--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/01(月) 00:40:00 [国思う議員/政治家/識者]

20130606001
拉致解決に最も近い国会議員

20130701002
拉致解決、安倍首相と協力 維新・中山恭子元担当相「全員救出」訴え
 北朝鮮による日本人拉致問題の解決に、国民は強い期待を持っている。長年、拉致問題に取り組み、被害者家族の信頼が厚い日本維新の会の中山恭子元拉致問題担当相(73)が夕刊フジの取材に応じ、「安倍晋三首相は真剣に取り組み、『被害者救出が日本にとって重要課題だ』という強い思いを持っている。維新も協力は惜しまない」と語った。中山氏は、大蔵省(現財務省)出身。2002年の小泉純一郎首相(当時)の初訪朝と、拉致被害者の帰国に際しては、政府と被害者家族のパイプ役を果たした。7月の参院選では「被害者の全員救出」を訴えて、比例区で維新から出馬する。以上、抜粋/夕刊フジ 平成25年6月28日号 記事(切り抜き)購入紙面(6面)より日記の資料として参照
----------

拉致解決に最も近い国会議員
 
 表題は、中山恭子議員(日本維新の会 参議院議員)が夕刊フジの取材に応じられた談話記事である。紙面にも「長年、拉致問題に取り組み、被害者家族の信頼が厚い」と紹介されているように、この中山議員の存在が国家的な取り組みの広がり、深化に貢献をなして来られたことは多くの良識が知る事実である。
 
 その中山議員が、拉致解決へ向けて「「安倍晋三首相は真剣に取り組み、『被害者救出が日本にとって重要課題だ』という強い思いを持っている。維新も協力は惜しまない」と語った」とする記事(表題)だ。この中山議員は拉致解決に最も近い国会議員の一人であり、七月の参院選では再選を果たしていただきたい一人である。
----------

日本に必要な国会議員
 
 紙面は「政府は今年に入り、拉致問題に詳しい野党議員が参加する超党派の会議「政府・与野党拉致問題対策機関連絡協議会」を新設した。中山氏もメンバーに入っている」と。「中山氏は「安倍首相を信頼している。解決にはある程度時間がかかる場合もあるので、安定した政権維持が重要だ。維新もこの問題では協力態勢をしっかり組んでいける」と語った」と伝えている。
 
 現今の政情では、安倍総理とこの中山議員、平沼赳夫議員らが中心となった拉致問題対策に関わる心ある国会議員諸氏が、良識の預託に価する存在である。実施させていただいている「参議院選(比例区)でどの政党に投票しますか?」とのアンケートでも、逆風が指摘される維新支持者の方の声に、比例区は「中山恭子と書きます」とのコメントが多いことに感銘を覚えた。
 
 元来、中山恭子議員は外国人参政権や人権侵害救済法案などの闇法案の全てに反対して来られ、その阻止にも多大な貢献をなした来られた国思う議員の一人でもある。ご健勝とご活躍をお祈りする。
----------

候補者名を書くことができる参院選「比例区」
 
 参議院選挙の比例区では「政党名」を書いて投票する以外に、比例区候補者の芳名を書くことも有効な「一票」認められている。自民党支持者の方でも、どこそこの会長は相応しくないと思われる場合も、たとえば「有村治子」とか「赤池誠章」と書くこともできる。
 
 そうすれば、言葉は悪いが、要らぬ候補者は選外へとお別れすることも可能だ。たとえ支持政党が見当たらない場合も棄権することなく、この人にとの「一票」を活かせるのも参議選の特徴だ。あらゆる形で投票を。そのお願いを申し添え、以上、メモとさせていただきたい。
----------

▼ 主な関連稿
 
野合「石原氏と橋下氏合流」考 2012/11/17 
横田めぐみさん48歳に 2012/10/05 
----------

▼ 平成25年6月30日の最終稿
 
練馬事件「子供たちを守った交通指導員」 
----------

 みなさまにはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。国思う活動を辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
----------
 
日本は毅然とあれ!
                       

20130701001                                                          
路傍の壁紙(筆者) 
----------

↓携帯からもクリック応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【拉致被害者全員の無事帰国を!】と思われる方はクリックを!↓  
20130606001


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。