学校)前で小学校1年生の児童3人が刃物で切りつけられた事件の連鎖・突発的な犯行ではないかと。民間防衛の視点からそう考察する次第である。
 
 今般の被害に遭ったのは、不幸中の幸いにも小学校5年生であり、低学年の児童に比べれば比較的体格もよく、逃げる術(すべ)をとれる年齢に有ろうかと拝考する。そうした児童にカッターナイフ状のものを手に近づいて来たとあれば、犯人の男は、“小学生なら誰でもいいから傷付けてやろう”といった病理が、たまたま視界に入った2人の小学生2人に向けたと。そう分析できよう。
 
 状況から察するに、男は何によって逃走したのか。駆け足か自転車か。または乗用車か。その手段が判れば、犯人の所在がその公園の近辺か、あるいは同じ市内か。県内か県外かの推測がつく。我々(調査隊)が逃走する不法滞在者の追跡で経験しているが、その場からの逃げ方や、逃走手段によって国籍もほぼ特定できる。より詳しい情報が判れば良いのだが。
----------

子供たちを守ろう
 
 卑劣な事件が続いている。特に、幼い子供たちを狙うという、通り魔的な犯行を心ある大人社会は断じて許してはならない。可能な限り民間防衛の予備知識を共有し合い、声をかけあって、病理的な犯罪から敷島の子供たちが、ご家族が守られることを願って止まない。
 
 犯人やその予備軍に告げておく。もしも我々(調査隊)の誰かの眼前で、万一、汝らによる卑劣な犯行が発生した場合は、凶行を断じて許さないつもりだ。
-----------

誘導員の広戸さん「地域を挙げて子どもたちを守る」
 
 先日の事件で、犯人に立ち向かって凶行の広がりから子供たちを守った交通指導員殿や正確な通報をされた方々の記事(日本経済新聞)もクリップさせていただきたい。誘導員の広戸さんの「地域を挙げて子どもたちを守っていく必要がある」との言葉には重みがある。

20130702002
日本経済新聞 平成25年7月1日夕刊 記事(切り抜き)購入紙面(13面)より
-------

 勇気ある行動であったと同時に、心ある大人、親御さんが力を合わせれば防犯に資することができる。そのお手本とさせていただける事例と思う。
 
 日本を取り戻し、陰惨な犯罪がない国を築いて行こう。

平成25年7月2日
----------

▼ 関連稿
 
練馬事件「子供たちを守った交通指導員」 2013/06/30 
----------

日本は毅然とあれ!                      

20130630004                                                         
路傍にて(筆者) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【凶悪犯罪が無い日本を!】と応援くださる方はクリックを!↓  
20130606001



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。