--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/21(火) 00:18:00 [メディア報道の闇]

20121210008
介護・保育への在日・外国系の割合は?

 【読者】 この記事(Web)を読んで、率直に言ってこのままで大丈夫なのか?と感じております。

20130521001
横浜市「全国最多」から3年、待機児童ゼロに 林市長「成功モデルできた」
産経新聞
Web) 平成25年5月20日付記事
-----

   ここ数年の在日は、元民潭岡山地方本部副団長の孔錫享(コン・ソッキョ)氏が同胞への介護の必要性と称して発言したように保育・介護事業への参入に力を入れようとしている傾向にあると思われます。(Web。こういう人も出てきているようです。

20130521002
現実はイクメン困難…“おせっかい”独身女性が立ち上がった
産経新聞
(Web) 【1】【2】【3】平成25年3月16日付記事) 
-------

  勘繰りすぎと思われるかもしれませんが、民間認可保育所のうち在日・外国資本の割合がどの程度なのか発表してもらいたいものですね。預けてもらう親としては、子供に対してどのような素性の人たちがどのような方針で保育に接しているのか気になるものですから。

(以上、読者よりいただいたご投稿(20日)より)
----------

野田政権下での予算も

 貴重なご投稿とご指摘に感謝します。言葉は悪くて恐縮ですが、時の政権政党によらず、予算を投じるとなれば、プロジェクトそのものと謂うよりは、あれこれと理由を付けて群がるように集まって来るのが、読者が示唆される在日、外国資本ではないかと思われます。

 野田前政権下で、震災後一年を経ようとする状況下で「復興庁」がようやく誕生し、大きな予算を組んだにも関わらず、被災地や被災者方々のために「使いきれていない」「事業を精査する必要がある」として予算執行の一部を停止したとする事例も同政権末期に有りました。最近では、たとえば、当時の予算総額約15兆円のうち4割の6兆円が「使途不明金」になる可能性も(要旨)、とまで指摘されるようになりました。

 表向きの報道では「天下り法人」や「官、財界」による流用疑惑が盛んに指摘されて来たわけですが。その一方での、民主党首脳らが関与する「中韓」有効促進団体関連への流用や、国籍不明の業界への流入を疑惑として指摘する声はあまり報じられていません。“事業仕分け”を“本分”の一つとしてはずの前政権が、国民の手前、精査せずに組んだ予算をしてばら撒いた結果の、必然とも謂える結果(経過)ではないかと思います。
----------

使途の「国籍」を峻別する基準を

 安倍政権下で復興への大胆な予算組みが行われ、復興をはじめ表題の子育て・介護に資すべき予算が相応に計上されたわけですが、ここへ来て使途不明金の問題が持ち上がって来たことは、心ある国民が歓迎すべき一つではないかと思います。同時に、政府に在るべき「精査」の中に、使途の「国籍」を峻別する基準を今後設けて然りではないかと。こう考える一人です。

 日本国民の安全と命と財産とを守るための日本政府の「予算」が、仮そめにも、結果、外国のために使われるとなれば論外であり、「予算」の意味を失うからです。その精査で峻別すべき一つが、特に、「パクる」「混ぜる」「紛れ込む」を国家の伝統技として来た朝鮮系であり、ご指摘の記事にあからさまに見られる通り、時流に紛れ込むかのように介護や保育に類する組織や団体を立ち上げる。さあ、予算をくださいとなる。「はい、そうですか」と拠出して良いのものか、どうか。
----------

暴力事件の大部分は特亜系

 そう思わざるを得ない背景には、最近、一部で社会問題となっているDVはじめ暴力行為による事件が保育・介護の分野でも目立って来ているためです。先年の先稿で指摘させていただいたことですが、たとえば、DV事件の八割以上が在日外国籍者や通名奴、帰化系による。その傾向にあることが民間防衛会議の調査で判明しています。

 介護・保育分野でも、残念なことに、平然と骨折させたり、爪を剥いだり、殴ったりなどの暴力団のリンチとしか思えない非道行為など。日本人本来の品位では到底考えられない。思いもつかない。その現場は朝鮮か、支那かとさえ映る残虐で非道な事件が目立ちます。厚労省で加害者側の素性を調査し、事態の統計をまとめていただきたいところです。

 通名報道は無論大問題ですが、さらに帰化系の素顔、素性には触れず、あたかも“日本人”であるかに報じるメディア(亜)のスタンスもまた問題です。「紛れ込み」を許し、否、「紛れ込み」を促進するかの最たる事例として指摘すべき一つと考えます。横道にそれましたが、立法府が成すすべての施策において、「国籍条項」の徹底が共通項として必須と考えます。

(以上、島津義広より)
----------

■ 最近の関連稿
 
国害「朝鮮つながり」放逐を 2 2013/05/14 
国害「朝鮮つながり」放逐を 2013/05/10  
----------

▼ 朝鮮人がどのように偽装分散したか

カルトの真実を広めよう 2013/05/08 
----------

 みなさまにはお忙しい中、日々新たなご訪問をいただき感謝します。事実を指摘する批判は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。また、真実の共有はすべての第一歩です。正論は真実から生まれ、良識の声は必ず力になる。当ブログへの応援をお願いし、辛抱強く支えてくださるみなさまに心より感謝します。
-----------

日本は毅然とあれ!      

20130519005                                        
路傍の雨上がり(筆者)
----------

↓携帯からも応援を!

http://blog.with2.net/link.php?1405200
----------

【紛れ込みを許すな!】と応援くださる方はクリックを!↓
20121210008


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。