2013/05/29(水) 20:45:00 [国思う注意報/提案]

20121210008 
続々と「韓国籍」逮捕者が

20130529002
「ヒアルロン酸」と称する液体無資格注射の疑い
 無資格で美容整形を行ったとして、愛知県警は28日、いずれも韓国籍の名古屋市千種区田代町、無職許禮子(68)、同市中区千代田、スナック経営朴秀鎮(46)両容疑者を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した
-----
 発表によると、2人は共謀し、昨年5月3日、朴容疑者の自宅で、同県春日井市内の無職女性(43)の顔に、「ヒアルロン酸」と称して注射器で液体などを注入する医療行為を、無資格で行った疑い。女性は朴容疑者が経営するスナックの従業員で、朴容疑者から許容疑者を紹介されたという。許容疑者の自宅などからは使用済みを含む注射器約40本が見つかった。/讀賣新聞(Web) 平成25年5月29日付記事より日記の資料として参照 
----------

在日の犯罪を日本人の統計に加算

 在日韓国・朝鮮人の犯罪が絶えない。その「多さ」について、検挙だけでも年間3000件を超えるとの指摘も有る。だが、警視庁犯罪白書の「来日外国人の検挙数」には反映されていないことが判った。来日外国人の定義の対象は、観光や留学、研修などで一時的に来日している者であり、何と、在日韓国・朝鮮人は日本人とみなしてその数に加算していない。言い換えれば、“日本人”の犯罪統計の中に加えられていることになる。

 おかしな話だ。単に「在日外国籍者」のカテゴリーを設けて日本人のものとは別統計にすれば良いだけの話ではないのか。たとえば、プロ野球の星野仙一氏なら真っ先にベンチを飛び出して、「おかしいやないか!」と猛抗議をする事柄かもしれない。温厚な原辰徳氏なら、まあ、おかしな話だが、よく考えといてほしいとやんわりと抗議し、周到な野村克也氏なら、特別永住許可そのものが原因だとして廃止を申請するのかもしれない。
----------

「何でもあり」の精神病理

 それはともかく、まさに、あの手この手で、もはや「何でもあり」の朝鮮病理と謂わざるを得まい。表題の、「無資格で美容整形を行った」として、愛知県警が「いずれも韓国籍の名古屋市千種区田代町、無職許禮子(68)、同市中区千代田、スナック経営朴秀鎮(46)両容疑者を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した」とするニュースを今後の参考のためにクリップさせていただきたい。

 「許容疑者の自宅などからは使用済みを含む注射器約40本が見つかった」としているが、事実とすれば、逮捕事案のみの単発犯罪というよりは、同様の無資格美容整形を他でもやっていたという傍証とも謂える。人間には「三人よれば文殊の知恵」とする前向きな謂がある。何人かが一緒に考えればよい知恵も出てくるであろうする諺だが。しかし、人に似た生物種の場合は「悪事」が生まれるのみと。一連の事例にはそうとさえ拝考できる。
----------

不法投棄で逮捕の「韓国籍」社長

 この23日には、「解体工事で出たコンクリート片75トン以上を、東京・足立区の空き地に不法に放置した疑いで、廃棄物処理会社社長の韓国籍の男ら4人が、警視庁に逮捕された」とする事件が報じられた。

20130529003
「コンクリート片75tを投棄の疑い 4人逮捕 東京・足立区」
FNN
Web) 平成25年5月23日付記事より
-------

 「姜容疑者は「捨てたのではなく、一時保管しただけ」と話しているという」としているが、「75トン以上のコンクリート片は、2012年8月に置かれて以降、現在も置かれたままになっている」と報じている。たとえば、泥棒に入って盗んだものを、一時的に借りているだけと嘯くこともあ。る“同胞社会”さながらのメンタリティではないか。ちなみに、この産廃業や解体業、廃品回収業はコリアン系の多さが指摘される業界なので、ご参考まで。
----------

入管難民法違反容疑 新たに韓国籍の男逮捕

 お邪魔している神奈川県でも、また別の「韓国籍」者逮捕があった。「観光ビザで入国し、女装して男性に性的サービスをして報酬を得たとして韓国籍の男3人が逮捕された事件で」として、「神奈川県警国際捜査課などは17日、入管難民法違反(資格外活動)容疑で、新たに韓国籍で住居不詳の無職、金旭(キム・ウク)容疑者(31)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという」としている。

20130529004
入管難民法違反容疑 新たに韓国籍の男逮捕 神奈川県警 男性に性的サービス
産経新聞(Web) 平成25年5月17日付記事より 
-------

 「ほう、こんなけったいなことも」と。民間防衛調査隊の座長として、不法残留者の新たな犯例を観る思いがする。その逮捕に先立つ“祖国同胞”3人の犯例にさかのぼれば、「神奈川県警国際捜査課などは12日」として、「入管難民法違反(資格外活動)容疑で、横浜市中区の無職、李三(イ・サム)容疑者(30)ら19~30歳の韓国籍の男3人を、同法違反幇助(ほうじょ)容疑で同区の自称会社経営、朴道泳(パク・ドヨン)容疑者(52)を逮捕したと発表した」としている。

 その犯行について、「3人の逮捕容疑は観光ビザで来日中の2~4月、同区の歓楽街で女装し、不特定多数の男性客を誘って性的サービスを行い、報酬を得たとしている。1カ月で1人につき100万円以上を売り上げていたとみられる。朴容疑者は部屋を提供するなどした」としている。人間で謂えば52歳の「朴容疑者は3人を含む韓国人約20人のまとめ役だった」と。いわば、それら“同胞”不法残留者を束ねる朝鮮人の元締めが存在していたわけで、朝鮮つながりの「ネスト」形成の一端がそこに窺えよう。

 “人道的保護”を盾にするかのように“祖国同胞”の不法残留者や不法滞在者を囲う。闇稼ぎの要員にする。その構図は通名教会や「ヤード」と共通している。

20130529005
女装して男性に性的サービス 韓国人3人逮捕 神奈川県警、入管法違反容疑
産経新聞(Web) 平成25年5月12日付記事より 
-------

 支那朝鮮系の事件で報道される分(件数)は、実際の10分の1、20分の1との指摘が絶えず「氷山の一角」に過ぎないのである。報道されていない事件も可能な限り調査して国民に知らせる。そのために、週刊、否、月刊でもよい。先稿に触れた「コリアン犯罪情報」(仮称)専門誌がやはり有った方がよい。相応の数の定期購読者が生まれるはずだ。
----------

■ 最近の主な関連稿

また韓国籍「詐欺で9億5800万円」考 2013/05/29 
韓国籍「1億3千万円詐取」考 2013/05/28 
続「韓国人女・不正受給」考 2013/05/27 
事件「韓国人女が不正受給」考 2013/05/20   
----------

 みなさまにはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。当ブログへの応援をお願いし、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します
----------


日本は毅然とあれ!        

20130528006                                           
路傍にて(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1627008
----------

【渡航制限と「特別永住許可」廃止を!】と思われる方はクリックを!↓ 
20130527005


 

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら