--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/10(月) 01:25:00 [国思う注意報/提案]

20130606001
不正受給「韓国籍元暴力団組員ケース」 第1原稿 平成25年6月10日

▼ 6月9日の稿
 
第3稿 サンマリノの話 
第2稿 日韓スワップ「韓国の延長要請なし」
第1稿 日曜の朝食
----------
【アンケート】 日韓通貨スワップを継続すべきか? 
----------

元暴力団組員(韓国籍)のケース
 
 あらためて動画の存在を教えていただいたので、本件についても動画をアップしてくださった方への敬意と感謝を表しつつ、今後の参考のため当ブログでもクリップさせていただきたい。
 
 元暴力団組員(韓国籍)が、「俺に逆らった奴は消える」と脅し、1800万円もの生保「不正受給」を受けていたことが露呈して逮捕されたとの事件が以前にあった。高級車を乗り回し、受給開始から2ヶ月後には交通事故によるとしてこの元組員の口座に2200万円が振り込まれていた。さらに、元組員夫婦は月に数回、自宅から70km離れた群馬県の接骨医への通院を装って診療代と交通費まで受け取っていた(要旨)等が動画の中で指摘されている。

20130610001
動画在日朝鮮人ヤクザが 生活保護1800万不正受給 
-------

▼ 一部関連稿 
 
不正受給「暴力団関係者」考 2011/09/29 
----------
 
在日の生保準用「不正受給」と矛盾

  規模の大小の差こそあれ、在日コリアンの生保準用における「不正受給」は絶えない。在日コリアンの「受給者」に関する実態調査を、民間防衛調査隊2名と有志が多角度から調査を進めているが、やがての「結果」報告の上で一つ指摘できる可能性が高い事柄は、たとえ表向きには「不正受給」ではないと。そうみなされるケースにおいても、たとえば、高級車を乗り回す。傍目には症病者とはみなし難いながらも、通院やマッサージなどへ通う頻度が過剰なほどに多く見受けられる。
 
 いわば、上記の元組員の事例との共通要素が幾つとなく見受けられ、実態の上から実質的な「不正受給」とみなせる事例が大半(以上)を占めている。無論、医療費や受診、治療にかかる費用、およびタクシーなどを使用した場合を含む交通費は生保から全額支給されている。
 
 我々一般納税者は、医療を要する場合は国民健康保険、または社会保険を用いても一定の割り合いで実費負担を要し、且つ交通費がかかった場合も自腹である。以上の「現実」の一端に照らすだけでも、朝から汗して働く日本人が、働かない在日コリアンとの間に明らかな「差別」が存在しているのはないかと。そうも指摘できる。
----------

次代に負荷を負わせるな
 
 言葉を換えれば、「準用」適用が「実態不適合な生保の濫用」とも謂えるケースが多々あり、このままでは「準用」予算が青天井になる懸念も否めない。次代に負荷を負わせないためにも、国籍条項の確認と徹底にもとづく「準用」廃止を粛々と求める次第である。
 
 調査隊が知る限りでも、本来、真に支給を受けるべき状況にありながらも、ついに生保を受けられずに亡くなられた日本人高齢者は少なくない。「準用」受給者の増大により、これからも同様に命を失う高齢者や障害者が続く。全国津々浦々でそうした不幸が相次ぐ可能性が見受けられてならない。在日コリアンから日本人が除去されるに等しい。目立つこの構図は、我々の世代で解決すべき問題の一つと決めている。
----------

▼ 関連先稿
 
生保利用「悪徳朝鮮籍者」 2013/06/08 
----------
 
▼ その他の関連稿
 
韓国「YAKUZAに困惑」考 2011/11/11 
韓国籍売春婦「生活保護受給」考 2012/10/16 
特別永住資格の廃止を 2011/11/28 
組員「生活保護受給」考 2011/09/04
在日コリアン「生活保護」考 2012/03/12 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。
----------

日本は毅然とあれ!            

20130608012                                               
路傍にて(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【「準用」適用は終了を!】と応援くださる方はクリックを!↓  
20130606001


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。