--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/17(月) 18:09:12 [皇室関連/日本は毅然とあれ!]

20130606001

20110316005  
皇后陛下がご公務に復帰せられ
 
20130617011 
両陛下、日本学士院授賞式に 皇后さまは1週間ぶりの皇居街ご公務
  天皇、皇后両陛下は17日、東京・上野の日本学士院会館で「日本学士院第103回授賞式」に臨まれた。今月10日から体力低下などのため皇居・御所で静養していた皇后さまが、約1週間ぶりに皇居の外でのご公務に復帰された。車で会場に到着した皇后さまは、玄関の階段を1段1段、ゆっくりと上られた。陛下は皇后さまの腕に手を添えられていた。以上。冒頭より/産経新聞Web) 平成25年6月17日付記事より日記の資料として参照
--------

両陛下ましましての
 
 皇后陛下がご公務に復帰せられ、両陛下ましましての、晴れの「日本学士院授賞式」を心より安堵いたし、お祝い申し上げます。両陛下のご健勝を心よりお祈りします。
----------

将来の受賞者の中に

 「今回の「日本学士院賞」受賞者は9人の研究者」として、一部の方々が紹介されています。皆様に祝詞を捧げたく思います。
 
 お家芸たる敷島の学術興隆を願われ、陛下が常に大慈の御意をお示しになられ、どれほど多くの研究者が自励の糧とされて来たことか。至宝の恩徳を拝せずにおれません。
 
 研究者を志しておられる国思う青少年層の方がおられれば、是非、将来の受賞者の中に
と願わずにおれません。至宝おわす敷島あってこそと。この点を踏まえてこそ日々の研鑽は生きる、その原点を大切にされる有意義な時間を日々新たにお送りいただけることを願って止みません。
 
平成25年6月17日
----------

■ 主な関連稿

両陛下、仏大統領を迎え宮中晩餐会 2013/06/08
悠仁親王殿下、初の拝礼に臨まれる 2013/03/25
慶祝・親王殿下ご卒園 2013/03/14 
-----

陛下「大手術後1年」ご快癒の朗報 2013/02/18
両陛下が明治天皇陵へ御親拝 2012/12/04
両陛下、沖縄へ大慈の行幸啓 2012/11/18 
親王殿下、鹿たちと交流せらる 2012/11/08 
神武天皇陵に両殿下、親王殿下が拝礼せらる 2012/11/07 
------- 
慶祝・紀元節(建国記念の日) 2013/02/11
----------

日本は毅然とあれ!              

20130615015                                                 
路傍にて(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!
 
http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【育て、日本の若者層!】と応援くださる方はクリックを!↓  
20130606001   

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。